2007/6/4

ボートピープル、事の軽重  メディア・ネット

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E6%88%A6%E4%BA%89

ボートピープルと言う言葉を思い出した。

上記のサイトは、ベトナム戦争のこと。
私は50歳だし、住んでいた場所からして、当時の厚木基地の音、相模大野の米軍病院へのヘリコプターの音、相模補給廠からの16号線を走る戦車のキャタピターの音を知っており、現実感があった。

だが、1975年、終結したベトナム戦争について、若い人は知らないかもしれないから、上のを紹介。

うーん、ベトナム戦争で印象的なのは、

動画では
・米軍撤退、サイゴン(現在のホーチミン)陥落のときの、ヘリコプターに競って乗り込む米軍側ベトナム人の姿、
・フェンスの向こう側のベトナム人、
・船から落とされていくヘリコプター、
・枯葉剤を撒く飛行機
・それからベトコンのモグラの穴のようなゲリラ戦かな。

写真ならば、
・ソンミ村虐殺事件の写真だったか、赤ん坊を銃剣で突き刺して持ち上げる米軍人、
・日本の写真家澤田さん?の泥川を泳いで逃げる母と子どもら、
・それからナパーム弾かなぁ道路を素っ裸で逃げる少女と子どもたち、
・ベトちゃんドクちゃんかな。

(そんな写真が今も若者にも知られるべきこと、あれが戦争の本質。イラク戦争などではそんなことから、写真などによって反戦運動が広がらないように、実にまったく写真家らを米軍が規制操作したです)

で、その崩壊後に、ベトナムから(実は中国からも)のボートピープルが多数出現した。近隣諸国へが多かったが、日本の南部地方にもたどり着いていた。沖縄とか諸島だけでなく、九州へ四国へもついたと思う。タンカーとか大きな船が救助したことも多くあった。日本へは、合計2−3000人だったのかなぁ、どこかに統計はないかなぁ。

あの頃、しばしば言われていたのは「1隻たどりつけた裏には5隻(?)が沈没している」ということ。実際、遺体がみつかったこと、船だけ残っていたこともあったと記憶。それでも数十トンの船ではあったと記憶。

そんなボートピープルやカンボジア難民は、大和市の南林間にもあった収容所にも居て、日本語の勉強などをしていた。言葉や風俗習慣を習い、子供らは地元の学校に行っていた。だから、大和市には今もその家族、子どもらも多い(米軍もいるし、戦時中までは朝鮮民族も多かったから、今もかなり国際的です)。

-----
で、今回は北朝鮮から。
長さ6メートル程度。池の手漕ぎボートに毛が生えた程度ではないか。
これじゃ確かに1−2メートルの波でも大波になる。
数馬力の耕運機のモーターを改造したようにエンジン。
うー。

生きてたどり着いてくれて良かった、良かった。

で、メディア報道を見て驚いた。
・北朝鮮の漁民らには直ちに口コミで広がる。
・大量の難民が来るかも。
みたいなことを言っている。
ついに、「大変だったでしょうね」の一言もなかった。

想像力と、「愛」っつうのかなあ、同情心でもいいや、なさ過ぎる。
・1隻たどり着けたということは、いくら何でもあんな船ならば9隻は沈んでしまっていて、数十人は死んでいるだろう事。
・北朝鮮が崩壊過程になっても、一般市民が船で脱出して日本にたどり着くなどおそらくは非常に少ないだろうこと、つまり数千人から多くて数万人程度に止まるだろう事
が判明したことを言うべきではなかろうか、と思う。

マスメデイアは、この報道で述べるべき
事の軽重を、間違っているのではなかろうか。
------

ともかくも、4人の北朝鮮からの家族、たどり着けて良かった、良かった。

(追伸−韓国は米国との関係上、ベトナム戦争に参戦したことは知っていたが、その被害人数を知らなかった。上のサイトでは、韓国軍は、ベトナム人4万人を殺し、一方で韓国軍兵士約5000人が死亡、2万人が傷害を負ったという。
日本は憲法九条があったから参戦しないで済んだのです、出撃基地だったけれど。)
0



2007/6/6  13:40

投稿者:CMぴーち

初めて書き込みます。
ボートピープルについてなのですが、ベトナム戦争で負けた南ベトナムの方々がボートピープルになったものだと勘違いしてる方が多いようなので・・・。
実際のボートピープルのほとんどは当時華僑としてベトナムに住んでいた華人が戦争終結による民族主義の台頭、そして中越戦争が決定打になり、以前から嫌われていた中国人がベトナムを追い出された人々です。

尚、追伸の韓国軍のベトナム戦争での数字についてなのですが、ベトナム人の被害者の数の馬鹿に出来ない数が、面白半分で虐殺された民間人であることも付け加えておきます。

2007/6/6  0:48

投稿者:dake

あー南林間にあるんですね。
工場で働いてたときベトナム難民の女の人とかと一緒でした。
ほんとうたどり着けてよかったとおもうのになあ。
その人たちが苦しみ続けてることなんか想像しないんじゃないでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ