楽に死ぬ方法 自殺の方法 - ファイナルプラン

2017/10/26  12:58

自殺の方法 世界の国別  

世界の国々の自殺の方法の代表例 (変死を含む)

アメリカ
・薬物多量使用:コカイン、覚せい剤など
・銃の使用

イギリス
・飛び降り
・銃の使用

フランス
・刃物での出血死
・遭難餓死

ドイツ
・産業機械の使用
・危険森林への侵入餓死

ロシア
・凍死(アルコール多量飲酒)
・銃の使用

イタリア
・飛び降り

中国
・首つり
・刃物での出血死

韓国
・首つり
・飛び降り

北朝鮮
・首つり
・親族などの自殺ほう助

カナダ
・凍死(雪山侵入)
・飛び込み(湖)

メキシコ
・多量飲酒+危険薬物
・親族の自殺ほう助


アメリカについての考察
薬物の取り締まりは、実質的に都市部でしか実施できない。
国土が広く、住居も分散しているため、製造や栽培が行われていても発見がむずかしく、しかも自己使用なら尚更発見は難しい。

薬物の製造栽培の技術書籍の販売や情報の拡散にも歯止めが無い。

世界中から越境密輸による販売の最大のマーケットとして狙われている。

貧富の差が激しく、低所得者の収入源として、違法薬物の販売は、かかせない。

銃については、兵器産業が、アメリカの主な国際貿易の収入源となっており、
また、国の建国時の独立戦争以来、国民は、政府を信用せず、服従しない姿勢を保っており、そのための武器としての個人保有を良しとする精神が、根付いている。
1万円程度の値段で、中古の銃が手に入る環境も見逃してはいけない。
また。購入に際しての規制がまったくない、州が多数ある。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ