風箱とブログ記事について  お知らせ

兵庫県の丹波に居を構え、人の手の可能性と、木と風と音をライフワークに木の物作りをしています。

神奈川で生まれ育ち、1990年代、1年かけて原付で日本全国を旅しました。
一人旅時代の回想録と、日々の徒然を書き記しています。
そのままスクロールして本文に行って下さい。

旅の回想録は、幾つかに分けてある左のカテゴリーから選んで読んでください。
当時日記帳に書いたままを載せているので、現在進行形の形で記述しています。
そのため、施設や宿の所在の有無等、2017年現在とはかなり違っている所もあると思います。
その点はご了承ください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
8
タグ: 原付旅 一人旅 木工

2017/10/23  1:31

個展と台風21号  日々雑記

個展は順調に開催の運びとなりましたが、あいにく台風21号が近づくとは、なんともはや。
そんな中、来場くださった方々へありがとうございました。
楽しい交流の時間を過ごせました。
クリックすると元のサイズで表示します

一方、22日は早めに切り上げて、会場から急ぎ帰宅。選挙の投票もあったので。

走行中すでに強風が吹き荒れていてちょっと怖かったです。
自宅に帰ってもボロ家なので、安心と言うわけにはいかず、雨戸を閉めて備えましたが、冬に積雪で一部崩壊した屋根に仮に敷いておいた波板が飛ばされてしまい、雨漏りしだしました・・・
なんてこった。

しかし、予備の板は無いし、今出るのは危険を感じたので、仕方なくバケツで滴を受けるしか手立てがありません。

谷あいの集落なので、吹き下ろす風が家を揺さぶり、雨戸をガタガタを押します。
近くの送電線と鉄塔からの風切音が不気味に響き、ちょっと今夜は落ち着いて寝れそうもありません。

これから台風が通る地域の方々、この台風は怖いです。

避難指示が出ている所は速めの対応をした方が良いと思います。

どうか皆さん、ご無事で。


早く台風消滅してくれ。
0
タグ: 台風 災害 天災

2017/10/20  22:04

初個展搬入に行きました。  お知らせ

いよいよ10月21日あしたから31日まで、兵庫県加古郡稲美町にあるカフェギャラリー「花の樹」にて
自由工房 風箱 の初個展開催します。

今日は前日搬入に行ってきました。

明日明後日は滞在しますので、もしよろしければお越しください。
会場は2階になります。

それではよろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/10/14  23:20

個展に向けて製作進行中  木工

10月21日の個展に向け、鋭意製作中です。

今年に入って老眼が進んだようで、細かい物を見るのがしんどくなってきていますが、がんばっておりますよ(笑)
こんな時は外の景色を見たり、寝る前や休憩時間に目を温めたりしてケアします。
先日ウッドクラフト展から帰ってきたポルタティフに手を加えて、私の思い描く完成形に向けて作業を進めています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所のコスモスが見頃です。
コスモスは好きでしてねー。
この時期は楽しみなのです。
写真はペトリ7(セブン)という1960年代のフィルムカメラで撮ったものです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/10/5  0:18

ささやかな個展を開催します  お知らせ

以前、友人と二人展を開催したカフェギャラリーで、10月21日〜31日まで、個展を開催します。
10月28日はオーバルボックスの曲げ木の体験会をやります。
木を曲げる感触を体験していただけます。
完成品はこちらで仕上げをして後日郵送いたします。
よろしくお願いします〜。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/10/5  0:15

中秋の名月  写真とカメラ

中秋の名月ですね。
暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、今宵は少し寒いです。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: カメラ 天体写真 

2017/9/27  1:29

ポルタティフの製作2  木工

あっという間に9月も下旬です。
物を作るには最高の気候。大好きな季節です。
そして私の生まれた月でもあります。

さて、ポルタティフの製作の続き。

本体側板の装飾の切り抜き。
ゴシック様式をそれっぽくデザインしました。
単なる模様だけでなく、後部の列のパイプの音のヌケを良くする効果も狙っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

弁の革貼り。弁は気密を保つための大事な部品です。
クリックすると元のサイズで表示します

フイゴの丁番作り。
クリックすると元のサイズで表示します

パイプにアルミの送風管を差し込みます。しかしこれは本意ではありません。
時間が無かったのでやむなくこれにした次第。
クリックすると元のサイズで表示します


本体も組み上がり、パイプも揃いました。
今回はかなり細いスケールのパイプにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

提出期限に間に合わせるため、突貫で進めていました。
独り者なので、飯も食わねばならん、洗濯もせねばならん、でも時間が無いと言うわけで、もう半狂乱状態でしたね、この時は。寝る時間を削るしかないのです。
でも削り過ぎると疲労が増して失敗する危険が高くなる。
今だから言えますが、追い詰められ感ハンパなかったです。(^_^;)

この時にはもう心身共に限界に来ていました。意識朦朧状態。
不健康極まりない製作生活。これでは体が持ちません。
反省なのでした。

とにもかくにも提出は出来たので、一区切りです。
構想6年。新作のポルタティフ、形になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

兵庫県立丹波年輪の里で現在開催中のウッドクラフト展に出品するための作品なのでした。
10月1日まで展示されていますよ。
興味ある方はドウゾ。
惜しくもグランプリは逃しましたが、特別賞をいただきました。

2

2017/9/5  19:37

ポルタティフの製作  木工

9月になりました。
8月は暑い日もあり、提出のための製作もあり、時間的にはあっという間でした。
ちょっと下旬は消耗したかも・・・

カレンダーをめくったと同時に涼しくなり、過ごしやすく助かります。
昨年は残暑がかなり厳しかったですから。

さて、久しぶりのポルタティフの製作です。
今回は1オクターブ半の小型の物を作っています。
パイプは細身の物にして見る事にしました。
明るくシャープな音色を目指しています。
小さい楽器ですが、半音を入れる事で、鍵盤からパイプに行く空気の流れを作るのに一工夫必要になります。その分手間もかかり、工数も増えていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ハープなら弦で済みますが、オルガンは1音に付き複数の板やブロックが音階ごとに違った寸法で必要になりますから、手間も材料も相当増えます。
クリックすると元のサイズで表示します

本体の側板はスプルースの板を矧いだものを使いました。
クリックすると元のサイズで表示します

kanzelleという部品です。音階ごとの仕切り板ですね。
これがポルタティフに必要な部品かは設計しながら迷ったところなのですが、とりあえず組み込むことにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

前の蓋です。これはチェリー材を使いました。
クリックすると元のサイズで表示します

続く・・・
2
タグ: 楽器 手作り

2017/8/19  23:36

次なる製作  木工

残暑お見舞い申し上げます。

今年は、私の住む地域は昨年、一昨年ほどの猛暑日は少なく、普通の夏らしい暑さで夜が涼しいので助かっています。
ミニ菜園で採れた野菜たちのおかげもあってか、ひどい夏バテということも無く助かっています。

少し痩せましたけどね(笑)

ただ、警報級のゲリラ豪雨が度々来ることがあり、ちょっとヒヤヒヤした日もありました。

そんな夏も半分を過ぎ、野菜たちもそろそろ役目を終えてきました。
初めての栽培でしたが、美味しかったし、本当に助かった。恵みに感謝ですね。
このまま秋の収穫に向け、種から苗を育成中。
クリックすると元のサイズで表示します

製作の方もぼちぼち進めています。
まだ木取りの段階なので、何だかわからないですよね。
いずれ形になったら、こちらにアップしていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/23  22:55

自家菜園  日々雑記

数年前に、一度野菜やジャガイモを育てたことがあったのですが、その時はいまいち興味が薄かったのと、あまり育ちませんでしたので、しばらくやっていませんでした。
今年は思う所があり、いくつか育ててみる事にしました。

用地は草ぼうぼうになっていましたので、草刈りをしてから耕運機で固くなってしまった土を掘り起こし、石灰を入れたりして土づくりをしました。

ホームセンターで売っていたきゅうり、トマト、ししとう、ピーマンなどの苗を買って、必要な分だけ畝を作り、ささやかな菜園スタートしたのが6月。
クリックすると元のサイズで表示します

空梅雨でしたが、6月下旬に急に梅雨が戻り、恵みの水が得られたおかげで順調に育って、収穫が出来るようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

それまで、買う事にばかり頭が偏りがちでしたが、本来自然の物は条件さえ整えば育てる事ができるはずだと考えを改め、まずは素人の自分でも出来る所からやってみようと思ったわけです。

自然の恵みってありがたい。
クリックすると元のサイズで表示します

特にピーマンが元気ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

サニーレタスは種から育て、徐々に大きくなっていっている感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スーパーで売っているような大きさまで育つには結構時間がかかるんですね。
15年くらい前に長野でレタス収穫バイトをしたことがあるのですが、仕事としてやっていたのでそこまで考えたりしませんでした。
実は出荷するまで栽培するには時間がかかっていたんだなあと実感しました。
農家はそれで生計を立てなならんのですから、あれだけの広大な畑用地(確か1農家あたり東京ドーム3個分)がいるんだなと、思い返してみました。

ここでは、私が食べる分だけ育てているだけですけれども、それでも十分にありがたい。
まだまだこれからも採れそうです。がんばれ野菜たち。(^o^)丿

他の野菜も育ててみようかなと思い始めています。








3
タグ: 自給自足 野菜 

2017/7/23  22:31

ダイニングテーブル完成!  木工

夏ですね。暑い!
脳みそが溶けそうになるのが午後の14:00〜16:00くらい。

エアコンがないので扇風機大活躍。
とりあえず熱中症には気を付けたいですね。
まだまだこれからです。

さて、ダイニングテーブル製作。更新が遅れましたが製作は進めていましたよ。
7月上旬には何としても完成させたいと思い全力投球でした。

構造体自体は組み上がったので、残りは塗装です。
今回はウレタン混合の2液性オイル塗料を使います。
木目の色味は殺したくないけれども、天板の輪染み対策として、どのような塗料を選ぶかは悩みの種です。

知り合いの作家さんが以前に何種類かのオイル塗料をサンプルに塗装して醤油を染み込ませた実験ををしたのを見て、今回使う塗料にしてみようと思い立ったわけです。

と言うわけでペーパーがけ。
クリックすると元のサイズで表示します

せっかく光沢が出るくらいにカンナがけした面が、白っぽくなってしまうのが何とも惜しいのですが、仕方ない。
いよいよ塗装開始。
木目が浮き上がって、いわゆる濡れ色になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

塗っては600番で研いでウェスで拭くを繰り返し、1回目の全体が塗りました。
一人なのでひっくり返すのが一苦労。
・・・実はちょっと背中を捻ったらしく、痛めてしまいました(-_-;)情けない。
一晩養生し、2回目も同様に。

こうして塗装は程なく終了。
うん、なかなか使える、この塗料。
延長天板を装着してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

テーブルの前に先に製作しておいた椅子を置いてみました。
ようやくここまで出来た。
クリックすると元のサイズで表示します

因みに、延長天板は使わない時はここに収納しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します

もうちょい養生して塗料臭を飛ばして、納品となりました。
1

2017/7/1  23:43

テーブル幕板と天板を接合  木工

梅雨らしくない6月はあっと言う間に過ぎ、ついに7月突入。
急にじめじめとした気候になりました。不快指数急上昇!

まあでも、水は大事ですから、必要な所には降ってもらうのが良いですね。

テーブル製作も進みます。
この時期湿度が上がるため、木が動くので結構困ります。
自然素材なので、仕方ない事ですが。

幕板と天板の合いを調整後・・・
クリックすると元のサイズで表示します

脚を接着して
クリックすると元のサイズで表示します

木ネジで天板と幕板を接合です。
クリックすると元のサイズで表示します

完成に向け、作業は続きます・・・
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ