2009/4/19

春  

真っ青な空に向かって

ぐ〜っと背伸び

あったかい空気を胸いっぱいに取りこんで


春のおとずれに心おどらす




クリックすると元のサイズで表示します



0

2009/3/1

雪がない!  

雪がない!雪がない!!

スキー場に雪がない!

クリックすると元のサイズで表示します


ベースの気温3℃
山頂はマイナス1℃
2月末日。例年ならこのあたりは白銀の世界のはずだ。


こんな雪山をはじめてみた。
地球の温暖化を目の当たりにした瞬間だった。




ただ、山頂はまだ2メートルくらいの積雪があったためスノボはできた。
しかし、天気は快晴!昼ごろからは雪が重たくなってくる。
さらに自分の足にも疲労がおしよせ、
雪の重さをさらに感じる。


久しぶりのスノボは雪がないさびしさと、
天気がよいうれしさと、
やっぱりワクワクのスノボとなった。



0

2009/2/17

くるまの空想  

むかしむかし。
いろんなことを空想した。

頭で考えるだけで絵が形になったり、
羽をつけて大空を飛んでみたり、
はたまた、光より早く走る電車がまちにありふれたり、
宙に浮かんだ空飛ぶくるまが走り抜けていく。
そんな空想。

いや、もっともっと人間はたくさんの空想をしてきた。
それが社会をどんどん便利にしていったんだろうな。



近年、若者のくるま離れが著しいと言われている。
そんな中でのくるまに対する新しい空想。

今までのくるまは、スピード性や燃費の良さなど
言わば、走るための“空想”をかたちにしてきた。
より速く、より効率的に。
でも、これからはこれだけでは通用しない。
それを象徴するのが若者のくるま離れ。



もっと空想を広げる。
もっともっと空想を広げる。



なべパーティができるくるま。
こたつが付いたくるま。
足をのばしてぐっすり眠れるくるま。
インターネットができるくるま。
カメラがついたくるま。
映画館に早変わりするくるま。
滑り台がついたくるま。
ジャングルジムもつけてみるか!?
いわば、生活空間そのものに成しえるくるま。



現実の世界で走り出したらおもしろいだろうな。




0

2008/12/13

でんきを消して、スローな夜を  

クリックすると元のサイズで表示します



でんきを消して、スローな夜を


2008年の冬至の日、12月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2008年、12月21日、冬至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。


(ホームページより)
http://www.candle-night.org/jp/index.html



クリックすると元のサイズで表示します





0

2008/10/13

ネギを背負って  

ザックパックをのぞきこむと、
ストックかな?と思いきや、刺さっているのは、ネギ!!

標高2763m。燕岳(つばくろだけ)山頂。

地元登山家。キムチ鍋に焼き魚。

僕たちも分けてもらい、うまい昼飯にありつく。




2008年10月4〜5日
4日 約5.5km 5時間30分。
5日 約4.0km 3時間。
長野県 北アルプス 燕岳。標高2763m。


クリックすると元のサイズで表示します



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ