2017/5/18

オウム事件は共謀罪の理由にならない。  憲法・社会・官僚・人権

 テロ防止を言うならば、維新推薦だが共謀罪に反対した成城大の指宿信教授が言うとおり、オウム事件の反省をすべきこと。だがなあ、私に直接聞いてきたのは北海道新聞と赤旗日曜版限りだなあ。

 安倍首相らがオウム事件を共謀罪の制定理由みたいにいうなぞ、実に片腹痛い。ああ2017.4.20、自民法務部会長の古川俊治議員は、「テロなんて言ってませんよ。この法律だって」「テロ等準備罪って、名前はね」と正直でしたが。


クリックすると元のサイズで表示します

共謀罪とオウム事件について、私、このFB5月18日に、北海道新聞などでの発言記事を転載したけれど、その前4月19日の法律関係雑誌により詳細に出していました。より詳細です。転載までに
         *************
「共謀罪とオウム真理教」

 今次の法案は「テロ等準備罪ではなく277の共謀罪」という刑事法ですが、この正当化のために未だオウム事件のことを言う人がいます。たしかに、日本は原子爆弾を2回、貧者の核兵器である化学兵器サリンを2回使われました。滝本サリン事件を含め文字どおりテロであり実質、内乱にまでなりました。

 しかし、それは、日本の刑事法が不十分だったからではありません。共謀罪がなかったからでもありません。警察が当時の法律をまともに適用し捜査していれば、止められました。警備公安警察にあっても、役目をはたしていれば確実に止められました。

 オウム事件は1989年11月の坂本事件、1994年6月の松本サリン事件、1995年3月の地下鉄サリン事件だけではなく、その他にも多数あり、「救う会」や被害対策弁護団では、警察に捜査を要請し続けてきていました。

 1994年3月の宮崎資産家拉致事件に取り組めば松本サリンを止められました。私自身は、脱会カウンセリングにより1994年内部の虐殺事件・薬物使用を知り、警視庁を含む各県警、検察庁に情報を提供し続けました。

 神奈川県警は、1994年9月20日江川紹子宅へのホスゲンガスで攻撃を受け、10月から私と江川さん宅を24時間警備し始めましたが、警視庁は家族の会の永岡弘行を警備せず、1995年1月4日にVX事件。警視庁は感覚が鈍く、科学捜査も不十分でスミチオンと判断し自殺未遂だと決めつけました。警視庁の奥の一室で湯呑にスミチオンを入れて私に嗅がせ、「永岡さんはこれを飲んだんだ、自殺未遂だ」と断言された時の怒りは忘れません。

 私は、1994年11月3日には、警視庁や各検察庁にも、教団が末期症状であること、教祖が外部への攻撃を計画している、捜査が近い時にこそ危ないと資料ともども知らせました。が、神奈川県警が何とか警察組織あげて12月末までには入るから、というだけでした。

 1995年2月末の公証役場人事務長拉致事件では、直ちに教団が疑われました。私からは「ヴァジラヤーナの戦士」40人ほども知らせてありました。教団は、3月15日の霞ヶ関駅構内では噴霧器事件の直前「もう戦争が始まっているのに、なぜ気づかないんだ」とのチラシを配布、これも私から通報。関係者の多くは3月20日の週に強制捜査と知っていたが、警察は、なんと事件防止の観点からは監視しませんでした。結果「強制捜査の直前だから地下鉄サリン事件」になったのでした。

 警備公安警察は動いていませんでした。1988年段階から、多くの未成年者が教団がらみで行方不明になっていること、1990年2月の選挙の際には100人以上も世田谷の一軒家に住民票を集めた実態に着目して、合法的に説法等の資料収集をしていけば、教祖が弟子を使って多数人を殺そうとしていると判明したでしょう。まして、松本サリン事件では化学兵器まで使われたのに動かなかったのは、信じがたいことです。「スパイを入れていた」も後に作った偽りの言葉でしょう。警視庁の公安が、真っ青な顔をして、私が把握していた車両300台、出家者数百人の情報を取得したのは、1995年3月30日の長官銃撃事件の直後でした。

 国は、警察のミスを実質、認めたからこそ、国から被害者への給付金の法律ができたのでした。なお、警察の20点の問題が私のブログ3月13日付にあります。ご参照ください。
 サリン事件はいきなり起こったものではありません。テロを止めたいならば、テロをどういう者が起こすのか、それを謙虚にとらえること、刑事警察ともども実質犯罪をまともに対応することが、最も重要なことだと考えます。
        ************
4



2017/5/18  14:27

投稿者:さば

 予備罪をうんと重くして懲役10年以上(最低でも)にしたら、抑止効果はかなり出るんじゃないでしょうか?実際に行為に及んだら殺人等なら懲役をアメリカ並に100年とか300年とかにすればいいんじゃないですか。それにマインドコントロールによる犯罪となったら首謀者以外はそれなりに減刑して(無期懲役等)専門のカウンセラーによる脱会カウンセリングする必要があると思いますが・・・。首謀者以外の死刑囚がかわいそうです・・・。オウム事件をきっかけにマインドコントロールによる刑罰のあり方について議論があってもいいんじゃないのではとは思いますが・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ