2007/3/20

探し物見つかりました!  音楽

『プライスコレクション・若冲と江戸絵画』

九州国立博物館での展示は終わってしまいましたが、
次は愛知県立美術館で4/13〜6/10に開催されるそうです。

この展覧会は、
日本人としてのアイデンティティを高めてくれることでしょう。

まだご覧になってない方は是非行ってみてくださいね!





展覧会の広告媒体として大きく取り上げられた作品が、

伊藤若冲 『紫陽花双鶏図』 でした。







クリックすると元のサイズで表示します
(写真提供:九州国立博物館)







この絵を 劇的に引き立てるために 

貴方なら どんな音楽を使ってみる?







展覧会のテレビCMを初めて観た瞬間の驚きは忘れることが出来ません。


『紫陽花双鶏図』 の背景に流れていたのは、

和風の香り一片すら感じさせない、

あまりにもサイケでエキセントリックなギターの音でした。





クリックすると元のサイズで表示します





JIMI HENDRIX だったのです。





江戸絵画と、ジミ・ヘンドリクス 。

快感さえおぼえるような異色の組み合わせ。

結びつけた人物は天才かも知れん ・・・





こちらで試聴できます。

9曲目 『BEGINNINGS』 ね。
(CMで流れていたイントロ部分聴けないのが残念だけど)





お忙しい中、曲を調べて丁寧にお返事してくださった
九州国立博物館のNさん、本当にありがとうございました!





2007/3/21  0:02

投稿者:mic@TRIUNITY

>Big-Oさま

私もです。。。
JANIS JOPLINが亡くなった年齢を越えたとき
「長生きしちゃったなぁ」なんて
親不孝なことを思ったりしました。

神様のワガママで連れて行っちゃうのですよ、きっと。
ランディ傍に置いてギター弾かせたかったんだろな。


http://www.triunity.jp

2007/3/20  22:54

投稿者:Big-O

27になると死んじゃう気がしてました。
アーチストでも無いのに。。。

2007/3/20  18:53

投稿者:mic@TRIUNITY

3/19は、RANDY RHOADS 25回目の命日でしたね。
JIMI HENDRIXしかり、若くして亡くなる天才が多かったのは残念です。
冥福をお祈りしつつ彼らの音に耳を傾けることにしましょうか・・・

http://www.triunity.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ