ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2018年ワールドカップ ロシア大会観戦D 〜準決勝〜  徒然記

あっという間に準決勝になったなあという感じです。

2試合とも観戦しましたが、熱中症で高熱でしかも頭痛がするという体調で見たので、2試合とも面白さはあまり感じられなかった印象になっています。

事実上の決勝戦と言われていたフランスーベルギー

決勝トーナメントに入り、アルゼンチン、ウルグアイと南米の優勝経験国を破ってきたフランス。

ベルギーも日本、そして優勝経験国ブラジルを破り勝ち上がってきていますから、確かに事実上の決勝戦といわれるのもむべなるかなですが、打ち合いの試合になるのかと思いきや、フランスがとてもリアリズムなサッカーをしたなあという印象。

中盤から前線に危険なパスが出そうなところは、本当によく潰していました。

それでも、ゴール前まで個人技で押し込むのはさすがベルギー。

試合後にアザール選手が、

「フランスはずっと同じ戦いをしていた。守ってばかりだ。だがそれが機能した」とフランスの守備的な戦い方を非難し、「ああいうフランス(の戦い方)で勝つよりも、こういうベルギーで負ける方がいい」

と語ったそうです。

負けた直後で感情も激している状態ですから、すべてうのみにはできませんが、相手があることであり、いいサッカーだけで勝てるワールドカップではないということです。

フランスの19歳の新星エムパベもチーム戦術で時間稼ぎ的なプレーを後半しているわけですが、テクニカルでも紳士的でもない態度で、小僧を大人が蹴飛ばし、どついてるベルギー選手たち相手におとなしくやられたふりをしているのを見ると、成熟度があるなあと妙な感心をしてしまいました。

もっとも若さゆえか、時折彼本来のドリブルをしたい血が騒いだのか、狙われて球を取られ逆襲で危うい場面を作ってしまっていましたが・・

エンタメとしては落ちる試合かもしれませんが、個人技が強い相手に勝つためにこういうサッカーが必要なのかと勉強になった試合でした。

とかいうけど、フランスが好きだからというのもあるかな・・

もう1試合のクロアチアーイングランド。

両チームとも準々決勝の試合しか見ておらず、そのどちらも面白いという試合ではありませんでした。

しかもクロアチアは、決勝トーナメント2試合連続120分戦いPK戦での勝ち上がり。

地力はありそうですが、疲労度はどうかなでしたが、あきらめない精神力がすごい。

汚いファールも多かったし、好き嫌いでいうと決して好きではないスタイルのサッカーでしたが・・

若手主体のイングランドは、これからの日本代表で見習う点があるチームなのかもしれません。

この週末で、3位決定戦のイングランドーベルギーと、フランスークロアチアの決勝戦で1か月に及ぶ4年に1度のサッカーの祭典もおしまいとなりますね。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ