2006/5/13

メディアとネット  メディア・ネット

http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_b52b.html
5月9日に紹介した、私へのインタビューほかについて、

http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/05/kotonoha2_1d0e.html
の5月12日のところ

http://madammizushima.seesaa.net/article/17749904.html
の5月13日のところ

で、プロのジャーナリズムとネットジャーナリズムとかについて、議論があるようなので、一言。

うーん、
ネットで半ば素人も記事が出せるようになり、半ば素人の方の取材でも応じる人がいるとき、「プロ」の人?が焦り始めたのだろうなぁと、と思う。

-------
1995年3月以来、というか、それ以前から、仕事上、色々な取材を受けること、また記者会見をすることもあった。

そんなとき、いつも不満に思ってきたのは、
1−記事に出ないことがあること
2−出てもごくごく一部だけが出ること
3−それも重要でないところ、間違ったところ、または歪曲して出ること

があることでしたね。

これは、ビデオどりの放送手も同じですし、時には生放送でも、です。
例えば「麻原さん」という言葉、NHKなぞは絶対しゃべらせなかった、1度は生放送なのでそう表現しちゃいましたけれどね。

ですが、それらは、マスメディアということで、文字数の制限があること、時間の制限があること、また表現者以外のメディア自体とかに対しても名誉毀損の訴訟などされる恐れがあることからして、仕方がないものとも思ってます。

それが、ネットの場合は、それらの制約がなくなったこと、
その特質を十分に認識しなければならない、と。
その恐ろしさと、すばらしさを十分に認識しなければならない、と。

で、表題のサイトでは、コメント欄その他で、
R30とか言う人の、松永さんに対する宗教がかった質問が、
そのまま掲載されていることが問題とされているみたい。

それは、私のインタビューの中でも私が批判しているが、それがそのまま出ていることも問題としている人もいるみたい。

わたしゃ、まったくもう、これだから「プロ」はぁ、と感じる。

そもそも、松永さんへのインタビューも、私へのインタビューも、ほとんどそのまま誤字脱字程度の訂正のみで出すことは、あの、泉あいさんのやり方からして、当然わかっているはずのこと。

だから、尚更に、その場合のインタビューは真剣勝負。

それは、もちろん取材する方にとっても、ね。
それを忘れては困る、

それにグチャグチャ言うのは、
後に編集によって、取材者の発言と、取材された人の発言を後に差し障りない程度に変えられると思っている「甘え」でしかない。

全くしょもな、と思います。

--下に続く
0



2006/5/23  19:58

投稿者:takitaro

gamenotatsujin様
水島美也子様

ご来場ありがとうございます。
トラックバックとかかがよく分らず、筈かしい話です。

佐々木さんと言う人の所に書き込もうと思ったら、あそこもコメントをかけないみたい、なんか難しいです。

草々

2006/5/16  3:50

投稿者:gamenotatsujin

本日よりお気にに入れ最初から読ませていただきます。なにせ頭悪いもんで時間が必要です。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

2006/5/14  14:16

投稿者:水島美也子

ご連絡ありがとうございました。
こちらにお返事を、と思ったのですが、長くなりすぎて。
1人1項目1回の決め事に違反してしまうので、私共のコメント欄に上げさせていただきました。
ご興味がおありでしたら、足をお運び下さい。

http://madammizushima.seesaa.net/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ