にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
人気ブログランキングへ

2017/8/21  17:27

北米有数の規模とは言うけれど@バンクーバーチャイナタウン 1   レトロ&ノスタルジー

北米で有数の規模と言われるバンクーバーのチャイナタウンに行ってきました。確かに神戸や横浜に比べ面積は広く、中心部には中華式庭園の広がる孫文公園もありますが、地価の高いバンクーバー中心部に位置し、近年新たに流入する華人(大陸・台湾・香港etc)はメトロバンクーバー南部のリッチモンド市などに定住しておりチャイナタウンの地盤低下が著しくなっています。とはいえ地元民の買物需要に加え観光客も多く訪れておりそこそこの活気は感じられます。
クリックすると元のサイズで表示します
チャイナタウンへはスカイトレイン(新交通システム)のスタジアムチャイナタウン駅から始まります 
クリックすると元のサイズで表示します
スタジアムとはアメフトチームBCライオンズが本拠地とするドーム型スタジアムを指します バンクーバーオリンピックの際には開会式閉会式で使用されたそうです
クリックすると元のサイズで表示します
         チャイナタウンの西の入口に建つ千禧門

クリックすると元のサイズで表示します
神戸は南京町ですがバンクーバーでは上海横丁が代名詞のようです

クリックすると元のサイズで表示します
保険会社のビル 歴史的建造物に指定されており夜になるとネオンが綺麗で有名です
               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
1

2017/8/18  16:10

台北経由の帰路は遠かった 2 @CI31  飛機・機場・船舶・港口

CIの777-300と350-900の長距離便にはビジネス・プレミアムエコノミーに次いでファミリーカウチというエコノミーながら複数座席を占有できるシートがあります。当初ファミリーカウチ席のすぐ後方の座席を指定していましたがチェックインの際、3席並びの1席にも指定が入っているので後方なら2人で3人分の席を使えるというので最後部に近い73列に替えてもらいました。結果的にトイレ・ギャレーも近く便利な席ではあったのですが、前の列に体の大きなカナダ人の若者3人が乗り込みリクライニングを倒しっぱなしにするので足元に余裕のある長距離仕様とはいえ結構窮屈でした。
クリックすると元のサイズで表示します
乗客が乗り込んできます エコノミーですがさすがに最新機モニターサイズも大きいです
クリックすると元のサイズで表示します
       午前2時14分離陸 約12時間の長旅のはじまりです

クリックすると元のサイズで表示します
       離陸して1時間 真夜中の食事1種類目は紅燒鶏肉飯

クリックすると元のサイズで表示します
         もう1品は蒸し鶏とペンネのホワイトソース

クリックすると元のサイズで表示します
食事後阿部寛と天海祐希の恋妻家宮本を見て一寝入り カムチャッカ半島辺りでかなり揺れましたが起きると離陸から8時間 やっと日本です

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
0

2017/8/15  17:09

台北経由の帰路は遠かった 1 @CI31  飛機・機場・船舶・港口

11日深夜2時バンクーバー発のCI31で翌12日早朝4時台北着、3時間ほど待って7時半発のCI154で名古屋着へ11時20分に帰ってきました。時差の関係と長旅で疲れたのに加え気温の違いで体力を消耗したのかブログの更新も遅れてしまいました。今回、行きに台北で仕事があったため台北経由で旅程を組み、まだ元気だった行きは良かったのですが、帰路は深夜に日本上空というか名古屋上空を飛んで2時間後に台北へ、台北での待ち時間と台北から名古屋までの飛行時間を加えると名古屋バンクーバー直行便の倍の時間を費やしたことになり、さすがにバカなことをしたと反省仕切りです。再訪するチャンスがあれば次は直行便か東京乗継にします。
クリックすると元のサイズで表示します
ネットでチェックインしてあるので荷物預けもスムーズで時間があるのでラウンジで一休み
クリックすると元のサイズで表示します
深夜12時過ぎのバンクーバー空港 まだ台湾・大陸各地・香港・マニラへの出発便があり結構人がいます
クリックすると元のサイズで表示します
搭乗予定のCI31 A350-900 後ろを先に出発するフィリピン航空機が通っていきます
クリックすると元のサイズで表示します
搭乗ゲートD67 今回はインド人の集団は見当たりませんがかなりの搭乗率のようです
クリックすると元のサイズで表示します
       優先搭乗で機内へ LED照明で色が変化します
               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation.         
0

2017/8/11  17:00

姪2號の結婚式 3 @第一大飯店壱品宴  喫茶店・レストラン・餐廳

この記事が自動でアップされる頃には約1ヶ月のバンクーバー滞在を終え太平洋上空を飛んでいるころだと思います。今回はカナディアンロッキー行などが大規模森林火災により行けなくなるなど残念な旅行になってしまいましたが、妹夫婦が次の機会にはと言ってくれてるので時間が合えば再び訪れたいと思います。ニュースでもよく聞く森林火災ですが、アメリカやカナダの森林火災は日本のそれとは規模が違い焼失面積・期間もけた違いです。バンフやカルガリーのあるアルバータ州、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州東部から流れてきた煙で7月には抜け渡るようだった青空が雲に覆われ8月に入ってからは4・5`先の山も霞んで見えなくなってしまいました。一応鎮火の目途はたったそうですが我々が滞在していた1ヶ月ある明け方に小雨が降った程度とカラカラの天気が続いておりまだまだ予断は許されないようです。
さてこちらも久しぶりですが昨年10月末に行われた姪2號の結婚式3回目です。
クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ招待客が席に着きました この後新郎新婦と両親が登場し新婦が育ててくれた両親に感謝 新郎は新婦の両親に幸せにすることを誓います 指輪交換が済むと壇上から来客に結婚報告とお礼を言いワインの乾杯で披露宴が始まります
クリックすると元のサイズで表示します
         まずは前菜 伊勢エビのサラダとカラスミ

クリックすると元のサイズで表示します
             縁起物の甘い揚げ団子

クリックすると元のサイズで表示します
            貝柱の風味が濃厚な佛跳牆

クリックすると元のサイズで表示します
徐々に披露宴も盛り上がってきてあちこちで乾杯返杯が行われます
               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
2

2017/8/8  5:55

庶民的な北投夜市へ 7 @新市街  夜市・屋台・夜生活

迷走台風5号が日本列島を直撃しましたが皆さんの地方は被害はありませんでしたか?こちらバンクーバーではいわゆる台風級の低気圧に襲われることは少なく、また地震の発生も少ないということですが、先日知り合った仙台出身の医療スタッフによるとカナダ太平洋岸も近い将来大地震が発生する可能性があると言われているものの、ビルや一般住宅の建築現場を見ていると耐震性は大丈夫かしらと思うような建築工法が多いそうで故郷が東北大地震に襲われた彼女には気がかりだそうです。
こちらもほぼ1ヶ月振りになりますが北投夜市の7回目です、台北市内中心部に住んでいると北方面の夜市というと士林夜市が北限??に近く温泉にでも入りにいかなければわざわざ行くことの少ない北投夜市ですが、訪れた昨年10月末は北投一帯でポケモンが出現するという噂で夜になってもスマホ片手に歩き回る人が多く夜市も結構混み合っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
      行列のできている隣に比べ何だか寂しげな滷味屋台

クリックすると元のサイズで表示します
     麺やスープの他胡椒味のエビやゴマ油味のエビもできます

クリックすると元のサイズで表示します
        親父が手持無沙汰な様子のワンタン屋

クリックすると元のサイズで表示します
対照的に小姐??で賑わう鶏排屋台 台湾人はホントにフライドチキンが大好きです
クリックすると元のサイズで表示します
       炭烤屋台前で何にしようか迷うカップル

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
2

2017/8/5  5:07

夕暮れの基隆へ 5 @國光客運基隆站  客運・巴士・公車

久し振りに台湾へ戻り基隆編の続きです。臺鐡の駅がどんどん新しく綺麗に、いわば無機質になっていくのに対し國光客運の上車站には未だ日本風に言えば昭和の雰囲気を残した好ましい駅舎が残っています。ここ國光客運基隆站も古めかしい駅舎と狭い敷地に無理やり??突っ込む大型バス、雑然とした雰囲気がいかにも台湾らしい光景です。
クリックすると元のサイズで表示します
臺鐡基隆站を海側へ出てすぐ7-11の脇の階段を降りると國光客運基隆站です さすがに台北では見かけませんが台湾では駅に犬がいても驚くには当たりません 羅東火車站でも出札口に3匹ほど犬が屯してました
クリックすると元のサイズで表示します
台北火車站行乗車口 高速道路を走るので完全着席で時間は50分程 料金も55元と安いので鉄道に負けず多くの人が利用します 先日羅東から基隆へバスで向かった経験談を送っていただきましたが奥に6羅東とあります 羅東基隆間も高公5号線(北宜高公)経由になって随分早くなりました
クリックすると元のサイズで表示します
今回帰路に選んだのは2番乗り場から発車する中崙行 中崙站は長安東路復興北路にあり台北市内東部へは台北火車站行より便利です
クリックすると元のサイズで表示します
やって来ました中崙行 平日は最終の23:30まで夜間でも20分毎に走っています
クリックすると元のサイズで表示します
狭い構内を急角度で曲がり商店街へ出ます 軒にぶつかりそうになりながら中山高公へ入り一路台北を目指します なお中崙行は松山高中・観光局・捷運忠孝敦化站他に停車するので市内バスや捷運への乗り換えも楽です

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation.         
3

2017/8/2  5:05

まだまだインド人乗客の騒ぎは続く@CI32その3  飛機・機場・船舶・港口

話を少し前に戻します、優先搭乗で機内に乗り込もうとした際、CAがドア前で並んで迎えてくれたのですが日本便の華奢なCAと違い背が高くがっしりした体格のCAばかりで少し驚いたんですが、これも機内の秩序と安寧を保つためだと知らされたのはインド人乗客が大挙して乗ってきて以降です。前述のとおり何とか座席に座らせ離陸しましたが安定高度に達するとまた騒がしくなり始めます。指定座席が気に入らないから変更しろとCAに文句を言いだしたり用もないのに??機内を歩き回るインド人乗客、ミールサービスのカートが通れずCAと言い合いになります。座席に不満があるインド人乗客が我々の座っている隣席(結局C席は人が来ず空いていました)へ座ると言い出したので屈強そうなCA(25年のキャリアがあるそうです)が足を痛めているので席を空けているのだと追い返してくれ、正直助かりました。また食事後にトイレに行列ができますがトイレを汚すことが多いので3人毎くらいにストップがかかりCAが清掃します。このためトイレに行くのも大変でしたし、後部にあるスナックコーナーはインド人乗客の真っただ中にあるので結局行くのを諦めました。我々の座っていたエコノミー前部を担当していたCA(25年キャリアの彼女)によると通常バンクーバー便は6〜7割の搭乗率で台湾人とカナダ系の欧米人が半分くらいづつ、機内は静かでCAにとっても長時間であることを除けば非常に楽なフライトだそうですがニューデリー便に接続する日だけはバンクーバー行、台北行共に体力を使い気の休まる暇のないフライトだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに陸地が見えてきました バンクーバー島のようです

クリックすると元のサイズで表示します
           バンクーバーでの接続便の案内

クリックすると元のサイズで表示します
       空港上空です 南から東へまわり着陸するようです

クリックすると元のサイズで表示します
          ほぼ1時間遅れたためもう夕暮れです

クリックすると元のサイズで表示します
着陸はバンクーバー時間19:50 ほかの乗客(もちろん後部に座っていたインド人乗客も)がすべて降りてからCAに見送られて降機します CAに大変だったねと言うとウィンクして笑っていました なお8月1日からバンクーバー便はB747-400から最新のA350-900に機種が変更されました 帰路が楽しみです

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
1

2017/7/30  7:50

インド人乗客で大混乱@ CI32その2  飛機・機場・船舶・港口

離陸が1時間も遅れたのは台北22:25到着予定で接続するニューデリーからのCI182便が1時間遅れなんとCI32出発予定時刻の23:15を過ぎた23:15だったのです。当然CI32に乗り継ぐインド人乗客はグランドスタッフに促され大急ぎで走ってきたのでしょうが何分介助を必要とする老人や子供連れも多くゲート移動に時間が掛かってしまったようです。更に混乱に拍車をかけたのが機内持ち込み制限ギリギリの大量のキャリーバッグと指定された座席への不満で席を替わるとわめきたてるので最初は穏やかに対応していたCAも途中からイラつきだします。とにかく離陸時間を過ぎているので何とかインド人乗客をなだめ席に着かせて機体がブリッジを離れたのが日付が変わる直前の23:55でした。
クリックすると元のサイズで表示します
離陸から1時間ほど 沖縄と九州の間で1回目のミール ミートパスタです

クリックすると元のサイズで表示します
もう1種類はヨメが撮影する前に食べ始めてしまった肉団子ご飯

クリックすると元のサイズで表示します
朝が早かったのでご飯を食べてお酒を飲んだらうとうとしてしまい目を覚ますと日本時間03:39伊豆半島上空でした この日36,000ftを飛行していましたが快晴で伊豆半島から三浦半島九十九里浜までしっかり見えました
クリックすると元のサイズで表示します
日本上空を離れてから眠りにつきましたが再び目を覚ましたのはアリューシャン列島上空 まだバンクーバーまで4時間もあります 眠れそうにもないので機内プログラムで深夜食堂を見て時間を潰します 着陸前の朝食が配られたのが日本時間09:30 1つ目は滷肉飯
クリックすると元のサイズで表示します
もう1種類はトルティージャのような洋風オムレツ 食べ終わると1時間ほどで着陸ですがここからまた機内が騒がしくなります

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
1

2017/7/27  5:00

チャイナエアラインでバンクーバーへ@CI32その1  飛機・機場・船舶・港口

さて離陸予定時刻は23:25ですがヨメの搭乗介助をお願いしてあるので50分前には搭乗ゲートへ戻らなければなりません。D6ゲート搭乗待合室に着いてみるとカウンターでは80%ほどの搭乗率と言っていたのに随分人が少なく見えます(この見方は搭乗後大外れします)。結局10分遅れて22:45他の要介助者と共に搭乗、本日の機材B747-400レジNoB18208随分久しぶりに乗るジャンボです。座席はエコノミー最前列の28AB前は壁ですが比較的足もとに余裕があり前の座席が倒れてくる心配もありません、ただし3-4-3配列なのでC席に他人が乗ってくる懸念もあります。我々が着席して5分程、一般客の搭乗が始まりました、台湾人ほか中華系・欧州系・東南アジア系と様々な人が乗り込んできますが15分程で人の波が途切れます。C席も開いたままで安堵していると離陸予定時刻の23:15分頃ターバンを巻いた男性やサリーを纏った女性などインド系の乗客が続々と乗り込んできます、その数何と150人近く機内預けは無理だろうというような大きなトランクを引いていたりCAに助けられながら歩く老人など延々と途切れることがありません。結局全員乗り込みドアクローズが23:45、欧米便離陸ラッシュに巻込まれ離陸できたのは定刻から1時間遅れの24:23でした。
クリックすると元のサイズで表示します
今日のCI32搭乗ゲートは最初D2でしたがD6に変更になりました

クリックすると元のサイズで表示します
この日の台北の気温は38℃バンクーバーは何と14℃だそうです

クリックすると元のサイズで表示します
             間もなく優先搭乗の時間です

クリックすると元のサイズで表示します
判りにくい画ですが28AB席から見たギャレーと2階へ階段

クリックすると元のサイズで表示します
この写真は台北時間22:53乗客の搭乗が続きます 一般乗客がほぼ着席し終えた後インド人が大挙して乗り込んできて機内は大騒ぎになります

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation.         
1

2017/7/24  5:05

桃園機場第二航廈PLAZAPREMIUMLOUNGE@7月11日  飛機・機場・船舶・港口

ほぼ21時に桃園機場へ到着しました、機内預け荷物はスルーでボーディングパスも名古屋で受け取っているので再チェックインの必要はありませんがヨメが出発前に転んで足を痛めてしまったので搭乗介助の依頼をしにCIのカウンターへ向かいます。大学生のアルバイトが介助してくれることになり搭乗口まで案内してくれます。ただ搭乗時間まではまだ1時間ほどあるのでヨメを待合室に残しカードラウンジへ向かうことにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
イミグレを抜けて4Fに上がりCIのパラゴンクラス専用ラウンジ梅苑の隣にあるPLAZAPREMIUM
クリックすると元のサイズで表示します
       オープンスペースに加え奥には個室もあります

クリックすると元のサイズで表示します
家で龍門の水餃子etcを食べてきたんですが何だかお腹が減ってきました カウンターでオーダーする牛肉麺と赤ワイン
クリックすると元のサイズで表示します
          一人用スペースに場所を移して

クリックすると元のサイズで表示します
セルフで準備されている揚げ春巻きやパン 出発予定時刻まで1時間を切りました 急いで搭乗ゲートへ戻ることにします

               

           ブログランキングに参加しています
    励みになりますのでお帰りの際に1クリックお願いします
       部落格排列次序參加著,返回的時候請1單擊
               謝謝你的合作
         It participates in the blog ranking.
       It encourages and one click when you return.
         Thank you for your cooperation. 
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ