2007/3/14

月の光に魅せられて  dear WOMEN

ここを読んでくださっている方は
どんなアクセサリーがお好きですか?


私は最近、とある銀細工の工房に恋しています。

貴金属や貴石に対する思い入れはもともとあまり無いので、
”作品”と言えるような美しさを求めていたのでしょうね。


先日、この工房で造られたピアスを買いました。
憧れの女性職人の作品です。

美術館のコレクションを観るような気分でお店に入り、
そのピアスの奥ゆかしい美しさに溜息をつきながら手にとって
そのまま手放せなくなってしまいました。

数年前までは同じデザインのイヤリングも作っていたのですが、
現在は製造中止とのこと。



ピアスホールも開けてないのにどうする気だ?



はい。



イヤリングに改造してもらうことにしました。

納期1ヶ月で1万円以上かかると言われましたが、承諾しました。

欧米はピアスが主流なのですね・・・

私はピアスにする気がまったく無いので、
そのせいでデザインの選択に制限が出るのはちょっと残念。

でも、出来上がるまでが楽しみになりました。
手元に届いたら写真を載せたいと思います。



工房の主は、銀を『月の光』に例えたそうです。

柔らかで繊細な輝きと曇りは、確かに月に似ている気がします。


 「そう言えば、曇ったままの銀のアクセサリーがあったなぁ」


ふとそんなことを思い立って、磨き剤を買いました。

磨いてみると、本当に雲を拭った月のよう!


クリックすると元のサイズで表示します


本気で愛せるものを身に着けると心躍りますね。

イヤリング、楽しみです。。。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ