ストロークの会

函館でTA(交流分析)の勉強をしています。子育てや、職場の人間関係の
悩みなどを話し合い、心理学の勉強を通じて問題解決をめざしている集いです。
※「自分」や「相手」の存在、価値を認めるようないろいろな刺激のことをストロークといいます。

.
.

 

カレンダー

2016年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/11 
 

記事カテゴリ

このブログのご連絡先は

roumu@ms3.ncv.ne.jp までお願いします。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ストロークの会

ストロークというのは、   「打つ」とか「なでる,さする」という意味がありますが、 TA(交流分析)では「自分」や「相手」の存在、価値を認めるような様々な刺激のことをストロークと呼んでいます。           ストロークの会は「自分」や「相手」の存在、価値を認め、居心地の良い 空間と時間を一緒に持ちましょう、ということから 会の名前を決めました。  ストロークをいっぱい出し、いっぱい受け取れるようにしましょう。          “自分が変われば、相手も変わる”              会への参加資格は特にありませんよ

心の中の五人家族

心の中の五人家族をご紹介します。                                 まず、両親です。 (P)といいます。これは、親の影響をそのまま取り入れた「親」のような心です。                                父親的な心の状態(CP)と  母親的な心の状態(NP)がいます。                               次は、お兄さんです。 (A)といいます。これは、成人としての客観的な心で現実の認識、物事の判断を行います。                                                            そして、子供たちです。 (C)といいます。  本能的な自由奔放な子供の心(FC)と  親の顔色を見るような順応した子供の心(AC)がいます。                                私たちの心は、このような五人家族がいますが、人によってお父さんが強かったり、子供たちが元気いっぱいだったり、いろいろです。 ------- ☆芦原睦先生の文章を参考にしました。   
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ