2017/4/14

色々  日常のこと

ここ数日の、FBへの書き込みです

その1
拉致被害者の救出 阻んでいるのは「憲法」だ
http://www.sankei.com/column/news/170414/clm1704140003-n1.html
 産経新聞、おバカに過ぎる。フェイクニュースというよりも、デマゴギー新聞だな、と。
 決して憲法9条の問題ではない。他国も主権を持っているから一方的な活動はできない、という「国家主権」の問題です。
 加えるに、作戦として「どこにいるのか」が最大の問題なのに無視している。おバカに過ぎる。
 北朝鮮もどの国にあっても、日本には主権があるから、日本の了解なく、そんな活動はできない。
 なお、それは警察権も同じこと。日本にいた後の韓国大統領、金大中が韓国政権によって拉致された時も、日本の主権が維持されなかったことが問題とされた。

その2
「攻撃されそうだから、限定攻撃する」は、先制攻撃。相手は反撃できる。その相手は日韓。ミサイル攻撃が基地や原発に。なお、自国に届きそうで初めて焦る米国の態度は当たり前かと

その3
米国として攻撃するならば、まあ、次のミサイル実験で「日本列島を超えるのを再び発射したぁ、幸い途中落下しただけだ、米国領土を狙っていた。」として、その自衛として始めるんだろうな、と思う。ベトナム戦争に米国が介入した口実も後にデッチ上げと判明したトンキン湾事件

その4
今の日本政治は「反動独裁」と「まともな保守主義」との対立。決して保守と革新でも、左翼と右翼の対立でもない。安倍政権が大日本帝国憲法下に類似した社会を目指す反動独裁、野党4党が「自由」と「民主主義」を維持しようとする勢力なのだから。
 だから、選挙区情勢があるとはいえ今、「真の保守を目指す」として民進党から離れる長島議員のスタンスはどうにも分からない、これに続く国会議員がいないように祈る。
 同時に「野党共闘」は、それにより幅広い層に賛同してもらわうためにこそあるのだから、長島議員が民進党から離れたことを喜ぶようなことであってはならない。
 またサヨクと自己規定してきた人は、実は自らが「まともな保守主義者」なんだと自覚してほしいと思う。保守主義とは「科学の発展と限度ある自然環境などにより変わらざるを得ない人間社会において、伝統的な価値観、制度を尊重しつつ、軋轢と悲劇を少なくすべく、漸進的に変化させていこうとする態度」であり、その通りの行動をしているのだから。

その5
小学校では、君が代に合わせた国旗掲揚を何年間か担当。高校卒業時には式直後に引きずり下ろし。今、日の丸9条の会の言い出しっぺ。まあよろしいかと。恥ずかしくも自分語りにて。

その6
安倍内閣は、主義主張より「おバカお坊ちゃま」が安全保障上、より大きな問題かも。オウム集団につき、絶対服従よりどうもそれを可能にした現実感覚の無さがより問題だったように。

その7
 米中が戦争する可能性なぞとんとないだろうと。日中の尖閣戦争があろうと、北朝鮮が暴発し韓国・日本にミサイル、更に核ミサイルが来ようと、米中戦争にはならない、と。米中の権力者ら間において、それはとんと利益がなく、むしろ利益共同する所が多いだろうから、と。むしろ、「共に日韓をつぶそうょ」と話しているのでは、と気になる。
 米軍が、日本のために、いざとなれば中国軍に対抗してくれると思っている人がいたら、お花畑に過ぎようと思う。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ