オウム事件―真相を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

参考の判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にて
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。

―裁判所の判断文章だけでこれだけあります。私とて実はすべては読んでません。日本司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。

 どうぞ、「真相究明」を言うならば、まずはこれを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。
 そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。


・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。1つ2000円しません
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

―「真相究明」を言ったり、名乗ったりするならば、この程度は読み込んでおかなければ恥ずかしく、真摯さがないという外なく、また司法制度と言うものすべてに対する侮辱でもありましょう。

・なおうち、地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された教祖の指示の抜き出しなどはこちら。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちら。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html
50

2018/9/18


備忘録にて―写真付き4つとプラス4つ
2018.9.20 「日本が政治的・経済的に終わった日」
になるのかなあ。


順番に整理してみました。
1−2018.9.12 東方経済フォーラムの壇上
プーチンが「年内に前提条件を付けずに平和条約を締結しよう」と提案。通訳を通じて聞いた安倍首相は苦笑の表情のみで、何も言い返さず。
−既成事実がまた一つできてしまった
クリックすると元のサイズで表示します

2−2018.9.16 NHK日曜討論
安倍さん−「ただ私の妻や私の友人が関わってきたことでございますから、国民の皆様が、疑念を持つ、疑惑の気持ちを持たれるというのは当然のことなんだろうと」
−これ、自白と言います。「関わっていたら総理大臣も議員も辞める」と言ったのは誰だったか。

クリックすると元のサイズで表示します

3−2018.9.17TBSの番組、加計氏とのゴルフについて。
安倍さん―「星さん、ゴルフに偏見を持っておられると思う。いまオリンピックの種目になっている。ゴルフが駄目で、テニスはいいのか、将棋はいいのか」などと反論した。
−安倍ヨイショの人は、ゴルフがオリンピック種目なのはその通りじゃないか、嘘はないって言うんだろうな。
論点が違うと。腐敗・友達優先の戦略特区の問題なんだと

クリックすると元のサイズで表示します

4−2018.9.17TBSの番組
杉田水脈議員のLGBT「生産性」の発言について
安倍さん−「(杉田議員は)まだ若いですから、そういったことをしっかり注意しながら仕事していってもらいたい」
石破茂−あり得ない発言、多くの人達を傷つけた、多様性と言って済ませる問題ではない。自民党比例区一位で当選した議員である以上、自民党として国民に経緯を説明すべき。
−あちゃ国会議員だろうが、なお51歳

クリックすると元のサイズで表示します

ああ、下記もあったんだった

2018.9.14 日本記者クラブ
安倍さん「あの、拉致問題を解決できるのは安倍政権だけだと私が言ったことは、ございません。これはご家族のみなさんがですね、そういう発言をされた方がおられることは承知をしておりますが」

2018.9.14 日本記者クラブ
安倍さん「今の安倍政権がとっているのは『トリクルダウンの政策』だと石破議員から発言がありましたが、私はそのようなことは一度も申し上げたことはございません」

2018.9.15 テレビ朝日報道ステーション
安倍さん「政治家というのは、学者でもなければ評論家でもありません。正しい論理を述べていればいいということではない」

2018.9.15 テレビ朝日報道ステーション
−斎藤健農水相が、「内閣にいるんだろ。石破茂元幹事長を応援するなら、辞表を書いてからやれ」と恫喝されたことにつき―
安倍さん、橋本龍太郎と小泉純一郎が争った1995年総裁選のエピソードを持ち出し「私も小泉応援団だったんですが、そんときわれわれもですね、一度、けっこう圧力をかけられてねってことを結構、みんな言ったんですが」
富川アナ「実際にそのときは(圧力が)あったんですね?」
安倍さん「いや、ほとんどないんです(笑)。ないけど、われわれもそう言ったほうが、いわば陣営かわいそうだなっていうことにもなりますし。ただ、実際にあったかもしれませんし、私にはまったくなかったな」
9

2018/9/18

警戒を要する方に  カルト・宗教・犯罪

メディアでの発言やカルト対応は、時に危険です。
弁護士なども、もとより時に危険な仕事です。

どうぞその時期かと思われる方は、ご留意を

メディアで目立ったりし、ネットや電話で、相応の危険性を感じるようになった場合の心得です。

まずは、下記を習い性に。
・ホーム先頭に立たない
・下り階段では手すり
・自宅・事務所は常に鍵
・出るときは、必ず周囲を見てから
・写真の残るインターホン
・電話録音体制
・道は時に変える、曲がれば振り向く
・3時間、3週間、3か月後の警戒

 具体的な裏付けあることがあれば、地元警察に相談し、その重点警備、携帯の所在確認了解し、諸電話の110番特例をしていただくなど。

 できることなら、生命保険を増額しておくのも安心につながると。


 なお、「集団ストーカー」については当職は対応できず、警察も対応してくれないと思われます。申し訳ないです。
6

2018/9/17

支援者らが加害者となり得ること  カルト・宗教・犯罪

20年近く心配する人がいる。

的違いのカウンセラー・支援者そして精神科医の誤診により(20歳前の人の話をそのまま信用され、過去から継続している)虐待事例とされ、行政も従ってきた。その医師の著作に書いてさえある。

 少しでも調べれば連鎖した虚言だと分かるものを。裏付けある説明により多くの支援者は離れ、後医から再診断と謝罪があったが、手遅れ。

本人はもう嘘をついてきたという認識もないのだろう。
今も少人数で共依存ごっこというべきことをし、次の世代への連鎖となっているみたい。
高齢化していき、いつかは何とか再構築を、と思っている。

 そう、カウンセラーや支援者の一部は、自分の心・難題が解決方向になってもいないのに、人の心や難題に付き添おうとして的外れの害をなす。
真の目的は、自己分析されたら?と言いたくなってくる。
7

2018/9/14

オウム集団  カルト・宗教・犯罪

 オウム集団、アレフらが、「メジャー宗教−知られている−」なんだ、と分かってない宗教学者も、メディア関係者、そして一般人が、まだまだ多い。
 そして、オウム集団のヴァジラヤーナの戦士(=ホントに目的のためには手段を選ばない)は、1995年当時は50人そこそこだったが、今は2-300人いる、違いはグルがいないだけなんだ、と知られていない。
12

2018/9/14

内乱予備罪で告発だと  憲法・社会・官僚・人権

https://yuruneto.com/abe-nairanyobi/
https://www.youtube.com/watch?v=HleK43TrFCY
 ああ、平野貞夫氏は、なんちゃって科学の「EM菌」やら「ナノ銀除染」にも幻惑されてしまう方であり、物理的にあり得ないと間違いを指摘されても修正しないので、困ったものだと思う。頑なになられて、真実告発してしまったと。

 武器、人員の調達などが内乱予備罪であり、策謀は当然にははいらない。まして、首相・総裁としての施策の推進、国会の議決を含めた行為によって内乱の策謀なぞとするは、無理筋に過ぎる。

 憲法が保障している罪刑法定主義、刑事法の謙抑性もいったいことをどう考えたのかしら、と。

 だから付き合う弁護士も現在のところ一人だけ。まあ過去、冤罪事件で争ってきた著名な弁護士も、高齢となった後、神戸連続児童殺傷事件さえも冤罪、陰謀などと言い始めたから、他にも就くかもしれないが。

 告発を受理したのなら、安倍氏側から虚偽告訴罪での逆告訴も可能なわけで、反宣伝に使われうる。なんとも、と思う。

 仮に、政治的にアピール力あるから、と思ってしたとすれば、あまりに感覚がずれている、甘すぎよう、と。ちょうど、気持ちのままに安倍氏にヒトラー顔を重ねた看板などで宣伝することで気を晴らすのと同じ―あれは未だ態度を決めていない人は離れるだけです―ではないか、と。

 そして、阻止したい側の分裂を促進させてしまうから、利敵行為だとまで思ってます。メディアらが書かないでいてくれることが、唯一の救いだと。

 焦りがあるのはとてもよくわかるし、言論戦で「静かなクーデターだ」と批判することは大いに賛成するが、これはいかん、有害無益でしょうが。


私、まあ2015年安保法の違憲訴訟についても、訴訟によるマイナスはないかもしれないが、その労力−弁護士の負担もやたら重いもの−を他に向けることこそが大切では、その合計数百人?の弁護士も、しっかりチラシを配り、駅頭で毎月2回ぐらい、声出ししてよ、という観点から、賛成してこなかったのでもありますけれど。
5

2018/9/13

森氏の麻原さん論法   カルト・宗教・犯罪

 森氏とのツイッター対話につき、9月5日に私の下記ブログに纏めてあります。 http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive

 森さん、同所で下記の森さんの質問に当方が答えているのに、当方指摘の二律背反につき説明がなく、正面から答えないのは回答不能、逃げをうったという下記のような麻原論法という外ないんですよ。

    クリックすると元のサイズで表示します

   ***********
森達也(映画監督・作家)
 一回だけ返信します。仮に二律背反だとしたら、その相反するAとBのうちあなたはなぜBだけを声高に攻撃するのですか。Bを選んだ理由は何ですか。まあ「A3」は二律背反などしていない。連載が終わってから三年近く推敲したのだ。もう一切関わり合いになりたくない。人生は短い。時間が惜しい。
   *********

それは、麻原さんの上記マンガ状況と同じだなあ、とまで感じます。

1−そもそも私のまとまった2015年7月文書に、反論しない、できないのが森さんでしたね。→ xb_unv2015.v.docx 

2−麻原の指示した動機を知りたいと言う前に、指示がない意味である一審弁護団の無罪主張「弟子の暴走」論に賛同する一方でどうして言えるの?、との指摘につき、今も口を拭ったまま。明白に二律背反だと認めるのかどうか。

3−認めないならば、まともな文章で応えないと。

4−その対応もできないどころか今回、「(意識を取り戻した)麻原を徹底的に追い詰めて、公開の場でとどめを刺すべきだったのだ」なぞと、制度上ありえず、新たな制度としても憲法上の黙秘権保障や「人民裁判」禁止に反したことを、平気で言う森さん、適正手続きも、憲法もあったものじゃないでしょうが。

  そんな論理矛盾・人権無視を言える森さん、
  オウム集団の拡大に助力して平気でいられる森さん
・ ご自身には、死刑問題、憲法問題などについて、一切口を出さないでほしいです。
・ 諸団体、宗派の方々、そんな森さんをそれら問題につき使うのは、見解を決めていない人、異見の人に対して説得力がなく、マイナスにしかならないことを理解されたし、です。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ