2018/7/11

三女さんの言葉など(四女ではなく)  カルト・宗教・犯罪

1―こちらは、四女ではなく、三女さんの7月9日付ブログ記載の一部、
オウム真理教による一連の事件の被害に遭われた方に対し、
心よりご冥福をお祈りし、また謹んでお見舞いを申し上げます。


うーん今に至るも「お見舞い申し上げます」か。
一被害者として述べれば、そんなことだったら書かないでほしかったな。
http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=248

2―こちらは、下記はスポニチ記事の一部
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/07/10/kiji/20180709s00042000393000c.html
「 ――母親は今、オウムと関係ないのか。
「そこは分からない部分もある…。ただ、関係があったとしても、父の神格化のために遺骨を利用することはない。後継団体があるから、誤解が続く。解散してほしいとすら思う」

えっ、なんなんだ?と思う。

4―まあ、7月7日夜の役所への要求書でも「当面、**金庫に厳重に保管管理」と当面が付いていたんでしたね。

5―自分にも「麻原さんをどう思うか」と法廷で聞かれて「帰依していない」とか証言できないお付きの人がいるわけだが(テレビ東京相手の訴訟の昨年秋の法廷)、それもまた何なんだ、と。
19



2018/7/11  18:42

投稿者:通りすがりの

三女アーチャリーは嘘の塊、ブログTwitterには今はもう誹謗中傷コメントはなく理論的に批判指摘するコメントがほとんどです。
多分、アーチャリー側の人達が目を覚まし反転している模様。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ