『生きている不思議 死んでいく不思議』-某弁護士日記

@一般事件もしっかりとやってます。誤解あるのかもと思い書きました。
AFBはhttps://www.facebook.com/taro.takimoto.94
B友北(こと弁護士滝本太郎)の業務に関連もするブログ。
アドレスはtakitaroアットマークyha.att.ne.jp
Cコメント欄は1人1項目1回にて。

 

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:友北
 ガセで記憶を植え付けてしまったんだろうな、と思います。
 オウム集団は、自ら事件を起こすものでした。言われていた坂本事件も暴力団に依頼していなかった。武器も自ら作る、作ろうとする―カラシニコフも、原爆も、細菌兵器も化学兵器も、薬物も―という所に特徴があります。
 オウム内で、しっかりした銃が別に完成していたとは聞いてないし、集団内にあそこまで腕のある人はいないし、不思議だった。直後にロシアに帰ったみたいなぞと言わてたスナイパーかと思っても、そんな人はいないみたいで、かつそぐわないし。
 刑事警察が割り出し、自ら認めていた中村某氏、なのだろうと。
投稿者:まさ
ちょっと思い出したんですが、
例の清水三姉妹の洗脳を解除した苫米地英斗博士が、警視庁のK元巡査長が公安警察スパイで、警察庁長官襲撃事件の真犯人だって未だにいってますが、どう思いますか?
彼はこの警官のカウンセリングを警察当局の依頼で実行して名を売ったんですけど。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ