『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記

@一般事件もしっかりとやってます。誤解あるのかもと思い書きました。
AFBはhttps://www.facebook.com/taro.takimoto.94
B友北(こと弁護士滝本太郎)の業務に関連もするブログ。
アドレスはtakitaroアットマークyha.att.ne.jp
Cコメント欄は1人1項目1回にて。

 

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:オタク
元弟子たちが100%麻原の意思を遂行したと信じるとしたら、それこそカルトであろう。元信者のブログや、麻原の娘が過去を振り返っている記述を見ても、元弟子たちは宗教的規律を守らず、好き勝手していた様子もうかがわれる。オウム真理教において、100%の洗脳が行われていたと考える客観的資料は存在しない。
投稿者:yo
私は昭和天皇は戦争犯罪人であり、東京裁判に真の正義があるなら、当然死刑になるべき人間だったと思っていますが、このディオゲネスの樽氏の意見にはいまひとつ賛同できません。

大日本帝国の戦争は巨大な事業であり、天皇一人が細かい部分まで逐一指示・把握・掌握するのは物理的にも職能的にも不可能であり、
天皇の意向と政府や軍の行動が異なることは無数にありました。
だからこそ責任回避も可能であったわけです。

しかし麻原彰晃はオウムの悪行のほぼ全てを自ら指示して行わせており、信者はその手足となって100%麻原の意思を遂行したのだから、全く性質が違います。

オウムを大日本帝国に例えることは「弟子の暴走説(臣下=軍部の暴走説)」にくみすることにならないか、不安です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ