2018/8/10

文藝春秋9月号  カルト・宗教・犯罪

http://bunshun.jp/articles/-/8461
http://bunshun.jp/articles/-/8560
8月10日店頭に並んだ、月刊「文藝春秋」2018年9月号に私のインタビュー記事が出ています。142〜151ページです。

 「私とオウム真理教の30年闘争
―四女と麻原彰晃の遺体を見送って
―散骨、家族間対立、後継団体
・・事件は終わっていない」


です。このことにつき今、話せる範囲のことは話していつもりです。どうぞ、参考までに、ご一読ください。

 下記に、留意点と、一部訂正したい所を記載します。これ、私の1つの記憶違いによる間違いと、短い時間で確認修正したのが直接の原因で、改めて読むとニュアンスが違ってたりで、私の問題です。すいませんです。

1−表題は記者さんらが決めたものです、趣旨はその通りです。「四女と」の後に「、」が欲しかった気はするけれど。

2−143ページ下段、球磨川の所です。散骨する場所につき、私は、執行される前までは「球磨川がいい」と思っていたのですが、拘置所との面談の中で、四女から「球磨川が聖地になってしまう、迷惑かもしれない」という言われ、「広い太平洋の誰にも分からない場所に散骨するしかない」という結論に至ったが正確です。

3−145ページ下段、初面談後、本人から「話がしたい」と連絡があった、というのは間違いでした。本人は、私が被害者の一人でもあることにつき、テレビ制作会社紹介での初面談でも気にしていました。「会っていいのか」とずいぶん気にしていました。
 収録後、とある法的問題の話もあり、聞いていた連絡先に、私から「何とかできるかも」と電話をかけたのが付き合いの初めだったのでした。私の完全な記憶違い、すいません。

4−同所の「監視する気はなかったし」というのは、それはその通りなのですがきつい表現でした。せいぜい「監護」とすべきでした。もちろん気にはしていたけれど、そもそも実の子でも20歳近く、まして20歳過ぎてからは「監護」なんてできない、更に別に住んでいればできないのは当たり前で、その意味なんです。

5−146ページ上段の「最初は未熟な部分も多々ありました。社会常識が不十分で、夢想も無理もしてしまう。自分への関心が第一ではありました。」は誤解を招きますね。四女さんあてに三女さんから裁判が起こされているところ、この記載を利用されたくないものです。
 すなわち、そもそも「自分自身の利害や自分への関心」に集中していないからこそ、(オウム事件を見つめず、脱会者名目のお付きの人がいるなどの)欺瞞に満ちた麻原家を飛び出したんですから。「自分への関心が第一」というのは、強い決意で麻原家を脱した中で、自分はさらに何をすればいいか、生きていていいのかという、つまり自責傾向にばかりなっていた、という意味なんです。

6−147ページ下段「松本サリン事件も起きていた。私は末期症状だと考え、」のではなく、、「松本サリン事件も起きていた。(当時、教祖のサリン説法を知ってはいたけれど、私は近すぎたからでしょうこれは結びつかなかった。でも、末期症状というほかない考え、」)です。

7−150ページ下段、故井上の判決のところは、最高裁では書面審理ですから証人に出てません、また「結局、死刑判決を覆せなかった。」ではなく、「結局、高裁では死刑判決になってしまった。」です。

上記のとおり、付言します。
15



2018/8/13  15:53

投稿者:友北

名無しさん
 あの、それこそオウム集団から出たばかりの不安定な時期、それも高校生世代という多くの人が不安定な時の彼女につき、いつまで言われているんですか。人は発達していくんです。また、私につき「オウム利権」ってしょもない誤解です。一般事件でこそ食べているのであり、メディアなど出ても文化人枠って実に哀しい金額なんですょ。
 ああ、「殺そうとした」なんて、そりゃ酷い、いい加減にすぎます。そんなこと書いてないでしょうが。
 本の173-174ページにはこうあるでしょうが。そしてまた、文章というのは「しかし」の後の方が重要なんだ、と知ってください。
 すなわち、江川さんが後見人辞任を公表した時に
 「江川さんにはすごくお世話になったにもかかわらず、その会見を見た私は正直、彼女を殺したいとまで思いました。・・・
 でもその時、私ははっと我に帰りました。自分まだ人を殺したわけでもないのに、どうしてこれほどバッシングされなければいけないのか。オウムに居続ける家族よりも自分の方がまだましではないのか。そんなに非難されるいわれはないという結論に至ったのです。そのときちょっとでも冷静に戻るのに時間がかかっていて、感情のままに江川さんの元に行っていたら今のような未来はありませんでした。そう思うとぞっとします。
 今でも江川さんのことは、自分の人生で大切な人だったと思っています。しかしあのまま江川さんのところにいたら、もっと関係がおかしくなっていたと思うので、決別は仕方がなかった選択だと思います。」
 と。ご自身と、読者の人に伝えておきます。

2018/8/10  17:32

投稿者:名無し

麻原の四女は嘘つきである。教団から離れたとか、謝罪をしているとか言っているが、本心とはとても信じがたい。
江川さんが四女から受けた仕打ちは、あまりにひどい。四女は教団から離れたいと訴え江川さんを利用しながらも、教祖の後継者として振る舞っていたそうだ。その上、四女の本には、後見人を辞任した江川さんを殺そうとしたということまで書かれている。ゾッとした。
一番の嘘つきは誰だろうか。四女か。四女を利用する滝本さんか。滝本さんもオウム利権で生きてきた人間だ。四女をプロパガンダの道具として利用したい気持ちはわかるが、見ていて気味が悪い。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ