2016/12/31  4:16 | 投稿者: きそく

背景を、描けないんじゃない。
背景を描かないという選択をしているのだ。

リーは忍術を使えないんじゃない。使わないんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/31  3:15 | 投稿者: きそく

いやいや、やれよ。買ったなら、と、思ったのでもう一体やってみた。
色々調整をサボッたから若干不具合が出た。
前髪が揺らせないとか。前髪の影が追従しないとか。
最初の読み込みで手を抜くと目パチの修正のやり方がわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/31  2:16 | 投稿者: きそく

Live2D_Cubism_Pro。
いつか買いたいと思ってたけど、ついに買っちゃった。
ソフトの名前にプロってついてるからボク、プロっ!

やりたいことは無償版で全てできたろうに、そもそも素材作るのさえ面倒臭がって無償版ですら使いこなせていなかったのに買っちゃった。
※その証拠に無償版をちょっと触ってみた時の素材を使い回している。
※折角有償版で高解像度のテクスチャをインポートできるようになったというのにそれすらしていない。
※もう一人分素材作ったけど、それにチャレンジしようとする意欲がない。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

けど、やっぱりすげえなあ。下手に何枚も描くより原画一枚に何倍かこだわった方が完成度上がりそう。
0

2016/12/28  21:13 | 投稿者: きそく

クリックすると元のサイズで表示します


0

2016/12/23  23:04 | 投稿者: きそく

0

2016/12/21  22:22 | 投稿者: きそく

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/13  1:11 | 投稿者: きそく

もはや主役より格好いい漫画の悪役キャラといえば?
http://matome.naver.jp/odai/2129290948312933101

他人がどうなろうが知ったこっちゃない悪役が好きだ。
欲しいものを欲しいと言える人間らしい悪役が好きだ。
情愛に揺らがぬ崇高深遠なる信念を持つ悪役が好きだ。

独善偏執的狂人がマイノリティの為に振るう正義は実に痛快だ。
彼らには隙がない。夢のために犠牲を厭わない。
人を殺して叶うならいくらでも殺そう。
世の滅びが創造へ繋がる希望なら、いくらでも破壊を尽くそう。

そこに称賛はない。だが悪役は迷わない。
唯一の、そして絶対なる価値基準に基づいて、人より過酷に求めるのだ。


…………。
ディスティ・ノヴァだ。
最早主役とかどうでもいいぐらいめっちゃ格好良いのは。

ディスティ・ノヴァより格好いい悪役とかいない。
銃夢の二部は若干グダっててトンデモ設定出てくるけど、ディスティ・ノヴァさえ出てればそれでいいぐらいの魅力があった。


あと、禊ちゃんは?

あと、一応言っておきたいんだけど、上のURLで紹介されてるキャラクターのガンダム系は漫画キャラなの?
『もはや主役より格好いい『漫画の』悪役キャラといえば?』
そういうルールを守らないのが悪役だとでも思ってんの?いい加減にしてよ。
『もはや主役より格好いい『漫画の』悪役キャラといえば?』
そういうルールを守らないのは単なるルール違反だよ。小悪党だよ。
0

2016/12/11  21:56 | 投稿者: きそく

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
被写体を、斜めに描くと良いらしいよ。
すぐに影響されて斜めに描いてるよ。

0

2016/11/29  22:41 | 投稿者: きそく

シュールリアリズムとは、超現実主義と訳される絵画技法のことである。
または日本においては突っ込み不能現実主義と訳される。

シュールなんだけど、実はあり得ない話じゃない。
シュールはフランス語なのに、リアリズムは英語というのも実はあり得ない話じゃない。

例えばこういうのはどうだろう。
普通女の子はパンツを見られるのが嫌だから短いスカートを履いててしゃがむ時には中は見えないように気をつける。
だからスカートの中というのは大抵見えないものだ。

普通、地面スレスレの位置で仰向けに寝ころんで女の子がしゃがむ前辺りに陣取っていたら通報される。
だからスカートの中というのは大抵見えないものだ。

だけども、もしも、もしも万が一、短いスカートを履いた女の子がなんの警戒心もなく地面スレスレの位置で仰向けに寝ころんで女の子がしゃがむ前に陣取る俺を通報しなかったらどうだろう。

俺の視点からはパンツが見えるわけだが、実はあり得ない話じゃない。
……シュールチラリズムだ。

シュールはフランス語でチラが日本語でリズムが英語というのも、実はあり得ない話じゃない。

あり得ない話じゃないと思うんだ。
クリックすると元のサイズで表示します
なんか描いてた自分ですらトレスじゃないかと疑うほどに↑この絵パース取れてない?気のせい?
1

2016/11/28  0:06 | 投稿者: きそく

最近全てをサボリがちであること。
昼眠くて夜眠くない生活。

ああただし、昨日一つ発見した。
エクセルのマクロってif分の条件2つ以上設定できるってことを発見した。
なんか何故かできないと思い込んでて昨日できてびっくりした。
逆になんでできないと思ってたのか。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

パースの概念を理解するにはどうすればいいんだろう。
0

2016/11/23  0:09 | 投稿者: きそく

スクリプトを組む言語を選ぶにあたって自由度と必要スキルレベルが競合して
これはあまりに汎用性のない技術であるからある程度自由度というのは妥協するにしてもできることなら習得が簡単な言語を選びたいけどやっぱりなんだかんだケチのつけどころが目についてGUIのしょぼさはどうにかしたいがただし、右クリックメニューやセーブ管理やバックログは標準で文章コピペすればノベルゲームになるようなテンプレートを見つけたい。

面倒くさがりである。
おまけに何故か上から目線である。

ノベルゲーム製作で最早標準の吉里吉里のスクリプトが既に面倒くさいのである。
かといってバックログがないツールは物語を読むのに不適格だ。
某ツクールは商用公開不可だし、後続が発売する気配がない。

で、色々とずっと、僕は探し続けている。

そんな中で少しきらっと輝くノベルゲーム製作ツールを発見した。
Unityのアセット『宴』。
なんか大体コンセプトとしてはエクセルの表を使ってキャラクターの立ち絵だったり、BGMだったり、フラグ管理だったりを入力していけば、それを外部ファイルとして読み込み内部処理でスクリプトに変換してすごい楽だよっていうソフトだと僕は勝手に思ってます。

これだっ!と思ったけど、GUIがしょぼいんだよな……。
すごい楽に作れそうだしファイル管理が楽そうだし、これなんだけど……
GUIがしょぼいんだよな……。
触ったことないけど、触ったことないけど。。

これだっ!ってのの理由として、スクリプトで記述を始めるとすごく見づらくなるんじゃないかと思ってるわけです。
触ったことないけど、触ったことないけど。。

一々動作させながら挙動を確認してスクリプトを修正してという流れが相当面倒臭そうだ。セル単位で管理できるなら、絶対そっちの方が見やすいし修正しやすいはず。しかも難儀なことに吉里吉里さんは多分確かどこでもセーブに対応していなくて一々文章と文章の間にセーブ用のフラグを用意しなければならなかったようなことが書いてあったような気がする。

でもGUIがしょぼいんだよな……。

エクセルで作りたいなあ。
と、思ったそこのあなた。
エクセルで作って自前で吉里吉里のコードに変換するVBEを作ればいいじゃない。

……っ!おぬしっ、天才か!
なにそれ、ちょー良いとこどりじゃん!

配列がよくわかんないなら配列の添え字を格納する配列を添え字にした配列に、配列の添え字の配列を格納すればいいじゃない。

と、マリーアントワネットも言っている。
(言ってはいないが、大体こういうニュアンスのことを言っている)

そうだ、プログラムができないならプログラムしてくれるプログラムを作ればいいじゃない。それすらできないならそれを作ってくれるプログラムを作ればいいじゃない。

例えば百人掛かりの仕事が一つのプログラムによって半分の五十人掛かりにまで圧縮されるのなら、圧縮された業務を更に圧縮したら二十五人で済むじゃない。それを圧縮したら十二.五人で済むじゃない。それを圧縮して圧縮して圧縮したらなんと、一人と0.562人で済むじゃない?0.562人てなんか気持ち悪いじゃない?

……まあ、よくある話だ。
まりーさんは『パンがなければお菓子を食べればいい』と言う。
確かにパンは減らねぇが、今度はお菓子にコストが掛かるんだ。
プログラムしなくて良い分な、プログラムしなくてもいいプログラムを作るコストと、プログラムしなくてもいいプログラムを利用するコストが掛かるんだよ。

じゃあまあ、おとなしくプログラミングしたら?っていう話になるんだ。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/16  22:06 | 投稿者: きそく

やるべきことをやれ。
モチベーションなんて不確かなものに期待したり言い訳にしたりするな。
辛くても苦しくてもやるべきことをやれ。
ただひたすらにしがみつくようにしてそれをやれ。

おそらく大体、こういうことが書いてある記事を昔見た。
http://labaq.com/archives/51835932.html(見つけた、これだ)

こういう記事を見てモチベーションが高まる人もいるだろうし、行動するにあたって、明確な動機付けが非常に重要なファクターであるのは分かる。

そうなんだよ、お前ら。気分が乗らないとか、天気が悪いとか、自分は不幸だとか、そういうのは休憩する理由にはならない。疲れたって理由でリタイアするマラソンランナーなんていない。休みたいからって休む理由探すくらいなら、必死に必死にやってみろよ。

……なんてことを僕は言わない。

やるべきことかどうかの精査は他でやってくれ。
それとは別にモチベーションってのは何を差し置いても最重要な部品なんだ。

物事には正の循環と負の循環というのがある。
ブスの二十五箇条というのはまさにその典型例のようなものだ。
成功体験の多い人間は自信があって笑顔があって人が集まり良質のアドバイスを貰えてそれが新たな成功に繋がる。
成功体験の少ない人間は自信がなくて笑顔が少なく人も集まらず消極的な決断しかできずそれが新たな失敗に繋がる。

なあ、苦しんで苦しんでやるべきか?
なんでそんなことやってんだ?
もっと楽しいこと幸せなこと、いっぱいあんぜ?
他の奴らはずーっとお前と違って楽して幸せそうだぜ?

怪我したランナーが走ってても痛々しいよ。
鬱病の人間に頑張れなんて誰も言わない。

たまには肩の力抜いて思い切り楽しんでからその余韻の中で程々に頑張っていいんじゃないか?

ああそうか。でも、お前はやらなきゃならないことがあるんだっけか。

お前が十時間しがみついてやることを、楽しそうに十分で済ませる奴がいる。
モチベーションってのはエネルギーだ。
ガス欠の車牽いて歩いた苦労話はつまらないよな。
死にそうになるまで頑張ったって愚痴聞いて誰が面白がるんだ。

ゴールに最短で辿り着きたいなら、ズルして楽して気分転換して休憩して、自分を誉めて他人に誉めてもらって、一時たりともモチベーションを崩すな。

じゃないと大抵、折れちゃうからさ。

モチベーションが下がるとできなくなるんだよ。できないこと続けてもつまんないんだよ。ほんとにできなくなる前にとりあえずガソリン入れて来いってお話。

親と上司はその点注意な。
叱ってモチベーション削るとその場ではやるけど、
余程求心力かカリスマがない限り忠誠がガン減りするし、
その叱られた子の自信と成長消えるから。
ちな、過去のことは水に流すけど、実体験な。

俺、あれなんで。誉めて伸びる子なんで。
そこ、よろしくな。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/12  23:23 | 投稿者: きそく

四次元て、なんだろう。
ひいては四次元ポケットにすごいでかいものとかが入る理由ってなんなんだろう。

一次元が点で、
二次元が平面で、
三次元が立体だ。

なんとなくそれはワールズコモンセンスになっていて、
そういう基準で考えると確かに四次元目は『時間』ということになるのかも知れない。
四次元は立体空間に時間の概念が加わったもの、というのがとりあえずしっくり来る理屈であるのは、僕らが生きている世界の立体空間が無限に(時間に刻みに合わせて)存在しているという実感からに違いない。

とりあえず一般人に対して一般人が次元について話す時、このように四次元まではなんなくすんなり納得できそうな解説が可能である。

じゃあ、五次元を解説してくれと言われた時、一体五次元というものがなんなのか、そもそもそれが存在するのかわからない。僕らは五次元を観測していない。

一次元が点で、
二次元が平面で、
三次元が立体で、
四次元が時間だとして、

低次元の存在が高次元を想定できないように、果たして僕らも五次元を観測することはできないし、想像することも難しい。

ただし、何も僕らのこの世界における五次元を解説せずとも、よりミクロなものを取り上げて考えることはできる。

二次元が平面である時、一次元は点である。
三次元が立体である時、二次元は線である。
四次元が時間である時、三次元は立体である。

つまり、その次元は−1次元の無限の集まりであるといえる。
この世界が四次元であるなら、それが無限に重なってできあがるものが五次元だ。パラレルワールドとかそういうのかも知れん。

世の中複雑だね。単純なモデルで考えてみればいいんだ。

エクセルのセルに例えば無限の文字を入力できるとしよう。
これが一次元だとしたら、二次元はそのセルが無限にあるシートということになる。
シートが無限にあるエクセルのファイルが三次元だとして、そのファイルが無限にあるパソコンが四次元ということになる。
さて、パソコンが無限台あったら、もう五次元なんだ。

細かいとこで区切り始めれば六次元だろうと七次元だろうと解説できる。
エクセルってすごいなって思いました(小並感)
エクセル的に言って、僕らは五次元とかに生きてるから、奴らはあれだな。
僕のことを観測できないんだな。五次元人だから。

お前に対する僕の想い、きっと伝わらねぇわ。
僕に伝えようとするお前の想い、きっとわからねぇわ。

僕、五次元人だから。
0

2016/11/6  19:47 | 投稿者: きそく

禁煙のために、タバコの煙ですぐ死ぬ動物を飼おう。
僕がタバコを吸えばすぐさま苦しんで死ぬ、そういう動物を飼おう。

煙ですぐ死ぬ動物と言ったらなんだろう、カナリアだろうか。
どんな動物だって良い、ただ一つ、僕がタバコを吸ったら、苦しんで死ぬ、それだけの条件を満たしていれば良い。
煙ですぐ死ぬ動物に詳しいペットショップの店員はいるだろうか。なんだかんだどんな動物であれしぶとく生き残ってしまうんじゃないだろうか。

すぐ、死ぬ、そういう動物が良い。
甲斐甲斐しく世話を焼こう。良い餌を見繕って帰ろう。
頭を優しく撫でてやる。……愛してやる。

僕がタバコを吸えばすぐ死ぬお前を愛してやる。
お前は僕がタバコを吸えばすぐ死んでしまうとも知らずに、愛想よく僕に懐くのか。いつ訪れるとも知れない僕の裏切りを予期しないのか。

そんな目で見つめないでくれ。そんな目で見つめないでくれ。
僕はいずれお前を殺さねばならぬやも知れぬ。
お前を愛していたこと、お前に愛されていたこと。
お前と共に生きて互いに支えあったこれまでに関わらず、
僕がお前を殺すときは、独りよがりな理由で殺す。
タバコを吸いたい、ただそれだけの勝手な理由でお前を殺す。

僕はね、でも同時に。
誰か愛する人に、愛してくれる人から、
ただ一言、『タバコを止めて』と言われたなら、
きっとタバコを止められる気がする。

心は、いつも満ちている。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/10/8  11:01 | 投稿者: きそく

労働時間○○○時間越えで自殺、過労死認定、とまあ数値の上で過労死自殺判定はされるんだろうけども、別に『労働時間が多いから』『自殺するしかなかった』とまるで直線で結ばれるような短絡的な原因事象として捉えるべきではないように思う。残業何時間を超えたらなんて基準は、あくまで客観的な線引きをしやすいように誰かが決めただけのことであるから。

大体の人は過労死自殺のニュースを見てまずこう言う。
『自分の方が残業時間が多いのに、その自殺した子はなんてメンタルが弱いんだろう。真面目で素直な子だったから、仕事を辞めることもできなかったのかな。仕事を辞めれば済む話なのに、なんでそうせず自殺なんて選んでしまうのか。そうまで追い詰められて考えることもできなかったんじゃないだろうか。いや、もしかすると、自殺にはそれ以外の理由があったのかも知れない』

もし、労働時間が長いことを始点として自殺の終点まで向かう途中に理由を探そうとすると大体まあ上記のような憶測を生む。
過労死自殺認定なんて権威ある機関からの保証がその誤解を加速させるのかも知れない。

考えてもみて欲しいのは、その人は、『自殺するほどに、苦悩していた』、そこが本来の出発点であるということ。
当たり前なことに、仕事を辞めれば負担が減ることくらい二秒考えれば分かることだし、仮に仕事を辞めて生活が苦しくなってもより良い職場を探して再就職すれば良いことぐらい十秒考えれば分かる。いくら、思考力が落ちても、それぐらいのことは誰でも分かる。じゃあ何故、そうしないのか。そうするよりも自殺を選んでしまうのか。
想像できるだろうか。

あなたがそれを想像できないのは、ここ数年、あなたというグラフが少なくとも体感できるほどに下降しなかったからだ。

労働時間が長かっただろう。でもその密度なんて様々だ。難易度なんてそれぞれだ。どう感じるかなんて十把一絡げにできるものじゃない。

追い詰められていただろう。別に仕事量や労働時間の長さに関わらず、追い詰められる人は追い詰められる。追い詰められる時は追い詰められる。

身心に不調をきたすことだろう。追い詰められたからとは限らない。人は誰でも、そしていつでも、思い通り動けなくなるリスクを抱えている。

おそらくそれは鬱病と診断されるものだろうけど、何故鬱病が自殺を考える病気なのかを実のところ、誰一人明快に説明していたりしない。
思考力が著しく落ちて猿並の知能しかなくなる。モチベーションが底をついて指一本動かすのが困難だ。だとしても、何故突然に、死にたくなんてなるだろう。
車に撥ねられて出血多量で意識が朦朧としていたとして、多分死にたくなんてならない。

何故、死にたくなるかと言うと、自分というグラフが、日々、下降していくことを知覚するからだ。徐々に体が重くなっていく。足が立たなくなり、腕が動かない。指を這わせることさえこの先できなくなる。

何が重大かというと、この時本人は、自分が回復する見込みを微塵も感じられないことにある。普通の人が普通に生活して、普通の自分を少なくともなんとなく記憶している数年の間は維持できていて、まあこれから緩やかに衰退するにしても何十年も先のことだろうとなんとなく感じている一方で、異常な人が異常な生活をして、普通の自分が少なくともなんとなく記憶している数年の間に異常にまで落ち込んで、まあこれからその様子で衰退するとすれば、あと何年もすれば死ぬことさえ自分で自由にできない寝たきりの老人か、植物人間のようにでもなるだろう。そんなふうに思う。
『仕事を辞めれば、全部解決するじゃん♪』ホントか?それ。少なくとも、自殺した人間はそうは思ってない。

さて、学歴も経歴も立派で、再就職に困るはずがない人間が、そうした下降の中で別の職を探そうとするだろうか。まず一つに、新しい仕事が、別に薬にならないことは知っている。どんなに楽な仕事であったとしても、それは下降を止めるブレーキではなく、単に踏み込みが浅くて済むアクセルに過ぎないということ。二つに、仮に何もせず生産性の欠片もなくただぼぅと過ごすだけの日々を得たとしても、自分を何か劇的に改善してくれる手助けになんてなり得ないことを知っている。少しはブレーキとして機能するかも知れないが、それは下降を止めきるものにはならないであろうし、まして向かう方向を変えられるものではない。三つ目、まあ、考えてもみれば、別にここのところ、生きてきて得したことなんて何もなかったし、今もこうして辛いままだ。体中が痛くてもう殆ど動けない。

さて、体が、動かなくなる前に、
何も自分で決められなくなってしまう前に、

どうだろうか。労働時間が多いから自殺するなんて糞真面目だ。辞めれば済むのに自殺なんて理解不能だ。そういう問題じゃあ、ないと思うんだよな。
労働時間の長さが自殺と釣り合いを量る天秤に乗るわけじゃない。
命の天秤に乗るのは、抱えた苦悩に違いない。死ぬに足る苦悩は労働時間がきっかけとなることはあるんだろうけど、決して比例して決まるわけじゃない。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ