road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

続々・後期高齢者医療制度の冷酷

陰鬱な気分のまま四月を迎えた。

母は、後期高齢者医療保険の保険証が入った郵便物を開封しようとしなかった。
同年代の友人と電話で「なんとも憂鬱でしかたない」と話しているのが聞こえてきた。

「メタボの検診受けなくていいんだってね」
「そういう扱いをされることが悲しくて仕方がない」

検査なんていらない。どうせ死ぬのだからお金の無駄になるだけ。
厚生労働大臣は、「残存能力を活かせ」と言う。
そう言われる側の悲しみをどれだけわかっているのだろうか。

「キャノンの御手洗さんが定額制の実現を切望したらしいよ。」と伝えると
「キャノンのものは今後一切絶対買わないで」という。
こんな母の言葉をきくのは初めてのことだ。
心の痛みとともに、我が家にとっては年間7万円近い負担増による懐の痛みもまた深刻である。

厚生労働省の担当官僚の発言が、小池質問を通じて広く知れ渡ることとなった。

「この制度は、医療費が際限なく上がっていく痛みを後期高齢者が自ら自分の感覚で感じ取っていただくものだ」

いったい高齢者にどんな罪があって痛みを感じろというのだろう?
もしも痛みを感じなければならない者があるとすれば、それは今日のような財政赤字を生み出してきた政権党の政治家・それを支えてきた官僚自身ではないだろうか?

1990年代、アメリカの抱える「双子の赤字」の解消のために10年間で630兆円の公共投資を約束し、ゼネコンを儲けさせるだけの無駄な大型公共事業をばらまき、この国と地方の財政を破綻させた張本人達。
「際限なく増えていく借金の痛みを、政治家と官僚たちが自ら自分の感覚で感じとっていただくような制度」を、この国の良識ある国民の共同の力で何とか創り出せないものだろうか?

憂鬱な気分の中で、夢想する。











0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光輝高齢者
ありがとうございます。
    
  お蔭様で、気分が落ち着きました。

 若者たちのすさんだ心象風景、何とか   晴れやかなものに描きかえてやりたい。
 若者が、宝でなく手段になっています。

http ://
投稿者:村野瀬玲奈
こんにちは、先日はコメントありがとうございました。^^

今回もトラックバックありがとうございます。この後期高齢者医療制度、これほど有権者、納税者、主権者を馬鹿にした制度はないと思います。政府は人々から預かった税金の配分をし、人々に奉仕する存在なのに、このえらそうな態度。こんな政府は民衆の敵としか言いようがありませんね。

そして、これがキヤノンの御手洗会長(経団連会長でもあります)の要望だというのですか。私もキヤノン製品は買わないようにしなければ。以前に「絶望の経団連ビジョン (経団連とキヤノンにひとこと言いたい人はこちらの宛て先に。)」という記事を書きました。URL欄に入れておきますのでよろしかったらごらんください。

以前のトラックバックが文字化けしていたようで、残念です。さっき送ったものはどうだったでしょうか。

今後もよろしくお願いします。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-81.html
投稿者:eudaimonia
光輝高齢者さま
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、何か意図があるのでは?と勘ぐりたくなるような文書ですね。
「階層離反の試み」・・・ありえますね。「分断して統治せよ」というのは伝統的な方法ですね。75歳以上の高齢者をねらいうちした差別医療制度の始動直後ですからなおさら勘ぐりたくなります。
地元では、19歳の少年が「老人が憎い」と言い「誰でもいいから殺したい」と包丁を持って獲物を探していたところで逮捕というニュースや、少年達がホームレスの住居に火をつけたなどといったニュースが流されています。
苦しみもだえる若者たちがさらに社会的に弱い立場のものに襲いかかろうとする。
なんとも身震いするほどに薄ら寒い光景です。

>黙すれば世のためにならず。
  これは、本日、公的に抗議しました.

その行動力、すばらしいですね。敬服します。

>ン、十年前に中断した ハーモニカ 。今、NHK講座で練習を再開しています。和・洋半クラ.メロディーさえ覚えれば、一応吹ける程度ですが我流ですので、習っています。5月末ホテルで発表会2曲吹きます。(笑)


僕もブルースハープが好きで時々吹いています。おいくつになってもチャレンジされる姿素敵ですね。どうか、発表会にむけて練習がんばってください。

投稿者:光輝高齢者
これは、社会負担源としての老人社会に対する政策思想がよく現れたものとして、強く印象を持ったので、掲載します。      それは今日、防犯協会・警察署の連名で各家庭に配布された多色刷り、アート紙4Pの文書。

 
生活安全ニュース・平成20年春号
  平成19年・当署管内の犯罪実態

以下、手口別に犯罪件数を列挙してあるのは至極当たり前ですが、唖然としたのはその次
です。

赤文字大見出し。特別枠つきで、

 さらに! 高齢者の犯罪が増えています!
 万引き犯・全335人のうち、
    成人 198人
    少年 137人 とあり、

   特に、65歳以上は、75人 
      65歳以下は123人 で、

《 特に、65歳以上による万引きは、
  75人と高齢者が目立っています。 》

と、円形グラフまで添えて強調しています。

     (数字は一部加工)

全戸に回覧すれば、思慮の浅い大人や子供には、《 老人 》は犯罪予備軍だと、容易に刷り込まれてしまうでしょう。これぞ、階層離反の企みと言うのは、私の、思想が下品なのでしょうか? 窃盗・万引き犯罪などの増加著しいのは、社会病理の亢進で、特に老人のみが責めを強調されるべきものではない。意図的な万引きならば、年齢を言うべきではなく、みな犯罪。ボケにより引き起こされたのなら、これは医療の問題。生活苦が原因ならば、それは、社会支援が如何に貧弱であるかの証明にすぎない。あえて、《 老人 》を強調することに、特別の必要があるのか?老人を社会負担の元凶とする、《 例の人たち 》の思想が、これまた如実に現れたものかと、戦慄を禁じ得ませんでした。黙すれば世のためにならず。
  これは、本日、公的に抗議しました.
なにか、希望に満ちたお話がしたいですね。ン、十年前に中断した ハーモニカ 。今、NHK講座で練習を再開しています。和・洋半クラ.メロディーさえ覚えれば、一応吹ける程度ですが我流ですので、習っています。5月末ホテルで発表会2曲吹きます。(笑)

       

http ://
投稿者:光輝高齢者
ご共感ありがとうございます。この頃、雨後の筍のような、老人はいれます外資保険も、老人医療のチャンスを、結果として、それらに売り渡したのだと思えば、加入を躊躇われます。武士は喰わねどーー。老いた病人はどこに行くのでしょうか?患者は右往左往。一方、日本の医者達も、朝令暮改の条例に翻弄され、いまや悲惨です。後期高齢者医療制度の詳細な中身は国民に全く知らされず、マスコミの報道は表層的な部分に過ぎません。むしろ、ガス抜き効果を狙っているように思えます。広域連合や自治体窓口に尋ねても、おそらく詳しいことは言わないようになっているのでしょう。突っ込んでも、通り一遍の事しか言いません。充分、研修を受けている筈なのですが。主病、主治医、点数制限、受診制約、徴収根拠、いろいろ聞くと、お名前とご連絡先をと、いわれました。アノ人が、いよいよ****風が吹いてきたと。暗雲再び来る。破邪の撃針(一票)を、見事に打ち込んむぞ。78才、負けてたまるか!です。お大事に。   
投稿者:eudaimonia
光輝高齢者さま

コメントありがとうございます。
ご指摘、多いに学ぶところあり考えさせられました。

>それにしても『後期高齢者医療制度』。この国の、国民に対する政治のありようを如実に凝縮して、見事としか言いようがない。

若い世代に対して「これは未来の自分の話」だと説く考えもありますが、そうではなく「これは現在のこの国の政治のあり方の本質を示す話」ですよ、と説く必要があるように思います。
鋭い問題の提示ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者:光輝高齢者
改名届 改名前  ・高貴高齢者・
    改名後 『 光輝高齢者 』 
    理 由  2008.04.03.18:46:40
もものけ日記に先出あり
 以上の理由により投稿名を改名しました。
投稿者:高貴高齢者
私は、 後期高齢者といわれる覚えはない。高貴高齢者である。私は、この国の民とて、尽くすべきは充分尽くしてきた。この国には、怪僧ラスプーチンが、たくさんいるようだ。アメリカかぶれの学者、財界人、政治屋、官僚。何かにつけて、国政をあやめ、妄言をほしいままにする。この国の政治の、目を覆うばかりの貧困。このたびの進言は観音(CANON)様とか。仏のはずが実は鬼面。あな恐ろしや。仏は民をみそなわさず。選挙による国民の政治参加・民主主義は幻想にすぎない。一部による政治の蹂躙。それにしても『後期高齢者医療制度』。この国の、国民に対する政治のありようを如実に凝縮して、見事としか言いようがない。「長寿ーー」などと言い換えず、「後期ーー」そのままがよろしかろう。『後期高齢者医療制度』。なんと言い替えようとも、この国の政治の本性を言い表し、胸に刻み込んで決して忘れる事はない。滅びに至るこの国を救うものは誰か。すでに終わりか。


投稿者:eudaimonia
abi.abiさん。ありがとうございます。
転載もちろんOKです。
投稿者:abi.abi
TBありがとうございます。
ブックマークさせていただきました。
今日の、後期高齢者の記事あとで転載させていただいて良いですか?
1|2
AutoPage最新お知らせ