2018/7/12


 三女さんのブログに下記の通りあるが、当方には、7月8日午後3時04分に、某弁護士からの留守番電話で、遺体引き取りについて相談したい、電話いただけたら幸い、とあるだけでした。8日は日曜で事務員は休みであり、私がこの留守番電話内容を知ったのは9日の夜だったかな。
******
今の時点での事実のお知らせ(1) 引き渡しについて知らされていること
2018.07.11 Wednesday
7月7日の時点で、父の遺体を「四女への引き渡しを検討」(『時事通信』)と、妹への引き渡しが確定しているかのように報じられています。わたしたちは、そのような事実を知りません。
逆に、7月9日、東京拘置所から父の弁護人に対し、
「東拘は,親族間で解決するまで遺骨をお預かりします」
とお話がありました。
父の弁護人から代理人のかたにご連絡していますが、お返事はいただけでおりません。
*******


 四女代理人とこの件で前から示していた当職には、7月6日の東京拘置所から電話にて死刑執行の報告、遺体等の受領の意向確認があってこれを了解し、何度か電話協議し−だからあの日はもちろんその後もまずは出ず、翌日の私の都合もあわせた対面時間が決まり、保留していたNHKに電話して急ぎ収録するなどし、7月7日には四女とともに遺体と対面しかつ東京拘置所と協議をし(帰宅にやたら苦労をし)、7月8日は当職のみが又行って四女さんと電話連絡を取りつつ代理人としてその火葬を東京拘置所にしてもらう要請書面を同所内で作成して提出し、7月9日昼に火葬を終えたことの連絡をうけ、かつ遺骨は東京拘置所が当面保管することとなった、という認識です。
22



2018/7/15  15:17

投稿者:滝本教

ウソツイテ、松本さんの長男を脅迫犯にして、バイメイ行為。人のココロないのがアタシ許せない。

滝本教のシンジャは、盲信シテルから、ナニをやっても許すしモチアゲル。

キモイよ。カルトダイキライ!

2018/7/15  4:27

投稿者:あづま

先に売名などと書かれていますが、私は全くもってそのような事ではないと承知しております。命を狙われつつも行動した事は称賛に値し、また、自身の安全も確保せずなんと無謀なことかと、心配しながら当時から今のニュースを見ております。(私は現在、32才で事件当時は幼かったですが事あるごとにただ調べて居ただけに過ぎないのですが…)
オウムと共に滝本弁護士の人生にとって大きな節目のときでありつつも、ここで全て終わる問題ではないと思います。どうか自身の安全を最優先にしてもらいたいと遠くの者でありますが願っております。訂正されましたが、かのような言葉がTwitterに上がると言うことに不安を覚えます。くれぐれもご自身の安全を…。

2018/7/14  1:53

投稿者:mario

被害者遺族でも加害者親族でもないので、両者の本当の辛さを理解し推し量ることは到底できませんが、(生ぬるい発言だと理解しつつも)どの立場の方にとってもこの先に明るい未来があり、良い方向に進みますようにと、心から願っています。

2018/7/14  1:12

投稿者:カナ

コメント、失礼致します。
滝本先生の記者会見やご主張を拝見して思ったのは、麻原さんと血縁関係がなく他人なのに、麻原さんのご遺体やお骨を利用し売名行為をされる、滝本先生への違和感でした。
麻原さんは死刑という刑の執行を受けました。滝本さんのように遺体を辱める行為は、同じ日本人として見ていてつらいものがあります。死んで償った人まで辱める必要があるでしょうか。
また、麻原さんのご長男を脅迫で告訴されたということですが、実はご長男でなかったとのこと。滝本さんは誤った告訴について謝罪ではなく検討すると書かれていましたが、検討するようなことではなく、他の方が書かれているように、ご長男への謝罪が必要だと思います。
麻原さんのお子さんであろうと、親を亡くしたばかりの人に対して、きちんと調べもせずに告訴をするようなことは、決して許されてはなりません。刑事告訴は、人を犯罪者とするものだからです。ご長男は最悪の場合、逮捕され、報道で実名を晒され、社会で生きていけなくされていたでしょう。
滝本先生の告訴が根拠なく麻原さんのご長男に無実の罪を着せるものであったように、滝本さんが主張する麻原さんの遺体の神格化や、遺骨によるお金儲けという話にもまた、何ら明確な根拠がなく、ご遺族を傷つけるものです。
最後になりますが、滝本先生は、麻原さんのご遺族を分断し、ご遺族同士で反目し合うように導いているように見えます。家族は仲良くすることが一番です。滝本さんが四女さんを利用する度に、心が痛んでおります。
滝本先生の良心に期待しております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ