初場所控えてもう一言  スポーツ

     大相撲 初場所控えてもう一言  


白鵬の取り口について、「張り手など若干横綱らしくない」「一番上(の番付)に立つ人が下の人のほっぺたを叩くのは、禁じ手ではないが、印象がよろしくないとの意見もある。私はあまり良い印象を持っていない」と言ったのは、横審の北村委員長ですが、大横綱が上手投げのような大技で番付の下の人を投げ飛ばすのだって、一番上の人が下の人に使う「相撲の手」としては美しいとは言えないのではないか。

  横綱がそれをやれば横綱らしくない「手」ではないか、と言うことになりそうです。しかし、そんなこと言う人はいないですよね。いまは亡き名横綱千代の富士が、寺尾関を抱え上げて土俵に叩きつける大技を出したことがあります。あの時誰も「横綱の相撲として美しくない」とは言わなかった。あの大技を白鵬が使ったらどうでしょう?

  横綱が番付の下の人と取るときは、極端な言い方をしますと、掴まえて土俵下に押し出す「押し出し」か、まわしを掴んで土俵の外に寄り切る「寄り切り」かしか相撲の手がないことになります。

  それでは、大相撲の面白み、醍醐味は半減してしまうでしょう。横綱だからこそ出せる取り口があっていいのではないか、小生はいつもそう思っているんです。  

本当に「張り手」、「張り差し」、「変化」などは横綱の相撲の取り口としは相応しくないのか、横綱として著しく品格に欠ける相撲なのだろうか。小生は必ずしもそうは思わないのです。

「変化」は駆け引きであり、戦略的なもので、真剣勝負の中で見られるプロの相撲の面白さの一つだと思うんです。相手に対して、上手くからだをかわす技、それが「変化技」ですから、数秒間の相撲の中で相手の出方を見抜くことも大切ですし、大相撲の面白さだと言えます。  

 例えば、解説をしている舞の海さんや、宇良関のようなお相撲さんが横綱になったとき、いままでのお前たちの相撲は横綱の品格に相応しくない。横綱相撲を取れと言われたら困るでしょうね。

  最近、横綱の相撲の取り口批判を耳にするが多く、少しひねくれたくなるんです。厳しい勝負の世界の中で、駆け引きにきっちり対応できる力をつけるのも横綱をはじめお相撲さんにとって大切ことだと思うのですがどうでしょう。

  横審の北村委員長が言われることも分りますが、「一番上に立つ人が下の人のほっぺたを叩くのは.」云々、と言う前にグローバル化時代の大相撲に、そしてファンも世界に広がっていますから、われわれも視野を広げて見守ってもいいのではないかと思ったりもしています。

  おわりに当たり、横綱の品格についてですが、それは日頃の稽古、生活の中で培われる、周りの人びとに対しての思いやり、優しさの積み重ねとして身に着く(生まれて来る)ものであろうかと思います。
 
  付け加えて言えば、むしろ「力士」の品格として、日々積み重ね育まれた相撲の「心がまえ」といったものではないか、そんな風に考えるのですが。難しいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ