2018/8/11

流動床焼却炉  カルト・宗教・犯罪

http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2371.html
 「9人の遺骨がない」という上に関連して書きます。

 意外に知られていないのが1993年特許申請の「流動床焼却炉」です。下記に、その書類3枚があります。まあこれも相続財産ではある。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/12-10-1.html

 ですが、これ遺体を焼くためには、まったく使われてなかったみたいです。 初めは護摩壇で石油、後には電子レンジみたいなものだのとのことなので。

護摩壇は富士宮の富士宮の総本部道場でのことでした。富士山総本部は、今盲導犬の訓練センターとなり、その敷地一角に地元の碑があります。
クリックすると元のサイズで表示します

電子レンジみたいのは、上九の第一上九です。地下だったかな。後者でも煙だか水蒸気のようなものが出るのかな。1993−4年頃、煙突のような所から煙のようなものが出ていたことがあった。それが今、上九の富士ケ嶺地区の公園になっているところの、「慰霊碑」と書いてあるだけの碑があるあたりです。
クリックすると元のサイズで表示します



6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ