『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記

@一般事件もしっかりとやってます。誤解あるのかもと思い書きました。
AFBはhttps://www.facebook.com/taro.takimoto.94
B友北(こと弁護士滝本太郎)の業務に関連もするブログ。
アドレスはtakitaroアットマークyha.att.ne.jp
Cコメント欄は1人1項目1回にて。

 

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:takitaro
まあ執行は、他の被告人の刑罰が確定してからだろうと思います。逃亡犯は別にして。まあ、一緒の裁判をした「共同被告人」ではないから、今執行することは法的に可能ではあるのだが。

ただ、悩みがその後の遺体・遺骨のことですね。
投稿者:勝手にシンドバット
滝本先生、久しぶりにコメントします。
松下弁護士への処分は、正直言って遅いし、ぬるいものですね。
これほど重大な事件に対する弁護活動としては、あまりにお粗末で、こんな処分では再びこのようなお粗末な弁護活動が行われる可能性がありますね。
松下弁護士が、三女たちを丸め込んでいるので、依頼者側からの請求がないことが影響していることも大きいのでしょうか。

私は、オウムの幹部には、いまだ麻原を、取り戻すためにはテロも辞さないと考えているものや、麻原から直接テロについての指示を受けたものもいる、と考えています。
今までテロを押さえ込んでいけたのは、多くの人たちが事件を忘れずにオウムを監視してきたことのおかげだと考えています。
もう、いいでしょう、多くの人のオウム信者の人生を救うためにも、速やかな、松本智津夫君の処刑が実行されることを願っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ