| 投稿者: 糖尿病 予防!




糖尿病と血糖値について

糖尿病は、合併症などがあり悪化してしまうと怖い病気です。

普段から糖尿病予防を心がけましょう。

病院で検査を受けたときに、血糖値が高い場合に
先生から「糖尿病に気をつけましょう」と言われます。

なぜ、血糖値が高いとそのように言われてしまうのでしょうか。


・血糖について

血糖とは、毎日の食事によって体に吸収されるグルコース(ブドウ糖)のことを言います。

活動するためのエネルギーとして使われています。

この血糖が体内のインスリンホルモンと結合することで
血液中から細胞へエネルギーとして取り込まれる仕組みになっているのです。

インスリンホルモンの

・分泌量が少ない
・上手く機能してくれない


などの場合、血液中の血糖が細胞へ取り込まれなくなり、
結果として血糖の値が高くなります。

血糖値が高くなってしまうと、糖尿病以外に様々な症状が現れてくる事があります。

例えば、

・体が疲れやすくなる

血糖値が高くなると血液もドロドロになり全身の血液の流れが悪くなります。

それが原因となり、体の細胞にも酸素や栄養が行き届かず、
体が疲れやすくなったり、倦怠感を感じたりするようになるのです。

また、動脈硬化も進行していく可能性があります。

・肥満になりやすくなる

活動エネルギーとして体に取り込まれた糖分以外は、
脂肪細胞へと送られて体脂肪として蓄えられます。

このような状態が続くと皮下脂肪が増えていき、肥満になりやすくなります。


・病気になりやすくなる

血糖値が高いと血液がドロドロになり、これが原因で細胞が酸化していきます。

細胞が酸化すると、体内の免疫機能も徐々に低下していき、
ウイルスや菌などに感染しやすくなり、結果として病気になりやすくなるのです。






サイト紹介

糖尿病 予防と対策

骨盤ダイエット・骨盤ゆがみ矯正

生理痛の原因と症状


0




AutoPage最新お知らせ