ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
帰宅中  徒然記

色々疲れることがあるときの定番です。

クリックすると元のサイズで表示します

4月のダイヤ改正以降、以前より乗車率がいいような気がします。
0

2017年6月の振り返り  温泉雑記帳

6月は5日温泉に入りました。

3泊4日の富山旅では、富山市内のビジネスホテルなのに

クリックすると元のサイズで表示します

温泉宿的な雰囲気を出す「御宿 野乃」に

クリックすると元のサイズで表示します

まずは1泊。

温泉大浴場もありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋で好きな時に好きなだけ温泉に入れるのが、

クリックすると元のサイズで表示します

いいホテルでした。

ついでにいうと、バイキングの朝食も

クリックすると元のサイズで表示します

美味でした。

続いて、庄川峡沿いに点在する温泉地の一つ長崎温泉の「ながさき家」に宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

古民家の宿で、

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気は良かったし、食事も

クリックすると元のサイズで表示します

ボリューム、味とも良かったのですが、温泉は溜め湯の循環

クリックすると元のサイズで表示します

しかも宿泊した日は露天風呂はお湯が張られておらず、そこが残念ではありました。

3泊目は、かみさんの親兄弟と泊まったので、お部屋に温泉露天風呂がある、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょいと贅沢な宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋にも食事にも

クリックすると元のサイズで表示します

満足でした。

そして、貧乏性なのでお部屋の温泉に入り、1回しか入りませんでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

かけ流しの大浴場にも満足できた「ふくみつ華山温泉」でした。

3宿3様の宿泊以外に、立ち寄り湯は1カ所だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

庄川峡温泉郷の一つ、「湯谷温泉」です。

クリックすると元のサイズで表示します

極めて簡素、ひなびた雰囲気ですが、泡付きのあるすばらしいお湯で、この富山旅でいうとこの温泉だけで、温泉は大満足と思わせた温泉でした。

この富山旅以外では、日帰りに1回出かけただけでした。

京成成田駅からバスで20分の場所にある富里温泉「黄金の里」

クリックすると元のサイズで表示します

6年前に入浴した「湯郷ななえの湯」が2015年にリニューアルした施設ですが、変わっていなくて、ある意味よかった感じがしました。

以上5カ所入浴と数は多くはないものの、遠征はやはり楽しいものです。

ブログでは7カ所アップし、通算650カ所までアップすることができました。

ただ平日が駄文もしくは5日のお休みで、やはり残念な結果なのでした。

そんな体たらくなので、アクセス数は当然伸びるわけがありませんが、それでもブログ開始86か月で35万アクセス突破は、やはりありがたいことです。

今年もあっという間に半分終了です。
0

2017年6月のこ鉄  こ鉄の部屋

6月1日は、上野から北陸新幹線かがやき号で

クリックすると元のサイズで表示します

富山に向かったのが

クリックすると元のサイズで表示します

スタートでした。

3泊4日の富山旅で4つの路線に乗りました。

1.万葉線鉄道

原作者藤子不二雄さんが高岡市の出身ということで、こんな路面電車があるので乗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラえもんトラムです。

クリックすると元のサイズで表示します

外観だけではなく、車内も

クリックすると元のサイズで表示します

ドラえもんとその仲間たち一色です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中、こんな古い電車とすれ違い、

クリックすると元のサイズで表示します

古いもの好きはこういう電車が良かったりしますが、ドラえもんトラムは童心に帰れることができた楽しい電車でした。

2018年8月までの期間限定のようです。

2.JR氷見線

高岡から氷見に至る12キロほどのローカル線です。

国鉄型気動車キハ40が1両または2両編成で走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この路線のハイライトは、越中国分駅と雨晴駅の区間

クリックすると元のサイズで表示します

富山湾沿いに走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

一駅数分間だけですが、絶景です。

終着駅の氷見駅周辺は、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉宿あり、漁港があるのでおいしい魚が食べられるのですが、列車ではトンボ帰り。

最終日に車で、道の駅のような「氷見ばんや街」に行ったものの、

クリックすると元のサイズで表示します

時間がなく、どちらかというとB級グルメになるのでしょうが、氷見カレーを食べただけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

カレーはうまかったし、いずれ機会を作って、氷見線に乗って温泉宿に宿泊して、うまいものを食べてみたいものです。

3.JR城端線

高岡から海の方に向かう氷見線と逆に山の方に向かう約30キロのローカル線です。

クリックすると元のサイズで表示します

砺波平野をのんびり走り、車窓的にハイライトがあるという感じではありません。

1時間程で終着駅の城端に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

どこか懐かしい雰囲気の駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅から10分ほど歩くと街の中心ということで歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

古い家屋や店舗が残っています。

廃業した銭湯をリノベーションした小物屋さんは、

クリックすると元のサイズで表示します

造りも面白ければ、

クリックすると元のサイズで表示します

小物も可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらで曳山祭りの山車を見学しましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

作りの精巧さや、館員の方が質問には丁寧に答えてくれるし、詳しい説明をいただき、お祭りをいずれ見てみたいと思いました。

途中の福光駅が最寄りになる「ふくみつ華山温泉」に宿泊しましたが、車で行ったので途中下車はしませんでしたが、列車でのんびり揺られて「ふくみつ華山温泉」に宿泊、城端散策というのもよさそうです。

4.富山ライトレール

国鉄・JRの富山港線という路線が、第3セクターになったというのは全国であちこちあるわけですが、ライトレール化したのは珍しい事例です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅は、すべて低いホームとなり、

クリックすると元のサイズで表示します

運転本数も国鉄・JR時代より大増発され、利用客数は伸びているそうです。

ただ、車窓自体はハイライトシーンがあるわけではありませんでした。

片道はライトレールが並行して走る

クリックすると元のサイズで表示します

富岩運河を走る水上バスに乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな船が1時間ほどかけて

クリックすると元のサイズで表示します

運河をゆっくり走ります。

昭和10年に、パナマ運河方式で水位を調整して、

クリックすると元のサイズで表示します

水位差が大きくてもスムーズに航行できるようにした運河です。

中島閘門では10分以上停泊しているのですが、最初は

クリックすると元のサイズで表示します

この水位が、

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで下がってから出発となりました。

現在は全く運河としては機能しておらず、埋め立てが検討されたそうですが産業遺構として、水上バスが走るようになったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

片道水上バス、もう片道がライトレールという切符があり使いましたが、確かに楽しい往復でした。

ただ時間がなく、北前船の港町として昭和初期くらいまでにぎわった岩瀬の街を散策できなかったのが残念ではありました。

という富山3泊4日の旅で満腹のつもりでしたが、月末には、通算8回目のいすみ鉄道に乗ってきました。

国鉄時代急行用車両のキハ28と

クリックすると元のサイズで表示します

普通列車用であったキハ52の

クリックすると元のサイズで表示します

2両編成の急行列車に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の雰囲気の車内で、窓を開け、

クリックすると元のサイズで表示します

ディーゼルエンジンの音を聞きながら、揺られていくのは6回目ですが、今回も楽しいのでした。

この日は温泉には寄らず、上総中野駅から通算6回目となる小湊鉄道に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

ただ列車に乗るだけで、房総半島を横断したのでした。

6月の鉄分補給は、たっぷりできました。
0

期日前投票  只今、旅行中

来週日曜日投票日の都議会議員選挙。

来週は旅に出ているので、不在者投票に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代千住の宿場街の再現模型がある、

クリックすると元のサイズで表示します

北千住駅ビルである丸井の10階が、期日前投票所になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

初投票ではありませんが、投票記念証をもらいます。

エスカレーターで9階に降りると、レストラン街。

牛タンを食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

メニューに牛タン以外の豚生姜焼きとか鶏肉があったので、どうかなあと思ったらやはり肝心の牛タンは今ひとつ。

とろろとスープは、逆に仙台の本場のお店より良かったりします。

ちょっと納得がいかないので、気になったタイ料理屋にも入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはメニューに、日本のタイ料理屋ではよくあるシンハービールだけではなくて、タイではメジャーなチャンビールに加えて、安ビールのレオビールまであるから入ってみました。

チャンビールも良かったのですが、トムヤンクンスープの麺と空心菜もおいしかった。

そのあと、7階で電気屋を覗き、5階でセミフォーマルズボンを購入し、地下の食品売り場の「北野エース」のユニークな品揃えを見て楽しみ、惣菜を買ったら、結局3時間も滞留してしまったのでした。

今朝のテレビで1週間のニュース振り返りを見ていると、秘書を怒鳴りつけまくる議員のニュースをやっていました。

けっこう長い時間録音を流していましたが、なんとここ2年以上身近で聞くような内容やトーンではないですか。

違いは暴力がないのと、私1人だけがやられているわけではなく、周囲もそれぞれ被害にあっているのが、その議員のケースと違うくらいで、変に身近に感じたニュースなのでした。

明日からも平日は、ああいうような世界ですが、週末は楽しみが待っているので我慢しなくては・・
0

こ鉄のあと  只今、旅行中

内房線に乗り、実家へ。

クリックすると元のサイズで表示します

元々実家に行く用事があったわけで、時間にして約4時間、約2000円余計に使ってのこ鉄旅でした。

ですので帰りは千葉から京成線、

クリックすると元のサイズで表示します

京成津田沼から新京成線で、

クリックすると元のサイズで表示します

松戸へ出てと、一番安いく、かつ確実に座れるルートを選択も、約100円安くて約1時間余計にかかるので、まあこ鉄の一種ではあります。

本日は、温泉ないものの、用事を済ませ、いすみ鉄道で気分転換となった1日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ