■お知らせ■
●サイドメニューのリンク集を更新しました。リンク切れに関しては削除させていただきましたので、ご了承ください。(160721更新)

■重要なお知らせ■
●COMITIA105以前に頒布した同人誌、ペーパー、電子書籍に記載していましたlivedoorメールアドレスは利用できなくなりました。詳しくはこちらをご覧ください。

「マンガ★ゲット」サービス終了までですが…  同人誌電子書籍情報

 こんばんは、ときしろ めぐみです。

 さてお知らせ。

 多分今日だと思うのですが、これまで私の漫画を公開してきたマンガ投稿SNS「マンガ★ゲット」が2017年6月30日をもってサービス終了することが発表されました。

 ……つまり、あと一ヶ月です。

 正直な話、この日が来るのは時間の問題だと思ってましたが、ついに来てしまったようです。

 というわけで、本日より今まで公開停止にしていた作品、そして公開終了にしていた作品のすべてを公開再開いたしました。以下のリンクが自分の作品一覧のページです。

(マンガ★ゲットがサービス終了いたしましたので、リンクを外しました)


 本当は、すべてリマスター修正して公開再開したかったのですが、残念ながら「マンガ★ゲット」でそれは叶いませんでした。

 なお、もうすでにやっていることではありますが、ネットでの漫画公開に関しましては、今後は「アルファポリス-電網浮遊都市-」の方に主軸を移していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 それでは、また。

(170701更新)マンガ★ゲットのサービスが終了いたしましたので、リンクを外しました。これまでマンガ★ゲットで作品を読んで下さった皆様、本当にありがとうございました。
0

紡木さん家の場合(2)/碓井尻尾  雑記(アニメ・マンガ関連)

この記事は、私が運営していた別のブログ「あやなす漫画感想文」(既に公開終了、削除済み)にて2015年10月9日に投稿した記事を、移転したものです。なので、情報は当時のものとなります。

--

こんばんは、ときしろ めぐみです。

さて、今日は感想ではなく、最近買った漫画を紹介します。
今回紹介するのは「紡木さん家の場合(2)/碓井尻尾・著」です。
先日ネットで予約注文して、今日届きました。まだ読んでる途中です。

この漫画は4コマで、内容を簡単に紹介すると
「娘(妹)を溺愛するハゲ父とその息子が、殴り合いのケンカをするホームコメディ(?)」
といったところでしょうか。多分よくわからないですよね、ハイ。
今回買ったのは2巻ですが、1巻に比べ、さらに暴走気味です。

人によって好き嫌いは分かれるんじゃないかと思いますが、このノリについてこれる人にはすごい笑える漫画だと思います。

オススメなのでぜひ!

余談ですが、紙書籍版はカバー裏漫画が楽しめます。電子書籍版に収録されてるかどうかは分かりませんが、多分入ってないと思います^^;

それでは、また。




(170423追記)
現在3巻まで発売されています。
残念ながら、私はまだ買ってないです^^;




0

まんがライフGIGA(スマホ、タブレット用アプリ)  雑記(アニメ・マンガ関連)

この記事は、私が運営していた別のブログ「あやなす漫画感想文」(既に公開終了、削除済み)にて2016年8月28日に投稿した記事を、移転したものです。なので、情報は当時のものとなります。

--

お久しぶりです、ときしろ めぐみです。

……気がつけば、最後の更新からもう半年以上たってますね^^;
いつの間にやら春、夏を飛び越え、もう秋の気配を感じる今日この頃です。

さて、このブログは漫画の感想を書く場所にしようかな、となんとなく始めたものでした…が、気づけば結局放置状態に…反省。
今後は、また新たに方向性を探りつつ、少しでも更新していけたら、と思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


というわけで、今回はスマホ、タブレット用アプリ「まんがライフGIGA」のお話。


私は、竹書房の4コマ誌が好きですが、現在、紙で講読している雑誌はありません。かといって、コンビニで立ち読みしているわけでもありません。

じゃあ、どこで読んでるかというと、Android用のアプリ「まんがライフGIGA」をインストールしたタブレットで読んでます。

つまり、電子書籍ですね。

このアプリ、プレミアム会員登録(月額500円)をすると、「まんがライフ」「まんがライフMOMO」「まんがくらぶ」「まんがライフオリジナル」の4誌が読み放題なので、2誌以上読むなら紙の雑誌で買うよりお得です。

ちょっと前までは「まんがライフ」1誌だけを紙の雑誌で読んでたのですが、買いに行くのも面倒だし、たまってきたら処分するのも面倒なので、思い切って切り替えてしまいました。現在は「まんがライフ」「まんがライフMOMO」「まんがくらぶ」の3誌を読んでいます。

利点は、わざわざコンビニや本屋へ行かなくともすぐにダウンロードして読めるところ。コンビニによっては置いてない所もあるので、数店舗回って買う…なんてこともなくなりました。最新号も発売日当日から読めるのがいいですね。
そして、固定月額なので、今まで読んでなかったほかのシリーズ誌も料金を気にせず気軽に読めるところもいいです。漫画によっては2誌で同時連載してるものもありますので、そういうパターンにも最適じゃないかと思います。

欠点としては、紙の雑誌と比べて、読者ページや文章系の連載、広告ページ等、カットされている部分があること。そっちを読むのが楽しみの方は紙の雑誌の方を買った方がいいと思います。


気がつけば、それ以外の漫画雑誌もどんどん電子書籍化している昨今。今後もその流れは止まらないと思います。

それでは、また。


(170402追記)
現在は、「まんがライフ」「まんがライフMOMO」「まんがくらぶ」「まんがライフオリジナル」4誌全部読んでます。
あと、それ以外の4コマ連載「中原君の過保護な妹」(ほっぺげ著)や「ポプテピピックセカンドシーズン」(大川ぶくぶ著)なんかも読んでいます^^
改めて、竹書房の4コマ好きにはお勧めのアプリですよw
0

ときしろ めぐみの同人漫画、小説公開サイト一覧  同人誌電子書籍情報

こんにちは、ときしろ めぐみです。

現在ネット上で公開している私の同人漫画、小説を一覧にしてみました。

…まぁ、自分でも、今どこで何を公開してるか一度整理が必要かな、と思いましたので。
この表は、公開作品が増えるたび更新していこうと思ってますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、pixivとパブー(現在公開停止中)の分に関しましては表から除外しております。ご了承ください。

それと、各サイトでそれぞれ作品の話の進行速度や、リマスター等の修正がなされているかいないかが、多少異なります。この点に関しましてもご了承ください。

ちなみに、足跡マークをクリックすると各サイトの作品ページにとべるようにリンクを貼ってありますので、是非ご活用ください。

(170701追記)
「マンガ★ゲット」は2017年6月30日にサービス終了いたしましたので、「マンガ★ゲット」の列を削除いたしました。


作品名 アルファポリス BOOTH ※1 その他
アイドル日記
いまもえ♪いまいち
○※2
秋春物語
〜アキとシュン〜
○
あしたきっと晴れ! ○
あやなす歳時記 ○
恋文配達人(小説) ○
昭和ちっくろまん
あやさん
○
スーパーミッシツタイム! ○
セーラー服或いはメガネ
そんなある日のめぐちさ生活 ○
TONTON TOWN STORY ○
フィール・ザ・タイム
〜ハッカあめ〜(小説)
○
みうミウ ○
みっくすサイダー ○
みっくすサイダーの素 ※3 ○
レトロゲーマー マドカ! ○ ○※4
レトロゲーマー マドカ!EX ○ ○※5
(170701更新)

※1…BOOTHにて公開中の作品は、低解像度版が無料で、高解像度版は有料となっております。

※2…「いまいち萌えない娘(公式サイト)」内の作品ギャラリー(投稿&寄贈作品)にて公開させていただいております。

※3…「みっくすサイダーの素」は、同人誌作品「らむね・びいだま」「Pi!」「ねがぽじシンキング!(公開準備中)」の3作品をまとめた総集編のタイトルで、新作ではありません。

※4、※5…「Syntax 8ビットPC MSXサークル」ブログ内にて公開しております。
0

2017年賀絵  イラスト

クリックすると元のサイズで表示します

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

ときしろ めぐみ


紙の年賀状やめました

2017年が始まりました。
正月三が日も今日で終わりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

イラストは、元旦にpixivと「あやなす絵日記」にあげたものです。
私事ではありますが、今年から紙の年賀状をやめることにしたため、年賀状用のイラストは描きませんでした。

これは、昨年末にネットでこんな記事(ホウドウキョク 『「年賀状をやめるメリットは大きい」 佐々木俊尚氏に聞く、年賀状の“やめ方”』)を読んで、年賀状は手間がかかる割にどれほどの意味を持つのか、と改めて考えたからです。

人によって様々だと思いますが、少なくとも私にとっては、負担でした。

イラストを描くのは好きですが、年賀状用のイラストを描くのはハッキリ言ってめんどくさいと思ってました。何ていうか、この記事の最初にあげた年賀絵のようなものと比べてると、気楽に描けない気持ちがあったんですよね。
それに、年賀状のデザインはPCで制作したものを印刷しているだけなので、それなら初めからPCなりスマホなりで見てもらった方が、多少の色の違いはあれど綺麗に見えますし。

あと、印刷しただけの年賀状では申し訳ないと思い、余白に手書きで一言入れるようにはしていたのですが、ほとんどは毎年同じような文面ですし、基本的には1年に一度の一方通行メッセージになりがち。しかも余白はそんなにないのであまり長い文章は書けません。

それならば、メールなりSNSなりを活用して連絡を取った方が、自分と送る相手との関係を再確認するということでも意味あることではないのか、と。

また、年賀ハガキそのものに関しても、毎年予備として買った数枚は余ってしまいます。懸賞とかやってる人ならいいと思いますが、私はやらないですし、かといって普通のハガキに交換したところで今はほとんど使うことはありません。
さらに、年賀を除いて、普通のハガキは今年6月に値上がりするというニュースが昨年末ありました。
値上がり分を考慮すると余計に普通のハガキをつかうことはなくなるでしょう。


長々と書いてしまいましたが、別に紙の年賀状を完全否定する気は特にありません。私の場合はそうだというだけの話です。こう書いていても、ひょっとしたら何年後かに気持ちが変わってまた紙の年賀状を書くことがあるかもしれませんし。

だから、個々のライフスタイルの変化に合わせてやり方を考えていけばいいんじゃないかなぁ、と思います。


今年の抱負

最後に今年の抱負でも。
ここでは書きませんが、昨年は個人的にいろいろとあり、その影響がいまだ続いています。
そのため、同人活動の方が停滞しています。イベント参加がなかなか出来ないのもそのためです。

まずは、この状態の解消が目標ですかね…。
でも、解消できるまでの間にもやれることはやっておきたいなぁ、とか思っています。
いろいろ描きたいと思っているものはありますので。


それでは、また。
1




AutoPage最新お知らせ