2018/7/11

脱会・脱会者支援の寄付を考える方に  カルト・宗教・犯罪

★四女を経済的に支援したいといった連絡が何件かあったので、書きます。

四女さん本人に金銭を渡すということはありません。
―それは本人として潔しとしないものですし、まして純粋被害者らに申し訳ないとしているものですから。

ただ、「カナリヤの会」の口座があり、ここの口座に入れていただくと、今回の諸活動につき、実費を会から本人あてではなく、直接、他に出せますね。


「横浜銀行大和支店、普通、1343078、
カナリヤノカイタキモトタロウ」です。


・脱会者の集まりの口座で、私が管理しています。
・四女さんも会員でありまして。

実態として、活動資金や、集まる時の交通費補助、会報作成費用(この所出してないですね)それから緊急の場合の貸出資金などとしています。

ああ、平田信受刑者が逮捕されて私が呼ばれた費用、彼をかくまっていた女性を特に大阪に二日連続して迎えに行った費用やその弁護費用としてもらうこともありました。
―どこからも金員が出ない仕事だったので。
この口座がなければ、脱会者支援の活動は困難になってただろう、という所です。つまりは私の、脱会者のための活動費用にもなってますね。ああ、やむなく私名義で借りているアパート費用とかもあります。

入金は、
・会員からの必ずしも確実でない年会費3000円
―去る者はおわずで消し込みもしていないです。
・立ち上がりの時と途中、大口の寄付が2回あった
・私が、オウム出家者の元A弁護士を被告として、滝本サリン被告事件について損害賠償請求をして勝訴したところ、財産はすべて布施してあったはずなのに意外にも入金があった!!うちの何百万円だったか、をまわした。
・何人かの親御さんらの時々の入金、
・毎月入れて下さる、ひょっとしたらオウムに入っていたかもという方からの入金
というところです。

・会合には、元信者以外は参加できません。
―ああ、私一人が例外ではあります。
―それから、数年間は、松本浩美さんという編集能力ある女性が、なぜか何人もの脱会者とウマが合い参加されていて、また岩波書店の「オウムをやめた私たち」(おすすめだが、どこかで買えるのかなあ)を作るときには編集の坂本さんも実質参加いただけていました。松本さんが対談を上手にまとめてくれもした。
・元在家信者で参加したいと希望する人は少なく、元在家の方には今はご案内も送っていません。在家で、新しく辞められてきた方のこと、なんとか考えないといけないかも、ですね。
―情報と体験の隔絶は激しいだろうけれど。

・初めて参加した人に皆で「お帰りぃ」と言うのが何よりも楽しみです。
・カラオケで、失われた年月の知らないヒット曲を学びなおしてるのも、
・その歌詞に涙することもありますね。
―それもこれも生きていればこそ、です。


会員には、
・最初は末端か中堅が多かったのですが、今は元受刑者や高位だった者もいます。
―「バルドーの導きイニシエーション」で縛った方と縛られた方が会って、ビビビと怖がり、「ホント悪かった、ごめん」と言ったりしてました。
・生きていればこそ、の集まりです。
・弟子12人の死刑囚のうち何人かは「入る」というので会員でもあります。
―まあ長く会報も集まりのご案内も届かなくなってはいますけれど。
★そう、「カナリヤの会員」も今回、死刑が執行されてしまった。

会計報告さえもしたことない適当なものですいません。
とんとんで続いています。そんな感じの口座です。

決して広く求めるということではなく、問合せがあったので記載します。そんなことで良ければそれは入金頂けると幸いです。

純粋被害者の方々、遺族の方々には違和感がおありかとは思うのですが、脱会者の受入れというか、一時の止まり木としての機能を一部は果たしているのだろう、と思い、どうぞご容赦ください。
39



2018/7/12  12:16

投稿者:陰ながら応援しています

寄付できるところを教えてくださり、ありがとうございます。
四女さんに対し、わずかでも金銭的支援ができれば……と考えていた自分の浅はかさを思い知りました。
もう少し考えてから、無理のない範囲で協力させていただきますね。

2018/7/11  18:47

投稿者:応援

滝本先生に新宿ロフトでのトークイベントでお会いした時に感じた謙虚さと優しさ。
応援しています!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ