第3回24時間映画祭〜報告〜

2007/9/10 | 投稿者: Kota

昨年の10月に引き続き、東京で9月8〜9日の2日間にわたって24時間映画祭が開催されました。
たった24時間で映像作品を完成させるという、ある意味、過酷なショートムービーコンペです。
6月に大阪でも開催されたようですので、今回は「第3回」ということになります(ちなみに、次回は山梨で開催する予定だとか)。

「第1回」に引き続き、中原充率いるSky Theater PROJECT映像部も参加。
抽選でいただいたお題は「人:ポニーテールの女の子」「物:羽」「場所:非常階段」の3つ。
今回は、出演者として『東京おしゃれ探偵シマヅヤマゴウGO!』シリーズでもおなじみ猫のホテルの村上航氏、スカイシアタープロデュース『半ライスのタテマエ』に出演してくれた0BEAMSのすぎやまゆかさん、そしてCRAZY CLIMBERの小林恵さんに参加していただきました。

24時間というのは、映像を作るにはある意味過酷なスケジュール……というのはなんとなくわかってもらえるとは思いますが、最もネックなのは「お題をもらって正午スタート、翌日の正午までに納品」という、開始から打ち合わせ、移動、撮影開始までの時間を考慮に入れると、日中の撮影時間が数時間しかないって部分ですね。
夜のシーンや屋内をメインに撮りたいならそれでもいけますが、そうでない場合、時間との戦いはより一層、激しくなります。

そんなわけで、ある意味手際よく、ある意味潔く取捨選択していく、という進行の中、撮影は完了。
夜を徹しての監督と音声の作業により、無事、納品と相成った次第であります。⇒撮影風景などは、公式サイトのリアルタイムドキュメントBlogを参照のこと

今回の作品はなんでしょうね? エコロジィ・バイオレンス・アクション?
昨年の『10月のクリスマスツリー』のようなラブストーリィとは趣向を変えての出品となりました。

9日の17時より上映&表彰パーティーが代官山ボールルームにて開催。
参加した全13チームのうちの11作品を上映(完成しないチームもあったりするのが、この映画祭らしいところだと思います)、投票にてグランプリが決定しました。

ちなみに我々の作品は、出演者の小林恵さんが、見事、ピンクマ賞(最優秀女優賞)を獲得しました。
また、機会があればこの手の映像コンペには参加していきたいと思います。

今回提出した作品は近いうちに24時間映画祭公式サイトの方で、WEB配信されると思いますので、少々、お待ちください。
クリックすると元のサイズで表示します
※写真は、開始前の授賞パーティー会場風景
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ