空の向こう 〜Over the Sky〜

 
Locations of visitors to this page
♪喉頭鏡いっぽーんー、さぁーらしぃーに巻いてーぇ。。♪
アメリカ中西部からスイスの首都。そして今度はドイツ、父なるラインのほとりへ。


底冷えが厳しい冬のドイツ。
ドライブのお供は、シューベルトの"冬の旅"。
夏用タイヤでアウトバーンを爆走してます。(引越し貧乏でタイヤが買えない。泣)


管理人TLJGへの個人的なご意見・ご連絡は、メッセージボックスへお願い致します。
記事の内容と関係のないトラックバックは削除させていただくことがあります。ご了承ください。

Visitors

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TLJG
>とまとさん、こんばんは。
昔はそんな事があったかもしれないですねー。私も聞いた事がありますよ。
でも今は、情報開示が当然になっているので、大学病院でもカルテは日本語で。同僚(看護士さんとか、コメディカルの職種の人達も含めて)にわかりやすく。となってるんですよ。
他の職種では、きれいに読みやすく書くなんて、当たり前すぎることなんですけどね。

http://sky.ap.teacup.com/stl_sky/
投稿者:とまと
お医者さんって 患者に内容がわからないように ドイツ語で
しかも ドイツ語わかる人にも 読み取られないように 悪筆なのかと思ってました(汗)
投稿者:TLJG
くまさん、こんばんは。
やっぱりそちらもそうですか。そうですよね。笑
ヨーロッパ人の筆記体って、mとnとuとwが同じに見えるし、tやrも日本で習うものと違って余計に難しく感じるのです。
院長先生はさすがでいらっしゃいますね。

http://sky.ap.teacup.com/stl_sky/
投稿者:どくとるくま
TLJGさん、こんにちは。
病院全体分の、悪筆解読にかかる時間を加算したら、相当になると思います。
外国人は、書いてある事の想像能力が乏しいだけに、一層泣かされますよね。
うちの院長は、誰も読めないような手紙でも、すらすらと解読してくれます。
「書いてある内容が読まずとも解るから読める」のだそうで。

http://germanmed.exblog.jp/
投稿者:TLJG
あの、文字の解読力は、慣れもあるんじゃないですかと思いますよ。
麻酔科は書くこと少ないですからねえ。手術前の診察の記録と手術中の記録と術後の薬の指示くらいでしょうか。文法が少々怪しいので、せめて字ぐらいは読みやすく、ときっちり活字体で書いていますよん。

http://sky.ap.teacup.com/stl_sky/
投稿者:nyf1403
皮膚科、歯医者、婦人科、ホームドクター、眼科、が一応私が通っている医者ですが、皮膚科はもうずっと前から電子カルテです。歯医者は処方箋はでたことなくて、眼科もタイプですが、婦人科とホームドクターは手書きで凄まじい字です。でもね、アポテケの人、全員、かんたんに判読しているんですよっ!薬剤師の学科に、文字判読ゼミナーがあるにちがいないドイツです。
で、キミの字は?にゃはは。

Calendar

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Exciteびっくりニュース

New England Journal of Medicine

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ