2006/6/17

KICK IT OUT !!  音楽


 ・・・ 腕が痛い。


両腕の手首から肘が、骨に沿って赤く腫れあがっている。
明日には全体的に黒いアザになりそうな予感です。





BOOM BOOM SATELLITES

福岡ドラムロゴス公演に行って参りました。

今回はひとりで行きましたが、無謀だったかも。(体力的に)



クリックすると元のサイズで表示します



ロックとクラブ・サウンドを融合した音をライヴで体験すると
どんなことになるんじゃろ?と思いつつ
お客さん層が読めないまま会場に入ったのですが ・・・

今回不思議な縁で整理番号の早いチケットが手に入ったため
最前列ほぼ真ん中のスペースに潜り込むことが出来てしまいました。

ベストポジションに昂ぶる気持ちを抑えつつ、
両サイドの女の子と軽いおしゃべりしながら開演時間を待ったのですけど。



曲が始まってからの盛り上がりはハンパ無かったです。

死ぬかと思いました。



ステージ前鉄製のバーに胸骨をハゲシク圧迫されるので
胸とバーの間に腕を入れてクッション代わりにしておりました。

鉄と骨が当たりまくって1時間40分、
何人分の体重を支えたのか分からない可哀相な私の腕 ・・・


痛みに耐える価値のあるライヴでした。
CDで聴くよりずっとカッコいい!


クラブ・サウンドなんだけどドラマーがちゃんと居て、
リズムのタイトさが凄く心地良かったです。
クールな表情の熱いドラマー平井さん、いいお仕事でした。

ドライなギターとシャイな雰囲気が素敵な川島さんのセクシーな歌声と
理知的でHOTなキカイ&ベース担当の中野さんの音が
タイトなリズムに乗っかったときに生まれるミラクル感 ・・・
これはライヴでしか体験出来ないでしょうね。

リズムに絶対的な信頼が置けるバンドは強いと実感しました。
打ち込み入れずにスリーピース編成で演奏してても良い感じでした。



こんな良いポジションでライヴ体験することは二度と無いでしょう。
男前なメンバー2人間近で見られたのも貴重な経験でした。
(彼らが前に出てくるたびに人の波が動いて死にそうでしたが)

楽しませていただきました。
チケット譲ってくださったNさん、アリガトウ♪



クリックすると元のサイズで表示します





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ