香典返し  

香典返しをご存じですか?
香典返しとは葬儀や法要の時に香典を包んで頂いたかたにお礼として、頂いた香典の半分から7割ぐらいの金額の香典返しの引き物を選ぶようにしてお返しをします

そのお返しを選ぶのに葬儀社さんから引き物を選ぶのも良いのですが、香典返しの相場と人気ランキングから商品を選ぶために参考になるとおもいます

Q&Aで香典返しに関する悩みに回答しているので解らない事や疑問に思う事を解決しているのでとても参考になりますよ、また商品をただ紹介するだけではなくお茶に関しても深く掘り下げて紹介していて、今一番に評価が高いお茶の産地を紹介することでお客様にお茶選び悩む必要が無くなると思います


0

2013/4/27

斎場  

シェーファーFuneralホームの現在のサイトは、Lehightonコミュニティのために1944年以降斎場として働いていました。 ウェンデルD.シュオーツはビクトリア朝風の大邸宅をジョンS.レンツから購入して、資産を斎場に変えました。
1947年に、ウィリアムA.ギャレットは斎場をウェンデル・シュオーツから購入して、1947-1988からの所有者とオペレーターでした。
それから、ケニスN.ファイファーは斎場をウィリアム・ギャレットから購入して、1988-1998からの所有者とオペレーターでした。
1999年1月に、現在の所有者とオペレーター(コーリーA.シェーファー)は、斎場をケニス・ファイファーから購入しました。
コーリーA.シェーファーは、Lehightonの生涯の居住者です。 彼は、1991年にLehighton Area高校を卒業しました。 葬儀プログラムに入るために、西Long支店、ノーサンプトンCommunityカレッジに転校することの前の1991-1993からのNJ、ベツレヘムで、彼はモンマス大学に通いました。 1995年に、彼はノーサンプトン・コミュニティ・カレッジから葬儀教育で応用科学の同僚学位を授与されました。
斎場の購入の前に、Weatherlyに、1995-1998年から、そして、1997-1998からのケニス・ファイファーFuneralホームのために、コーリーはフィリップJ.ジェフリーズFuneralホームで働きました。
コーリーは、レベッカ(ギルバート)シェーファー(また、Lehightonの生涯の居住者)と結婚しています。 彼らには4人の子供たち、ライリー、ジャクソン、グラントとローワンがいて、斎場に住みます。
0

2013/2/2

カタログギフトの真実  

香典替返しに使うカタログギフトって沢山のメーカーから発売されているのは皆さんご存じだとおもいますが、カタログギフトのメーカーによって同じ金額対でもカタログ内の商品が天と地ぐらい違う場合もありものすごく悩んでしまうと思います
実際に問屋さんから仕入れたカタログギフトを使って葬儀の香典返しをしたら施主さんから嵐のお電話を受けた事もありますが、担当もカタログギフトはあまり期待しない方が良いですと言ったらしいのですが施主さんの希望との事でカタログギフトを使ったらしいです

施主の我が儘で商品を使って文句を言われたんじゃたまったもんじゃないのですがサービ業の痛い所でとりあえず申し訳ありませんと謝る事に・・・・

そして、そんな事があった事を忘れそうに月日が過ぎた頃に職場の人間が他の葬儀社さんで行われた葬儀に参列した時に引き出物として頂いて来た香典返しのカタログギフトに職場の全員で驚いたのですが、当社で取り扱っているカタログギフトと比べ物にならなぐらいに内容が充実しているんですよ、まず雑貨とグルメのカタログ別々の雑誌で紹介されいている事とどうしてもカタログギフトであるどうでも良い傘やライトみたい雑貨がものすごく多く食品が掲載数の1割に満たないようなカタログが多いのですが、今回貰ってきたカタログはものすごく食品関係が多くほしくなるような商品が多いんですよ

たぶんこれなら数ヶ月前にした施主さんも納得して使って貰って喜んで貰えたと思いますが当社では取り扱いがないのが・・・
0

2013/1/29

カタログギフトの香典返し  

カタログギフトの香典返しのメーカーは沢山ありますね
多分小さい企業も合わせると数十社ぐらい企業があり、その中で信頼できるメーカーは数社だとおもいます
信頼できると言うのは頼んだ商品が手元に届くと言うのは当たり前の事でもっと重要な商品の質の事を言います
カタログギフトの質は中身の掲載数や内容などの事を言い、例えば同じ金額のカタログギフトを二つの企業を比べて見ると掲載数が1つの企業は500アイテム、もう一つのメーカーは450アイテムだとすると50アイテムぐらい商品数が少なくなってしまいます
次は内容ですが、以前はカタログギフトの掲載内容を見る事は出来なかったのですが最近は中を見て選ぶ事が当たり前になっていてハズレる事は少ないと思います
そんなに極端な差はないでしょうが中身は確認したほうが良いと思います
アイテム数は多いが、これと言った商品が無と言うこともあるので確認したほうが安心できます
0

2013/1/20

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ