2009/6/15

精子、卵子の寿命  各国の平均寿命

精子、卵子の寿命

精子、卵子の寿命というのは、精子は体外に卵子は卵巣から排出されてから受精可能な時間の事を言います。排卵日のセックスが1番妊娠しやすい日とは限りません。新鮮な卵子(卵)と新鮮な精子がタイミングよく出会える日が1番妊娠しやすい日なのです。

■卵子の寿命
卵子(卵)の寿命は個人差がありますが6〜24時間くらいと言われます。排卵した卵子は受精するために精子を求めて、卵管膨大部(らんかんぼうだいぶ)という所まで移動します。

卵子は新鮮なほど妊娠する確率があります。寿命期間内でも鮮度が大切ですから、卵管膨大部に移動したときにすでに精子が待っている状態がいいのです。(もちろん精子がピッタリたどり着くタイミングが1番いい)、卵巣から排出される卵子は、通常一周期に一回一個(時に複数個)のみで、排卵前には子宮や卵管に卵子が存在する事はありません。

生理が始まる頃には、卵巣の中でいくつかの原始卵胞が成長を始めます。(卵子はこの卵胞の中で大きくなり、排卵の時期が来るとそこから飛び出して卵管内へと放出されます)卵胞期の中ごろに、この原始卵胞の中から通常は一つが主席卵胞として選ばれ成長を続け排卵の時を待ちます。主席卵胞とならなかった卵胞は消滅します。

こうして、排出された卵子がタイミングよく精子と出会い受精でき子宮内に着床できれば妊娠が成立する事になりますが、受精が行われなければ生理の時に経血と一緒に体外へ排出されます。

そのため、卵子が「卵巣」に存在する期間は、生理〜排卵までで「子宮および卵管」に存在する期間は、排卵〜生理までとなります。(ただし排卵から24時間以降は受精不可能な寿命がつきた卵子です)

受精可能な卵子に限ると、『普段はゼロで、排卵日と翌日にのみ存在する』という解釈で良いと思います。

■精子の寿命
女性の体内での精子の寿命は3日〜7日といわれバラツキが大きいです。しかしこれも個人差があり、2日くらいの人もいれば1週間くらい頑張る人もいるでしょう。精子も鮮度が大切です、しかし精子も卵子と一緒で卵管膨大部で卵子と出会うときに、鮮度が良いほど妊娠しやすくなります。老化した精子では受精能力が減少しているのです。

排卵された時に精子と出会うと受精が成立します。卵子の寿命は1日しかありませんが精子の寿命が長いので精子が待ち構えているような形になります。
2

2009/6/15

日本人の平均寿命  各国の平均寿命

日本人の平均寿命

05年の日本人の平均寿命は6年ぶりに前年を下回ったと厚生労働省が発表した。とは言え、女性は21年連続の1位(85.49歳)、男性も世界4位(78.53歳)と相変わらずの長寿国ぶり。不老長寿は人類長年の夢。さて、日本人はどこまで長生きできるようになるのだろう。

■老化防止が重要
日本人の平均寿命が前年を下回ったのは、95年以降では95、98(男性のみ)、99年。厚生労働省人口動態?保健統計課の担当者は「いずれも今回同様、インフルエンザや自殺の増加が原因」と話しており、突発的要因を除けば、右肩上がりの傾向は今後も変わらないと言う。こうした見方に異を唱えるのは女子栄養大(埼玉県坂戸市)の香川靖雄副学長だ。

「日本人の寿命の長さは高額な医療費に支えられてのもの。財政破たんで医療制度が維持不能になれば、短くなりかねない」と分析。食生活の米国化で肥満が増加しており「糖尿病など生活習慣病が増え、これが平均寿命を押し下げる要因になりかねない」と香川副学長は話す。男性79.0歳=世界1位、女性84.7歳=同2位の香港は病気予防に主眼を置いており、日本も予防医療重視に転換するよう説く。もちろん、ただ長く生きればいいわけではない。田平所長、相澤学長はともに「平均寿命の数字だけに一喜一憂してはならない。長生きをしても、寝たきりでは問題。いかに老化を抑えるかが重要です」と話している。

■平均寿命はあと20歳延びる?
2050年の日本人の平均寿命は男性は80.95歳、女性は89.22歳――。そんな予想値を02年に出したのは国立社会保障?人口問題研究所(東京都千代田区)。国勢調査のデータなどを基にした。今回のデータと比べると、45年後には男性は2.42歳、女性は3.73歳も寿命が延びる計算だ。国連が04年に発表したリポートでは、2300年の日本人の平均寿命は女性108歳、男性104歳になると予測している。1950年から2050年までの人口リポートを基に、このまま寿命が延び続けることを想定してはじき出したという。終戦直後と比べると、平均寿命は約30歳も延びた。同研究所情報調査分析部の石川晃第2室長は医療技術?設備の進歩や生活水準の向上が要因と説明。乳幼児や若年層の死亡率が低くなったことも長命化に寄与していると指摘する。

■人間生命の限界は
では、人はどれだけ長生きができるのだろうか。国立長寿医療センター研究所(愛知県)によると、寿命の限界は120歳ほど。ただ田平武所長は「世界最高齢者がそれくらいとされており、そう推測しているが、実際の限界は分からない。ネズミなどでは寿命をつかさどる遺伝子の解析が進んでおり、人間の長命化に役立つ可能性はある」と説明する。

長寿を目指す研究も盛んだ。東京工業大学の相澤益男学長は「衰えた器官などを再生するための、『生命のプログラム』探しを続けている」と語る。生命工学の進歩によっては、平均寿命はさらに延びるかもしれない。
0

2009/6/15

理想の女性は母親  近親相姦体験告白

理想の女性は母親

このサイトを偶然、目にして驚くと同時に安心しました。
投稿者がそれぞれ形は違っても母親と姦淫している事実を知って私も勇気が出ました。
私と母親の母子相姦を告白します。
私は会社員で今年25歳。母親は50歳で以前は働いていましたが今は私の収入で十分生活出来るので専業主婦?です。

大学生の20歳の時、母親と身体の関係〓男女の関係になりました。
高校時代から「Fの母さんって美人だよな!」と言う友人や、「Fくんのお母さん、美人で優しいそう」とクラスの女の子に言われたり、揚句に担任が「お母さんによろしく」と勿論、冗談だが言ったりして…息子の私としても悪い気はしなかった。
だが、それで近親相姦関係を持とうとは思いもよりませんでした。父親と離婚したのは私が、まだ小学生の低学年の頃で記憶の中の母親は一生懸命に働いてくれ淋しい思いはしましたが感謝の念しかありません。
高校、大学と彼女もいた期間はありましたが、直ぐに別れました。自然と母親と比較して口には出しませんが相手にも物足らない男に映ったんでしょう。
私の中で理想の女性は母親になっていたんでしょう。
そして、母親と姦淫してしまったんです。それは偶然の出来事、当然の成り行きのように母親を男として、息子として抱いてしまったんです。
前日、上の階で水漏れが起き私の部屋のベッドの布団が水浸しになり使い物にならなくなりました。
クリスマスイヴの寒い日でした。母親の作ったケーキを食べワインも2人して飲みました。
その後、私がリビングのソファーで眠ろうとするのを見た母親が「Fちゃん、風邪ひいちゃうから母さんと寝よう。」と母親は当然のように私を自分の布団に誘いました。
私も恥ずかしい気持ちはなく「久しぶりに親子で寝ようか?」と妙に心が弾みました。
2人して1つの布団で寝ながら色々な事を喋りました。それはワインの酔いも手伝っての事もありました。
子供の頃の話や離婚した話を2人で会話しながら母親のアルコールの香った息遣いを感じていました。
ふと母親が「Fちゃん…男になった?」と聞いて来たのです。私は母親が何を言っているのかもわからず小さな明かりだけの母親の寝室の布団の中で母親の顔を見ました。
「鈍いわね!女の子と経験した?って事。」母親はそう悪戯っぽく言いました。
その時、私は大学で付き合った女性と1度だけ経験した事がありましたがセックスに特別感激はしませんでした。
そんな話を母親とした事は初めてでしたし、やはりワインのせいが大でした。私は「俺、母さんみたいな女性が理想だよ。」私の口もワインで滑らかでした。
「嬉しい!」そう言って母親は45歳の肉体を狭い布団の中でぶつけて来ました。母親は本当に嬉しかったんでしょう。
「チューしてあげる。」とふざけて私の頬にキスしました。「やめてよ、」布団の中で私と母親は笑い声をあげふざけ合いました。
母親の身体が私に密着し…私は男性自身が勃起しました。母親もその事実を知り先程の賑やかさとは裏腹に布団の中は静寂に包まれました。
その時、私は初めて母親を女性だと強く認識し手を母親の腰の辺りにぎこちなく置きました。
そして母親のお尻を撫でました。
沈黙した布団の中で親子は男女の一線を越える間をさ迷っているようでした。やわらかい母親のお尻を、ただ不器用に撫でながら興奮している自分が許せなかったのです。
「あっ、」母親の指が私のパジャマのズボンの中に…そして勃起した男性自身を直に握ったのです。「母さん…、」私は驚き声を発しました。
母親は「何も言わないで…」と言い私の肉棒をゆっくり扱き始めたのです。母親の手の動きに拒否する処か小刻みに声を漏らしました。
母親の身体から石鹸の香が漂い母親は身体を布団の中に潜らせました。
布団の中で私のパジャマが脱がされるのに身を任せました。
次の瞬間、肉棒が温かさで包まれくぐもった音が聞こえて来て強烈な快感が訪れました。母親が口で愛してくれたのです…
フェラチオです。ペニスを母親の舌が覆い嘗め回していたのです。右手で肉棒を上下しながら「クチャッ、クチャッ、」「クプッ、クプッ、」母親のフェラチオは抜群でした。ペニスをやさしく吸い舌先で括れた部分や裏筋に這わせる舌は別の生物のようでした。
「アァァッ、」私は直ぐに射精してしまいました。母親の口で。母親は私の精液を吐かず飲んでくれました。
罪の意識か恥ずかしさからか母親は私の胸に顔を埋め黙りました。
私は驚きより嬉しさが満ちた事を感じ今度は私が母親のパジャマの中に手を入れたのです。
盛り上がった母親の下着の中に指が入ると…母親は脚を開いてくれました。濡れた女性自身が指先に伝わり性器をカバーするように大陰唇を愛撫しました。「ハッ、ハッ、」母親は吐息を漏らし私の下手な愛撫に感じてくれました。私の指をクリトリスに導きながら私の胸でむせび泣くように。
「母さん、舐めたい。」私は母親に性器を舐める許しを請いました。
母親が布団の中でパジャマの上下を脱ぎ裸になったのです。私も裸になりました。掛け布団を取り布団の中で母親は体を両手で支え股間を開いてます。黒い陰りは母親の陰毛の小山でした。
夢中でした。母親の陰毛の山に鼻先を埋め舌で母親の恥肉を割ったのです。母親は両手で私の頭をリードしながら母親としてではなく『女』として歓喜の声をあげました。
小陰唇の端で母親のクリトリスがプックリと芽吹いて私は舌先で愛撫しました。
母親は泣き叫ぶように声をあげて感じていました。「Fちゃん…」母親が起き上がり私を寝かせて再びフェラチオをしてくれました。母親の熟したお尻が目の前を跨ぎ私達は親子でシックスナインに移行しました。
母親の性器もアナルも私は夢中で舐め、母親は私の肉棒をしゃぶりました。1度射精していたので今度は我慢出来ました。
母親は私の肉棒から口を離し横になりました。
そして「来て、」と私に挿入を求めたのです。
「でも…」私は躊躇いました。万一、母親が妊娠したら?と考えたのですが母親の一言が決断させました。「安全日だから…」その言葉に私は母親の両脚を割って肉棒を挿入したのです。
「母さん、」「好きだよ、愛してる。」私の言葉に母親も「私も愛してる。」2人は激しく身体を動かしながら母親は私の背中に両腕を回して腰を上下させました。
母親の膣の中で私は射精してしまったんです。
それ以来、私達は互いの身体を求め合い危険日にはコンドームを使用して母親の妊娠には気を付けています。
3

2009/6/15

僕と母のことについて近親相姦  近親相姦体験告白

僕と母のことについて近親相姦

僕と母のことについて語ります。

僕は一人息子で27歳です。
母は52歳。
父はサラリーマンで母より7歳年上です。

僕はよく父が出張の時、父の車で母の買い物に付き合わされることがあります。
そんなとき、母は僕と二人きりになるとまるで恋人のよう僕の腕に手をまわして歩いたりします。

僕も車の中で外の様子を伺いつつ母の体に触れたりしてじゃれたりしていました。
家の近くでは人に見られる心配がありますので、遠出をした時はここぞと思って、堂々と母と手を握って歩いたりしていました。

父が出張だった先週の週末も、母とお歳暮の買い物に出かけて食事をしたあと、夜景の綺麗なところを通って帰ろうと、高台の公園へと車を走らせました。

高台に車を止めると、眼下に林立するラブホテルのネオンがありました。

僕は助手席に座る母の手をとりながら「ホテルのネオンが綺麗だね」と話しかけると、母は「最近はたくさんできたのね」と言いました。

僕が「昔、入ったことあるんだろう」と聞くと、母は「知らないわよ」と冷たく言い放ちました。

「ジャグジーバスなんかもあるんだろうから、風呂に入っていこうよ」と言うと、母は「何言ってるのよ、さぁ帰りましょ」といいながらも、僕の手を悩ましく握ってきたのです。

僕は、そこで何か母の微妙な心理を感じとったような気がしました。

私は先ほど母が綺麗だねと指差してたラブホを目指して車を動かしました。
車がホテル街に入ってくると母は事態を察して「どこへ行こうとしてるの?」と尋ねてきました。

「入っちゃダメ?」と僕が聞き、「こんところは親子で入れないわよ??」と母が言いかけた時、僕は母の手を自分の股間に導き、勃起している物にズボンの上から触れさせました。

母は一瞬凍りついたように黙ってしまいましたが、その勃起した物が僕の強い気持ちを表している事を悟ったのでしょうか、股間の物を優しくなでながら、しばらく沈黙が続きました。

いよいよ車がラブホのゲートをくぐり、ガレージに到着すると、母は緊張気味に「どうするの???いやよ???」と顔を赤らめながら言いいました。

母の手を取って部屋へ入ると、僕はいきなり母を抱きしめて、キスをしました。

「母さんを、こ??困らせるようなことしないで、お願いだから???ン?ング」
そんな事を言う母の口を僕はまたキスで塞ぎました。

「今日は母さんとセックスするよ???絶対に」と耳元で囁くと、母は「いやよ???ハアハア」と息を荒げていました。

そしてそのままベッドに倒れこむと、僕は母の服をめくりあげ母の身体という身体を隅々まで丹念に舐めあげました。

延々と続く愛撫に、声を押し殺していた母もだんだんと「ア??アア??」と声を出し始めました。近親相姦

母の下半身へ移動して膝立ちになった僕は、母の両腿を大きく左右に割り開き、腰を抱えて上の方へ持ち上げると、母のオ○○コにむしゃぶりつき、愛液をすすり、舌を穴の奥へ侵入させました。

すると母はもう我慢の限界がきたのか
「アアーもうダメー???」
「母さん???いっちゃうわー???」
と母は顔を左右に振って髪を振り乱していました。

僕がチ○ポを母の中に突っ込み、激しいピストンを繰り返していると、母が太腿を閉じて「アァァー????」と言って僕の背中に爪を立ててギュッと抱きしめてきました。

そして「イクッ」と母が言ったとき、僕も同時に母の体の中に大量の精液を射精して果ててしまいました。

射精した後、僕はベッドに倒れ込み、二人ともハアハアと肩で息をしながら、暫くの間そのままの状態でいました。

しばらくしてから母と一緒に風呂に入りました。

恥ずかしがる母を強引にイスに座らせて、ボディーシャンプーを手にとり、母の身体を愛撫するように体の隅々まで丹念に洗いました。

母は目をつむって眉間に皺をよせ感じているようでした。

それから母の身体にボディーシャンプーをたっぷりと塗ると、僕はバスマットに仰向けに寝て母の身体で僕の身体を洗わせました。

母は僕に重なり顔を横に向けながら、形のいいオッパイで僕の体をこすって洗ってくれました。

最後に母は僕のチ○ポを口に含んで、フェラチオをしてくれました。

母のゆれる髪やオッパイ、チ○ポを口に含んだ顔を見ていると、僕はゾクッときて、また射精してしまいました。

その後、二人で浴槽に入ったとき、「母さん、俺とこんな関係になって、今はどんなこと考えている?」と聞いてみました。

母は僕に目を反らして「今でもまだ信じられない???罪悪感があるわ???やっぱり父さんのことが頭に浮んだもの???」

母にそう言われた時、僕の頭に急に父親に対する嫉妬の感情がわき上がってきて、湯船の中でまた母を抱きしめて挿入を求めました。

しかしその時は「ねえ???もう、遅くなるから帰りましょ???ね??」と母に優しくさとされて僕はしぶしぶラブホを出て家路につきました。

それが僕と母の始まりだったのですが、もちろん先週以来、僕は毎日母と交わっています。
3

2009/6/15

オーパルパル  韓国(釜山)風俗情報

場オーパルパル

所は韓国の首都・ソウルです。「清涼里588」(チョンニャンリ・オーパルパル)という場所です。ここは日本で言ったら「赤線地帯」といった感じです。「オーパルパル」と言ったら、中学生以上の韓国人だったら誰でも知っている場所です。

「清涼里」(チョンニャンリ)は地名、「588」は韓国語読みすると「オーパルパル」です。この数字は番地を表しています。はっきり言ってここは、とてもすごい場所で、私の大好きな場所です。

行き方はとても簡単です、ソウル駅から地下鉄1号線に乗って20分ぐらいで、「チョンニャンリ駅」に到着します。そして、1番の出口を降りると目の前が「ロッテデパート」です。そのロッテデパ−トの裏が、韓国で一番有名な風俗ゾ−ンです。もし、よくわからなければ、タクシ-に乗って運転手に一言「オーパルパル」と言えば、ニヤッと笑って、黙って車を走らせてくれます。

「オーパルパル」には、なんと150軒も似たような店があります。どの店もガラス張りになっていて、女の子の実物を見て選ぶことができます。1軒の店に平均10名の女の子がいますので、全体ではすごい人数の女の子がいることになります。どの女の子も年齢は20歳から22歳ぐらいで、モデル級でスタイル抜群で、とても可愛くて、どの子にしようか迷ってしまい、選ぶのがたいへんです。韓国中の美女が集まっている感じです。料金は一律どの店も約6千円です。とても安いです。日本人でもボラれる心配はありません。

サ−ビス内容は、個室にはシャワ−がないので、日本のピンサロのようにお絞りで拭いてくれる店もあれば、女の子が洗面器にお湯を入れてきて、一物を洗ってくれる店もあります。女の子はあらかじめシャワ-でアソコを洗ってあるようです。

まず韓国風俗、こちらが洋服を脱ぐと、女の子も服を脱ぎ全裸になります。そして、一物をきれいにしてから、ベットの上で、ディ−プキス(女の子によってはNGの場合もあります。)、つぎに全身舐め、場合によってはお尻の穴も舐めてくれます。次にタマ舐め、そして、丹念にフェラチオをしてくれます。そのとき喉の奥まで咥えてくれます。このとき、あまりの気持ちよさで、思わず口内発射してしまいそうですが、ここはがまんです。最後に女の子が「スキンはどうしますか」と聞いてきます。このとき「着けない」と言えば当然、ナマでということになります。もちろん○出しです。
 私は一応、念のためスキンを装着してます。一度だけ酒の勢いもあり、ナマでしてました。○出しはとても気持ちのいいものです。

とにかく、おすすめです。こんなプレ−、日本でやったらまず高いと思います。たった6千円でスーパーモデル級の美女にここまでサ−ビスを受けられるのですから、もう最高です。私は何人も友達を連れていきましたが、みんな病み付きになってしまい、「また行こう」とうるさくて困っています。

韓国には他にもたくさんあります。次回のメ−ルでは、もっとすごい場所をご紹介しましょう
19



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ