12名の死刑執行回避署名−お願い  カルト・宗教・犯罪

**1つ下の記事にて、ブログは随時更新しています。**

オウム真理教家族の会(旧−被害者の会)主催の署名のお願いと署名用紙は下記です。できれば、署名に協力して下さって、お送り下さるようお願いします。PDFは下記

「死刑執行回避署名のお願い」は
20111121201307566.pdf
「12名の死刑執行回避を求める要請書」は
20111121201232499.pdf

また、同会のサイトが2014.6、下記にできました。
http://aum-kazoku.boy.jp/  
2011.11.21の同会の声明は
20111124102416952.pdf

私自身、真実、この12名を死刑にしてはならないと確信します。詳しくは、下記2011..11.21の記事に書きました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20111121/archive

署名の問い合わせ先、送付先は下記です。
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-69 とらすと法律事務所 気付
オウム真理教家族の会 会長永岡弘行   電話045-680-0720

なお、下記にご留意を。
・氏名はフルネーム必須(苗字のみは不可)
・住所は自宅番地までの記入必須(町名までの記入は不可)
・本人が直筆で署名する事が必要
−点字可、書けないなどの特別事情あれば代筆可
・年月日は記入しても記入しなくても良い
・押印は不要
できれば5つの署名欄を満杯にして欲しいが、無理ならばそうでなくても可
94

2017/3/27

安倍首相の森友事件疑惑のつき6つ  憲法・社会・官僚・人権

 どうにもFBに書き込むの方が気楽なので、そちらに書いてしまっています。その中の私の書き込み6つ転載とその1を書きます。

その1−私、ブログで、森友学園事件が発覚した直後、首相が米国に行く直前の2月10日前には、帰国後の2月10日過ぎの解散可能性を書いたりしたんですが、まあ、今更解散しないのではないかなあ、と思います。でもまあ、一寸先は闇だな、と。

その2― 安倍首相の証人喚問も、強く要請していいはずなんだが。それこそ、筋が通ってると思うが。で、来週、解散かな。

その3― 安倍首相らへの「忖度だった」という人たち。「忖度」主張はオウム事件の麻原弁護団と同じでして、そちらは認められず。「鶴の一声」があった蓋然性ありと判断するのが常識的なこと

その4― SPなら別だが、「私人に公務員5人をつけた」というのだから、それ自体が安倍政権の大きな政治責任

その5― 「忖度」と決まったものではなく、鶴の一声、一電話の蓋然性もある。なにせ2015.9.3-5の首相の動きは不自然あり、安倍妻は、講演で、籠池氏と安倍晋三氏が、電話で話してもいると話しちゃったんですから

その6−
1―で、廃棄物は、土地の下に本当に埋まってるの?どの程度?正しい費用見積もりは?国政調査権の予算を使って、国会で調べられないのかなあ。
2―籠池氏立合いの弁護士は知り合いの人でまあ驚いた。前の弁護士は証人喚問されるべき立場です。籠池氏いわく、彼が払下げ過程を知っているとし、依頼者たる大友学園・籠池氏は話していいと言ってる以上、守秘義務にて拒否なぞと言えなくなりました。
3―安倍昭恵さんFBの3月23日夜、籠池証言に対する弁明の文章ですが、これは官僚の文章だなあ。私、時にこのFBを見、2月10日前にこれ大問題だよと書き込みもした。ご本人は「今日」としばしば使っていたが「本日」だもん。最後の方で曖昧、逃げの文章を書く能力を持つ官僚の文章だな。
4―「首相妻たる私人」でもなんでもいいから、証人として出ないといかんです。前の弁護士も、多くの官僚らも勿論、そして廃棄物調査を。拒否する勢力がこの問題を隠したい人たち、今、何としても証言・調査をさせないといかん。

その7― 2015.9.3-5のこと、よく整理されてるので、紹介までに
http://critic20.exblog.jp/26529539/
******
2015年9月5日がどういう日だったか、基本的な事実を思い出せば、事件の主役が安倍晋三であり、昭恵は晋三の代理人で使者(パシリ)であることに気づく。
 9月3日、午後2時17分から27分、財務省理財局長の迫田英典と面会。
 9月4日、午後0時39分、大阪市中央区の読売テレビに到着。午後4時7分、大阪市北区の海鮮料理店「かき鉄」に到着。故冬柴鉄三の次男(冬柴大)らと食事。
以上が2日間の首相動静だが、同じ9月4日の午前10時から11時、近畿財務局のビル9階において、森友学園の工事関係者と近畿財務局の池田統括管理官と大阪航空局の担当者が面会、土地売却費用について交渉
 9月5日、昭恵が塚本幼稚園で講演、名誉校長に就任した。
 9月4日の「かき鉄」の会食の後、冬柴大が高槻支店次長を務めていたりそな銀行から、後日、森友学園に建設工事費として21億円が融資された。また、9月4日、国交省から森友学園に6000万円の補助金交付が決定され、プレスリリースで告知されている。簡単に言えば、9月3日から5日にかけての3日間は、安倍晋三が「森友学園プロジェクト」を大きく動かして歩を進めた3日間であり、9月5日の昭恵の幼稚園訪問と現金供与は、その締めの儀式を意味する行動で、100万円は籠池泰典へのカンパの意味だったのだろう。
******
3

2017/3/21

百かゼロか  日常のこと

 何にしても百かゼロかで判断したがるのは困るなあ、と思う。

 人も集団、組織も全一的に正しい、聖人君子、無謬なんてのはあり得ないのだから。

 過去、何人もの立場ある人、組織での不倫事件その他の下半身事件、金銭事件、連帯保証事案などなど代理もし見てもき、その発想での極端な潔癖性、極端から極端に走っての悲劇をいくつも見てきた。自死してしまった人もいた。本来の相手方が喜ぶ事態になったこともあった。

 それは、破壊的カルトから抜けた時に、「ポッカリと心に穴が開き→自己嫌悪→元のグルや主義主張を憎む」過程とも似て、途中、新しいグルを求めたがる心理にも似ていると思う。いつか、これらを乗り越え、百かゼロの発想を無くしてほしいと願う。

 今、時には「どんな経緯があっても他に甘く、時には自分に対しても甘くてもいいんじゃないですか」なんて言ったりもする。合言葉はボチボチ
5

2017/3/14

解散しておけば、なぞと考えているか  憲法・社会・官僚・人権

このブログの2月7日と、

森友学園疑惑が発覚した2月9日、下記の通り、

「2月10日過ぎに解散、3月12日衆議院議員選挙か」

とか書いたのだが

そうしておけばよかった、と

今、安倍首相は思っているかも、と。

もう、遅い。

http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20170207/archive

http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2127.html
5

2017/3/13

オウム事件からみた共謀罪  カルト・宗教・犯罪

「オウム事件からみた共謀罪」として、まとめて書いておきます。

 戦後最大の治安事件でありテロ事件である1995年発覚の「オウム事件」につき、参考までに述べておきます。
 日本は原子爆弾を2回落とされ、化学兵器サリンを無差別大量殺人のために2回使われた国になってしまった。あれは内乱でした。
 そしてオウム事件は、共謀罪があれば止められたというものではなく、警察が当時の法律を適用してまともに機能していれば止められたものです。逆に、共謀罪などあっても警察がまともな感覚にならなければ止められないものです。


1―最初の事件は静岡県富士宮市での1988年の男性水死虐殺事件であり、次は1989年2月の同書での男性首折虐殺事件です。それら遺体を焼く臭いなど通報があったのに、消防・警察の連絡や感覚が鈍く調べに入らなかった。

2―その頃には、未成年の子どもら行方不明になったと親から、次々と世田谷区赤堤にあった東京道場を管轄する警視庁初め、警察に相談があったのに、警察のまともな対応がない。宗教法人になったのは1989年8月25日ですが、その前から危ない団体でした。

3―その頃には、地元の小学校に親子連れで出家していた子供らが通ってこないという学校教育法違反もありました。静岡県警の問題です。

4―1989年11月の坂本弁護士一家殺人事件では初動捜査のミスと、オウムのバッジが遺留品にまでなっているのにしっかりとした取り調べに入らなかった状況でした。神奈川県警の問題です。

5―1990年2月の衆議院議員選挙では、東京の世田谷区世田谷2丁目だったかなその1軒屋に住民票118人だったかな集約するという異常な住民基本台帳法違反、公職選挙法違反があり、多くの弁護士にて告発したのに、警視庁はまもとに対応しなかった。

6―1990年5月だったか私へのフィルム奪取事件では山梨県警が動かなかった。

7―1990年10月には熊本県の国土利用計画法違反では、早川死刑囚らを逮捕し指紋が損傷紋であったのにそれらが神奈川県警と情報を密にしていなかった。

8―1990年以降、「事務所」名目などで建てたのに道場や宿泊施設になっていたり、建築確認通りの建物でないのに対応していなかった建築基準法違反を放置した。川から大量の水を採取する河川法違反があっても、放置した。山梨県警です。

9―1991年、1993年には関係者宅から盗聴器が発見され、私が関係して現物まで発見した警視庁の三鷹署関係でも動かなかった。

10―1994年6月には松本サリン事件、科学捜査がまともになされず、実に遅れた。長野県警、そして化学兵器サリンなのだから、公安警察を初め、確実に警察組織全体の問題です。

11―1994年には、宮崎県、山梨県内では信者拉致事件が、東京のオウム真理教医院では不審死が続いたのに警視庁が動かなかった。

12―1994年9月、盗聴器がオウムと戦ってきた村民2軒から発見されたのに警察が動かなかった。公民館の1つなどはなんとテレビ局が発見した。地元の静岡県警富士宮市署や富士吉田署は、1994年秋以降、オウムから監視されていて警察はむしろ盗聴されているのを恐れていた

13―1994年夏には薬物使用が、1994年秋には内部虐殺事件を、私が直接の情報提供者の陳述書を渡し、その調べなど要請したのに神奈川県警が対応しなかった。1994年11月には薬物使用の後3日目の脱会者から血液採取の了解も得られたのに警察は対応せず、私が医師に依頼して血液採取・保存までしてもらったのに、鑑定をしてくれなかった。

14―1994年9月20日江川紹子さん宅がホスゲンガスで攻撃されたが、神奈川県警は鑑定その他をせず、10月4日からだったかな江川さん宅と、私の事務所・自宅を24時間警備するにとどめた。

15―1994年11月3日には、私から、あらためて各警察・検察庁にも、教団が末期症状であること、松本死刑囚がお山の大将で我慢できず外部への攻撃衝動、崩壊させる喜びを追及している、捜査が近い時にこそ危ないなどと、各種情報、説法とともに知らせているのに、まともな対応がなかった。1994年12月末には、事務所に来た県警幹部から必ずや近く捜査に入るから、役立つのこと、内部虐殺のことは、他の弁護士を含め一切伝えないよう「保秘」を改めて要請されたのに。

16―1994年12月の水野さん、浜口さんVX事件、1995年1月4日の永岡さんVXの事件があったのに、警察がまともに対応しなかった。永岡さん事件なぞ6日、私が安坂所に怒鳴り込んで「今実況見分しておかなかったら途方もない失点になるぞ」と脅かしてようやく見分した有様だった。科学捜査が不十分で、当初スミチオンと判断し、自殺未遂だと決めつけ。警視庁の奥の部屋で私に対して湯呑にスミチオンを入れて私に嗅がせ、「永岡さんはこれを飲んだんだ、事情を分からないが自殺未遂だ」と断言してはばからなかった。警視庁の大きなミスです。

17―1995年1月上旬から私の自宅に保護した拉致事件被害者であり、内部虐殺、薬物のことを知っている元出家者につき、ようやく調書取りが始まった。滝本太郎自宅での員面調書、検面調書なぞを作り、またようやく髪の毛を採取しての鑑定により薬物使用が証明もされた。

18―1995年2月末の公証役場人事務長拉致事件では、直ちに教団の関与が疑われたのに、警視庁は直ちに教団の監視を始めなかった。
 その直前には、私から「心覚え」としてヴァジラヤーナに入っている50名ほどの名簿を示し、取り調べ手法の在り方も示していたのに。警視庁捜査1課特殊班には、私が提供した教団が使用している車両300台、出家者数百人の個別情報を、なんと改めてまた渡すほかなかった。

19―1995年3月中旬の、霞ヶ関駅構内での噴霧器事件では、直ちに教団だという声が各所から上がったのに、警察の監視が始まらなかった。その子、私は「もう戦争が始まっているのに、なぜ気づかないんだ」という教団ビラを警察に提供もした。警視庁の問題です。

20―ちなみに、団体全体を見る、監視などして一網打尽に解決しようとする「公安警察」が動いたのは、1995年3月30日の警察庁長官銃撃事件の後です。現在は「以前からS、スパイを入れていた」などと言っていますが、どうみても大嘘です。公安畑は、とんと資料がないことを訴え、私から、改めてこの部署あてに、私が把握していた車両300台、出家者数百人の個別情報を、なんと改めてまた渡すほかなかった。公安警察の問題です。

 すべて、警察の感覚が鈍かったからです。「宗教の壁」「管轄の壁」「科学捜査の壁」と言っても良いと思いますが、当時の刑事罰の法律、捜査に関する法律でも、警察の感覚がしっかりしていれば、このような実質的な犯罪行為を摘発することに拠り、止められたものです。「共謀罪」なぞ、オウム事件でも不要でした。警察は、テロリズムをどういう者が起こすのか、それを知って鋭敏に対応することこそ、もっとも大切であり、実質犯罪に至った事案にまともに対応しさえすれば、オウム事件も止められたのです。


 ちなみに、これら警察のミスが認められたからこそ、私へのサリン攻撃事件を含めてこれらテロ事件につき、国から被害者への給付金を支給する法律ができたのです。下記です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H20/H20HO080.html

なお、
1―「共謀共同正犯」の何がいけないの?、ヤクザの親分も捕まるようにしておかないと、などと思っている人がいる。違うのだと。犯行に着手もしていない、予備行為もしていない段階の「犯罪する合意」で捜査・処罰できるのだと。これはっきり言わないといけないです。

2―「共謀罪」という一つの刑罰ができると誤解している人がいる。違うのだと。法律は一つでも、200以上の新たな「共謀」も処罰する刑罰ができるのだと。「新たなな刑法を作るようなもの」と言わないといけないです。

3―すでにある予備罪・陰謀罪の一覧は下記です。かなり十分ですね。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2123.html

4―また、日本は既に13のテロ防止関連条約を締結し、これに応じた法制ももう備えています。
1 航空機内の犯罪防止条約(東京条約) 
2 航空機の不法な奪取の防止に関する条約(ヘーグ条約))
3 民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約(モントリオール条約)
4 国際的に保護される者(外交官を含む。)に対する犯罪の防止及び処罰に関する条約(国家代表等犯罪防止処罰条約)
5 人質をとる行為に関する国際条約(人質行為防止条約)
6 核物質及び原子力施設の防護に関する条約(核物質防護条約)
7 1971年9月23日にモントリオールで作成された民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約を補足する国際民間航空に使用される空港における不法な暴力行為の防止に関する議定書(空港不法行為防止議定書)
8 海洋航行の安全に対する不法な行為の防止に関する条約(海洋航行不法行為防止条約)
9 大陸棚に所在する固定プラットフォームの安全に対する不法な行為の防止に関する議定書(大陸棚プラットフォーム不法行為防止議定書)
10 可塑性爆薬の探知のための識別措置に関する条約(プラスチック爆薬探知条約)
11 テロリストによる爆弾使用の防止に関する国際条約(爆弾テロ防止条約)
12 テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約(テロリズム資金供与防止条約)
13 核によるテロリズムの行為の防止に関する国際条約(核テロリズム防止条約)
12

2017/3/11

市の自由通路の自由利用について。  カルト・宗教・犯罪

海老名、自由通路でのフラッシュモブ訴訟、3月10日、被告海老名市は控訴しないと発表、良かったです。
判決文は手堅い書き方でした。
類似紛争に広く強い影響を与えさせないと


 まあ市長は「条例を適用すべき事案に該当しないとの判決を真摯に受け止める」という言い方をしており、判決文が条例を憲法違反と判断したのではなく、それを厳粛解釈して該当せず、としたことのを了解した形になりましょう。

募金や音楽活動は1u1回650円とかだもの、本件は「占有」しているとはいえず、各所で数分間または移動しての宣伝活動だもの。
 
判決文は「…自由通路における多数の歩行者の安全で快適な往来に著しい支障を及ぼすおそれの強い行為であったと認めることができない。−−本件条例の解釈適用を誤った違法なものである。」と言うことを書いてます。

 この判決により、この自由通路にて、誰も無限定に色々やっていいとは読めない、と。課題はその限度なんだろうと。条例を改正したり、しっかり議論しての基準を作らないといけないだろう、と考えます。


 判決は下記など。判決文は匿名化して誰かアップしてないのかなあ。どこかにないかなあ、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00016313-kana-l14
http://chi9sta.exblog.jp/23185948/
 上訴せずは下記の日経新聞より 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10HEW_R10C17A3CC0000/ 

 横浜地方裁判所第一民事部の裁判官3名と、原告団と、大川先生ら弁護団5名に、深く敬服します。
6

2017/3/7

重水素実験、って  知識人の責任

以下、大問題なのかもしれず書いておきます。

大学共同利用機関法人自然科学機構、
核融合科学研究所(岐阜県土岐市)での
大型ヘリカル装置(LHD)を使った重水素実験って
この3月7日から開始


大丈夫なのかな。よく分からない。
トリチウム=重水素も知られていないことなんだろうと


重水素実験に対する抗議文はこちらです。
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1745

同研究所の説明は、こちらです。
http://www.nifs.ac.jp/170215.pdf
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ