狂気の沙汰、日大アメフト部  スポーツ

   狂気の沙汰、日大アメフト部 ―悪質極まりない反則行為だー


  これは明らかに事件だ。日大アメフト部の不祥事では済まされない、実に悪質な反則行為、否、犯罪行為といわれても反論できないであろう。日大という大学当局の体質にかかわる重大な問題ではないのか。

  どう見ても、あのタックルは、強豪を血祭りにあげようという狙いから意図的に行われたもので、日大の監督の非道な指示の何物でもない。

  大学スポーツの監督は、教育者として学生選手の指導に当たっている筈だ。事件が起きて、事の重大さに気づいたのか、雲隠れとは驚いた話だ。

  その監督が日大の常任理事として最高経営陣の一角を担っていると言うから驚く。恐ろしい。学生が気の毒だ。

  相手選手が二度と出場できなくなることを目論んだ非道な破壊行為に他ならない。大学スポーツ選手としてあるまじき行為であり、誤って済むほど単純なものではない。

  処分は、アメフト部に任せるのではなく、大学の最高責任者が、問題の根っこを断ち切る覚悟で問題の解決に取り組まなくてはならない。

  大学として、社会に対してとるべき責任が問われていることを忘れてはならない。

  監督が、相手方に謝罪に行くべきところ、学生とコーチに行かせて、事を片付けようとしているようにしか思えない。大学スポーツを担う指導者としては、余りにも情けない。情けない監督だ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ