12名の死刑執行回避署名−お願い  カルト・宗教・犯罪

**1つ下の記事にて、ブログは随時更新しています。**

オウム真理教家族の会(旧−被害者の会)主催の署名のお願いと署名用紙は下記です。できれば、署名に協力して下さって、お送り下さるようお願いします。PDFは下記

「死刑執行回避署名のお願い」は
20111121201307566.pdf
「12名の死刑執行回避を求める要請書」は
20111121201232499.pdf

また、同会のサイトが2014.6、下記にできました。
http://aum-kazoku.boy.jp/  
2011.11.21の同会の声明は
20111124102416952.pdf

私自身、真実、この12名を死刑にしてはならないと確信します。詳しくは、下記2011..11.21の記事に書きました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20111121/archive

署名の問い合わせ先、送付先は下記です。
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-69 とらすと法律事務所 気付
オウム真理教家族の会 会長永岡弘行   電話045-680-0720

なお、下記にご留意を。
・氏名はフルネーム必須(苗字のみは不可)
・住所は自宅番地までの記入必須(町名までの記入は不可)
・本人が直筆で署名する事が必要
−点字可、書けないなどの特別事情あれば代筆可
・年月日は記入しても記入しなくても良い
・押印は不要
できれば5つの署名欄を満杯にして欲しいが、無理ならばそうでなくても可
94

2017/2/24

VXがまた使われた、驚き  カルト・宗教・犯罪

VXがまた使われた、驚き

(金正男氏暗殺・VXのこと、ブログを更新しました。メディアの方は、一部なりでも何でも転載利用して結構です。私の肩書は60歳、弁護士、オウム真理教被害対策弁護団や日本脱カルト協会のメンバー)

https://www.facebook.com/taro.takimoto.94
私の上記フェイスブックには何度か書いたけれど、金正男殺人事件につきVXが検出されたと、マレーシア警察が発表したんですね。VX検出に、今や最も有能だと思われる日本警察は協力したんかなあ。

今朝のテレビでは、パラチオンメチルのようなことを報道していたので、ふーん、そこまで毒性強かったのかなあ、顔に塗るような粘着性はあるのかなあ、と不思議に思っていたのだけれど

 私への事件で、麻原死刑囚らが起訴され有罪が確定しているのは、1994年5月9日の甲府地裁駐車場での自動車空気吸入口へのサリン攻撃でした。空気遮断ばかりしていたからか、目の前が暗くなる程度の症状ですんだ。後に記憶が喚起されたが確かに運転途中に2度吐いてもいた。私は顔をやたら洗ってたのも良かったかも。あの頃、クモ膜下出血の前兆かなあとも考え、症状を述べて脳ドック検査を急きょ受けたなあ。その医師まで証人に出てもらい、申し訳なかったです。ああ、自動車は裁判のために任意提出させられそのまま廃車になりましたあ。悲しい。。
 副生成物メチルホスホンサンモノイソプロピルが検出されたから、確実とされた。洗車をろくにしていなかったのも良かったかと。まああ直接の実行犯はオウム集団に出家していた麻原の愛人にされていた17歳の女性で、被害者の私が実質「オウムを脱会しているのならば、早く釈放してあげて、不処分にてお願い」とし、弁護役でした。

 VXは、自宅駐車場に止めた自動車のドアノブに、その9月中旬に、ポマードに混ぜて塗られたもの。調書上、ポマードを買った店やらまですべて書いてあったが、なんか副生成物が出ず、未完成だったかも、としてこちらは起訴にならず。皮手袋のまま接見水で手を洗ったのが良かったのかも。それでもまあ、あの頃、車内ではやたら鼻をかみ、涙が出ていたなあ。1日でティッシュ箱1つがなくなったこともあったなあ。10月4日あたりから、私と江川さんの所が24時間警備になったところ、後に警察が言うには10月にも4回オウムが来ていた、1回は新実がフェンスを越えようかと迷っていた。あれ越えて逮捕していれば大手柄だったんだがなあ、などのことでした。

 私の上記の後に、VXは3つの事件で使われ、起訴有罪となっている。カナリヤの詩にも麻原判決があります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
の中の「]T VX3事件(1994.12.2の水野VX事件,浜口VX事件1994.12.12,永岡VX事件1995.1.4)」です。私へのVXのことも書いてある。
VXも、サリン、ソマンとか、パラチオン、スミチオンと同じく、有機リン系で、コリンエステラーゼに作用する神経毒であり同じ部類です。で、VXの毒性は、パラチオンメチルの1000倍くらいではないかな、揮発性低く粘着性があるので、個別暗殺に役立つ、と。

今回、VXなのに他の薬剤の名がいったん出たのも、何らおかしくない。永岡さん事件なぞ、私が赤坂警察署に1995年1月6日だったかな、怒鳴り込んで「今、直ちに実況見分とかしないと、後に大失態になるよ」と重ねていって、ようやく見分したんだもんなあ。それでも、警察は当初、スミチオンであり、それを永岡さんが飲んだ自殺未遂事件なんだ、と1月中旬言っていたものです。
 たしかに、VXなんて想定しておらず、対照すべき標準スタンダートドがないのだから、そう判断したのだろうけれど。ひどいもんだった。警視庁の奥の方の部屋で、警察官が湯呑にスミチオンを入れて、私にかがせて「こんな臭いものを一杯飲まなければああならないのだから自殺未遂だという外ない」なぞと、言ったんだもの。警察には、私は「サリンでは!!」s申していました。ああ、オウムも「攻撃されている!!」のチラシなのに、どこかで「スミチオンを検出」の結果票を出しており、説法ではVXと言うのもある、とか言っていたなあ。
 永岡さんは、慶応大学病院にて、ともかくも有機リン系だと分かったので、適切な医療を受けられた。だから、何とか死なずに済んだものでした。


 今回の事件、私は当初、注射針で刺されたのかと思って、VXならばまさに直ちに反応が出る筈だがと思っていたが、
・針の跡のなどなく、とのことであり、少し時間がかかってもおかしくない
・オウム事件と同じく、垂らしただけならば時間が少しかかってもおかしくない
・泡を吹いていたとか
・女性2人が手を直ちに洗いに行ったとか
・皮手袋をさせていた?
と聞いて、VXの可能性が高いと思ってきた。

 これから先、パムとか硫酸アトロビンを、実行犯の解毒用に用意していたとか、直前にパムを実行犯に施用させていたとかなれば、より確実になろうと。
 でもまあ、VXを顔に手で塗られたという事であれば、組織としては「女性2人も死亡」ということにしたかったのではないかなあ、と推測してしまう。

感想としては下記です
「驚きました。VXは、監視が緩かったとはいえオウム集団でさえ製造使用されたのだから、暗殺に使われても全く不思議がないが、再び使われた、と。作るのは高度な専門家と規模が必要だから、この女性2人のみでできず、国家的な犯罪だと思う。
 女性の手で被害者のに塗られたなどということからすると、この女性2人の死亡もむしろ予定したのかな、とも推測する。
 このやり方は、私への攻撃がポマードに混ぜて自動車のドアノブにつけるものだったので、北朝鮮がそれに学んだのではないかな、とも推測し、改めてオウム事件につき底冷えのする恐ろしさを感じる。今回の事件に、強い驚きと怒りを覚え、オウム事件を改めて想起した。」

4

2017/2/15

ふるさと納税−御礼の限度を  憲法・社会・官僚・人権

 ふるさと納税って、限度額は納税額との関係では設定されるけれど、超高額納税者において例えば限度額100万円とかにはなっていないんですね。それにより、御礼の品をやたらもらえる。
 おかしいよ、それは。富裕層が更に得する制度ではないか、と。対策として、御礼品の限度を決めるべきと思う。100万円を各所にふるさと納税すれば合計20万円ぐらいの価値のものをもらえるのはおかしい。合計価値で制約すべきだが、うーん制約方法は難しいなあ


 で、この番組みて思った。
https://www.facebook.com/taro.takimoto.94


 富裕層・権力者層としては、
「相対的貧困と言ったって工夫して制度利用をしっかりすれば飢え死ぬ訳ではないのだから、不満を言うな。大昔の貴族以上の生活はしてるじゃないか、貧困国の最下層部分を見ろ」
というような発想なのだろうな、と思う。

 それは、同じ国に住むものとして実に悲しい発想だが、つぎあての服は当たり前、下着もつぎあて遇った世代からすると一部の説得力があり、悩むものです。

 それでも、富裕層に対しては
「足るを知っていいのじゃないの?」
「機会均等を目指していかないと富裕な生活も実に危険なことになりますょ」
「富を他に分かち合った方がもっと幸せになれますよ」

と申したい。

 大きな屋敷に一人住まいとか、やたら資産があっての相続争いとか見たり、富裕層の一部の汚い搾取ぶりとかを知ると、それで幸せかしらと思い、つくづくと言いたくなる
5

2017/2/9

辞職か、解散か−2月10日過ぎ−  憲法・社会・官僚・人権

しっかしなあ、「2月10日過ぎに衆議院解散、3月12日選挙?」の可能性、やたら高くなってきてないかなあ。
−このままだと安倍内閣、じり貧になるのは目に見えてきているんだから。1は安倍首相への疑惑、2.3は各大臣の辞職が当たり前のことなんだから。

http://www.asahi.com/articles/ASK264H4YK26PPTB00J.html

1―安倍首相の妻が名誉理事長、付き合いのある学校法人森友学園が、道路反対側の土地の10分の1程度の価格で国から払下げをうけたみたい。登記上、しばしばみられる買い戻し特約が付いているが、その金額は通例は売渡価格と同じもの、反対側の土地も、豊中市という公共に売っているもので、金額の比較もし易すぎる、と。
 それも教育勅語バリバリの「塚本幼稚園が、私立塚本小学校を作ろうとしている一環だと。なんとも。
 これ、本来は内閣が吹っ飛ぶ話です。

2―金田法務大臣の、共謀罪云々(云々は安倍首相いわくデンデンだったか)で、ハイジャック法などで対応できること名に必要な例としてかかげ、ついには法案提出前に質問しないでと文書出した撤回という有様

3―防衛省で、南スーダンの昨年7月の日報が廃棄されたとしつつ、やはり出てきた、そこには「激しい戦闘」という報告があったこと、稲田防衛大臣の8日「(戦闘行為と言わないのは)憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではない」などと答弁したこと−これはもはや詭弁でさえなく、語るに落ちたというものです。言葉のまやかしをしたのであって「もう私は南スーダン」から撤兵させたいので、恥を忍びつつ、首になってもいいので述べました」という後の話があってもいい、ぐらいの話です。
6

2017/2/8

「生粋の日本人会」への書き込み  憲法・社会・官僚・人権

下記は、フェイスブック「生粋の日本人会」という所に書き込んだ文章の転載です。

 出されようとしている「共謀罪」について。
 うーん、比較的若い方が多いのかなぁ。「権力」というものに対して甘いと思います。それでも、この間の経済格差、非正規労働をやたら恣意的に拡げている日本において、資産の増殖をさせることによる大金持ち層、自民党などにやたら献金して、税金を安くしてもらっている富裕層、大企業の上位層の人ならば、まだ分かるのですが。でも、まずそういう人はいないのでしょう、私も同じ。

 「刑事法にさえもなる」というのは、権力者に武器を与えるもの、その好き勝手をしやすくさせるものです。サヨク、ウヨクとかの問題ではないんです。権力者は、いつ代わるかもしれない。甘すぎましょうと。 

 自分は、交通事犯とかで少し逆らったから逮捕とか、車内を調べられたらカッターナイフがあったから同行とかの事案も経験しています。主義主張など関係せずとも、警察官の機嫌が悪い時や成績を上げなければいけないときは、そんなものです。スピード違反の取り締まりとかで感じませんか。

 時の政権の出そうとする法律案を、どうしてそんなに簡単に信頼できるのか、ししまうのか不思議です。安倍さんが出そうと誰が出そうといかんものはいかんです。それは贔屓のひき倒しというものかと。「法律」っていったん成立したら、政権が代わっても継続するものです。警察はいろんな武器を広い裁量で使っていきたがるものです。ひょっとして、サヨク相手に使われるなら良いとかの感覚ならば、甘すぎると。

 刑事事件は、既遂が処罰の原則で、例外が未遂、更に極めて例外として「予備罪」があります。「陰謀」についても内乱、爆発物等については処罰規定があります。一部である理由は、被害もないのに処罰する必要はない、人は時にしょもない話し合いをしたりするのだから、たとえば窃盗の計画合意とか段階では、処罰しないものです。刑事法についての謙抑主義といいます。

 それが代わるのが今回の「共謀罪」。映画「マイノリティ・リポート」ってありましたね、あれは単独でも計画することで事前逮捕ということで、陰謀罪よりも広いがまああの世界です。ちなみに、今の日本でも殺人予備罪があります。殺人はナイフを用意して近づいていったとかで、判別しやすいもので、逮捕も処罰可能です。ナイフを持っていればそもそも銃刀法違反でもある。

 それがまあ、一般的な窃盗やら何やら、「共謀にて捜査、逮捕できてしまう罪」を作るというのです。大日本帝国憲法以来の、刑法の体系を変えてしまうんです。

 大臣は、ハイジャックでチケットを買った段階で処罰できるようにしたいなどと言ってましたが、おバカな話です。もう航空機云々の罪はあるんです。オウム事件に思い起こせば、共謀罪なんて意味がない。チラシにはその説明を入れましたが、警察が「まともな組織的テロ」を判別する感覚こそが大切だろうと考えます。一般的な、陰謀を処罰する罪など作る必要なんて、とんと無いんです。

 でも今、政府が作りたがるのはなぜか、最大の趣旨は「盗聴社会」でしょう。国内版エシュロンを作っていく根拠とするのでしょう。オーウェルの「1984年」とてもお勧めです。すなわち、「犯行の合意」が証明命題なんだから、メールやらSNS、電話盗聴が必須でしょうね。やたら広く盗聴、監視体制を作り、キーターム、特定の人の情報を集めていく、と。そして、ここのようなSNSに書き込んでいる人も特定すべき対象だろうと。

 そんな息苦しい社会は嫌だな、と。
4

2017/2/7

2月10日過ぎに解散  憲法・社会・官僚・人権

「2月10日過ぎに衆議院解散、3月12日選挙?」では、と。

−最大の理由は、解散がないかも、と思わせている今の段階での「不意打ち解散」こそ効果があるというところだが、以下こう考える理由を7つ。


1―トランプ米国大統領と2月10日に面談・色々合意して、メディア宣伝でそれなりにやってると思わせ

2―しかし、円安誘導ができなくなってきたし、赤字国債も限度でアベノミクスのメッキが剥げていくところ

3―東京都議会議員選挙の告示は6月23日で、まだ何とか4か月ほどある。
―公明党が東京都議会から始まり、自民党から離れてしまいそうなところ、選挙に協力してもらうべく離れさせたくない

4―東京都議会選挙をこのままさせてしまうと、小池氏与党(それも自民党だが安倍氏にとって邪魔)がやたら増えて、自民党の勢いがなくなる。

5―補正予算は通り、2017年度予算もまあ4月までに間に合わずとも、暫定予算で可能。

6―6月以降かしら、定数是正のための区割り変更を議論せざるを得なくなってきてしまい、多くの自民党衆議院議員がその前の選挙をと希望し、また地元あいさつ回りを続けており、限度である。

7―民進党の危機感が足りず、野党共闘はそうは進んでいないとも思われる
―直前に対抗馬が1人となっても、選挙区へのその周知、あいさつ回りさえも十分にできないものですもん

 以上からすると、ここで衆議院議員選挙を仕かけ、自民党ら与党で衆議院でまた3分の2をとらないと安倍政権の大幅な延長、念願の9条改憲、緊急事態条項を入れるなどできないから。
5

2017/2/6

共謀罪−説明チラシ汎用版  カルト・宗教・犯罪

なんとも
 なんかなあ、すでに犯罪着手前の犯罪類型はいっぱいあるのに、一般的な「共謀罪」を作るという、法律が出ようとしています。
 ですので、各所でいろいろ集まりなどあるかと思いますが、相変わらず治安維持法の再来ばかり言っているチラシが多いと。それでは分からないです。現在ある法律のこと、
オウム事件のことなど書いた説明用チラシを用意しましたので、どうぞご利用ください。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのPDFはこちら
vp20170206.pdf
 そのワードはこちら
vp20170206.docx
 テキストは下記です。

キョーボー罪 盗聴社会の 導火線
***********
● 「テロ等」の前につかまえるって、いいんじゃない ?
⇒ 殺人・強盗・放火にはもう予備罪があって事前にできます。万引きでも?
● どうやって証明する ?
⇒ 警察がやたら盗聴したり、顔のカメラ認証かな、誰かをしめ上げるかな。
● 悪い人だけつかまえるんでしょ ?
⇒ 昔の治安維持法も、「一般人には関係ない」とされたが結局、戦争体制に反対した共産主義者→民主主義者→宗教者→「敗けか」と口を滑らせた人にも。

************


「共謀罪」って ひとことでは ?

 共謀罪は、罪を計画段階から、つまり内心を処罰するもので『平成の治安維持法』、なんとしても止めなければならない法律です。
 「共謀共同正犯」というのとは違います。犯行に着手すれば共謀した人も逮捕・有罪になるのは、明治時代から当たり前です。
「共謀罪」は、「する前の犯罪の合意」で逮捕できる、やたら多くの罪でできるものです。万引きも「窃盗」として長期10年、「共謀罪」の対象です。

『国際組織犯罪防止条約』のためには必要 ?
 政府は、法律で定められている処罰が長期4年以上の罪の全ての犯罪(現在窃盗なども含む676)について、共謀罪を作らなければならないと言います。でも、このために共謀罪なんて作ったのはブルガリアとノルウェーの2つの国だけ。
殺人・放火・強盗や爆弾、サリンなどには、もう予備罪があります。内乱、爆弾、破壊活動には陰謀罪もあります。いらないんです。

「準備行為を必要とする」 としたからいい ?
 政府は、今度は「準備行為」をしたことを条件とすると言います。でも、お金を下ろす行為も、準備行為になりえると。さらに、準備行為がなくても「捜査の対象ではある」と言うんです。
 大臣は、ハイジャックするためにチケットを買ったら逮捕できるようにしないといけない、と例を出しました。しかし、これは「航空機の強取等の処罰に関する法律」の予備罪で逮捕できるものです、そう追及されてグウの音も出ず。
それなのに多数にものを言わせて成立させようとしています。

オウム事件とか、あれば、止められた ?
 オウム事件は、それまで坂本一家殺人事件などもあったのに1995年、地下鉄サリン事件にまでになりました。原因は、警察の感覚が鈍かったからです。
 被害対策弁護団らは、住民票を1軒屋に100人以上集中させたので公職選挙法などで告発、次々起こる拉致事件の告訴、薬物の使用や、内部での虐殺事件の情報を提供していたのに、警察は動きませんでした。その責任もあって、国から被害者への給付金を支給する法律ができたのです。
「共謀罪」なぞ、オウム事件でも不要でした。警察は、ホントのテロリズムにこそ鋭敏であること、それがもっとも大切なんです。

「盗聴社会の導火線」って なんで
 権力者って、なぜか盗聴や隠しカメラが好きです。
米国が日本の財務省、内閣や大企業も盗聴していたことが2015年、あのスノーデン氏により暴露されました。あの時、ドイツ首相などは強く抗議しましたが、安倍首相は「きわめて遺憾に思う」だけ。
日本の警察も、すでに「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律」を使って、組織犯罪や薬物・銃器につき、裁判所の許可により盗聴できます。
でも、許可がない盗聴や監視も好きです。2016年6月、大分県で、警察が民進党の参議院議員選挙運動の拠点に、監視カメラをつけていたことが分かりました。出入りしているのが誰かを調べ、少しのことで逮捕・捜索して票を減らすつもりだったのか。税金で選挙妨害の仕事をしていたのです。
今、街中にはやたら監視カメラが増えてきました。顔を認証するシステムと相まって、心配です。
共謀罪ができれば、「犯罪の合意」を証明するため広く盗聴することになります。

どうか、ご協力ください。家族・友人に伝え、地元の市会議員、県会議員そして国会議員にいって下さい。

※ 盗 聴 社 会 は 嫌 だ 
※ キョーボー罪はいらない
***********
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ