road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

続々・後期高齢者医療制度の冷酷

陰鬱な気分のまま四月を迎えた。

母は、後期高齢者医療保険の保険証が入った郵便物を開封しようとしなかった。
同年代の友人と電話で「なんとも憂鬱でしかたない」と話しているのが聞こえてきた。

「メタボの検診受けなくていいんだってね」
「そういう扱いをされることが悲しくて仕方がない」

検査なんていらない。どうせ死ぬのだからお金の無駄になるだけ。
厚生労働大臣は、「残存能力を活かせ」と言う。
そう言われる側の悲しみをどれだけわかっているのだろうか。

「キャノンの御手洗さんが定額制の実現を切望したらしいよ。」と伝えると
「キャノンのものは今後一切絶対買わないで」という。
こんな母の言葉をきくのは初めてのことだ。
心の痛みとともに、我が家にとっては年間7万円近い負担増による懐の痛みもまた深刻である。

厚生労働省の担当官僚の発言が、小池質問を通じて広く知れ渡ることとなった。

「この制度は、医療費が際限なく上がっていく痛みを後期高齢者が自ら自分の感覚で感じ取っていただくものだ」

いったい高齢者にどんな罪があって痛みを感じろというのだろう?
もしも痛みを感じなければならない者があるとすれば、それは今日のような財政赤字を生み出してきた政権党の政治家・それを支えてきた官僚自身ではないだろうか?

1990年代、アメリカの抱える「双子の赤字」の解消のために10年間で630兆円の公共投資を約束し、ゼネコンを儲けさせるだけの無駄な大型公共事業をばらまき、この国と地方の財政を破綻させた張本人達。
「際限なく増えていく借金の痛みを、政治家と官僚たちが自ら自分の感覚で感じとっていただくような制度」を、この国の良識ある国民の共同の力で何とか創り出せないものだろうか?

憂鬱な気分の中で、夢想する。











0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光輝高齢者
心ならずも、お年寄りの心を傷つけてしまった?「心ならず」だと?「お年寄り」だと?今更、年寄りにすり寄るのはやめてもらいたい。全国の年寄りよ!あなた方に、いつの間に「お」の字をつけられた?慇懃無礼な彼らに「お」の字をつけられる謂れはない。天引き、保険料の多寡、未納者の保険証の召し上げ、診療制限、あえて若年者からの支援を言う、恩着せ。いろいろあるけれど、75歳の線引きに最大の「怒り」があるので、どのように謂い作ろうとも、彼らに対する信頼は消えうせたのである。私らの国はどういう「国」か?「わが身の」また「若者=後の世の年寄」にも思いを馳せ、残り少ない持ち票を、地縁血縁、義理人情にとらわれぬ、信ずる処に、有効に行使するぞと、決意するのである。どうしても分けるのが好きならば、就業者か非就業者、在職者か退職者、高収入者か、低収入または無収入者にグループ分けし、低財源側に援助するのが「当たり前」にすればよいのである。それにしても、秋葉原事件。徹底的に追及、断罪すべきだが、何か、個人的理由に収斂させようとの風潮ではないのか?老若を問わず起こる、この種の事件、社会的強者は、贈収賄、詐欺、猟官、渡り、など行うが、弱者の事件は、生き詰まった「身一つ」で行うので、詰まる所、「殺人」「自殺」と、悲惨である。皆がほとんど確信をもっている、その社会的遠因、公に言えば事故の利益追求に反するゆえ、また、見て見ぬふりが自己の保身につながるゆえ、あえて口をつぐむ。日本人の性(さが)。われわれが、この数年を無駄にし、いつの間にか作り上げた、この国の、この民に対する、社会の、政治の、経済のありよう。根本的に洗いなおし、われわれの「国」を作り直すのは、今をおいて無いと思う今日この頃なのであります

,omaennsaki
投稿者:プレカリアート
 初めまして。「アフガン・イラク・北朝鮮と日本」というブログを書いている者です。
 後期高齢者医療制度に関する貴ブログの記事、大変参考になりました。拙ブログでも、それを基に関連記事をアップしました。私の親も、この制度にはカンカンに怒っています。

http://blog.goo.ne.jp/afghan_iraq_nk/e/a2ad639ea5e92eb960d126569828830b
投稿者:光輝高齢者
開設者様。有難う御座います。(先稿修正)

私の数々の勝手な発言を、快くご掲載下さいます事、厚く御礼申し上げます。表現は粗雑、お赦し下さい。この国の庶民は、臨終は自宅。が当たり前でした。私は、家族が病院でなくなったのは実母が初めて、一昨年は妻でした。私は、人が病院で終焉を迎えることは、重篤なことでない限り非正常な事と思っています。家族が集まり共に臨終を迎える事が、大事だと考えるからです。病院で死ぬことが已むを得ないのは、勤務地が遠くても満足に帰って来れない。日数も取れない。勤務から離れられない。嫁いだ先のこともあるでしょう。ついつい周囲に遠慮しなければならぬ勤務環境。昔とは激変した社会構造が、家族の死に対する在り様をも変えたのではないのですか?就職したら、結婚したら、肉親矢故郷との別離。これを繋ぎ止めるのも、社会福祉や医療の一面のありようだと思います。できない状況があるのに、在宅出産、在宅看取り。いま大声で叫ぶ人がいます。家族を思ってではなく医療費削減の見地からでしょう。ここぞとの政策アピール、目玉商品でしょうか。それができる社会構造に変えようとしない限り、欺瞞であり、いじましい。複数の罹病を主病一本に集約し定額に、主治医を決めよ。今の医師は専門性が強く、他科の質問をしても返答できない人が多い。果たして主治医として、極められた枠の中で、総合的なアドバイスを与える事ができる医師に巡り合えるのか、当の医師でさえ敬遠しているではありませんか。ともすれば個人の営みをスポイルする社会構造を、長年に亘り推進してきた(われわれにも責任がないなどとは言いませんが)中心の人たちが、それによって莫大な権益や利益を得ているにもかかわらず、その人々の主導・発案によって、今回の制度が行われた事に、いわば兵隊として貢献してきた我々の、怒りを抑えることができないのです。誰がやっても実負担は似たり寄ったりかも知れません。でも、思想精神が卑しいのです。若年層と老年層の埋めがたい断層をつくり、今後の国民の幸福や、医療・福祉の道筋をいとも簡単に枉げた事への怒り。失望感、喪失感といってもよいでしょう。78年目に見たものがーーーーー            此れか! です。
またまた歯に衣着せず言ってしまいました。  丁度、入れ歯をはずしていましたので。

           失礼いたしました。





,omaennsaki
投稿者:光輝高齢者
寄る辺のない、孤立の無年金者は、保険料の納付のため、どうするのだろう?医療難民?ヤミ金にでも行け、か。この頃、孤独死を予感する人が、死後の始末を預託する事業があるという。なんか、有り難いような気がしてきた。今日、改正後初めて病院に行った。ここに来ている老人たちは、まだ幸せなのかも知れない。かつて、惻隠の情という言葉があったらしい。彼らには非効率の極みなのであろう。政治工学。無機質(陰では有機質でドロドロ)。効率だ。僕は、そこいらの爺さん。高邁な理論は面倒くさい。理詰めで生きてる訳じゃない。僕たちに判らないこと考える、判らないように、わざとする、偉い人っているんだナー。

,omaennsaki
投稿者:光輝高齢者
改革だ! 実行だ!
 で、やりました! ついに出てきた!

あれだけ浮かれ、賛美した、改革と実行。
痛みをこらえた挙句、目の前に突如現れた 怪物は何か?

与党はおろか、野党もマスコミも、真剣に 警鐘を鳴らし続ける者はいなかった。
野党に責任はなかったとは、言わせない。
今になって、鬼の首でも取ったようにガナリたてるのは、みっともない。まず、反省だ。

国民も、関心はあったものの、それ以上の
対応はできなかった。

情報のこれまでにない隠匿といってもよい。

ひとごとではない、団塊の世代の戦慄。
その後、そのあとの若者たち。こんなことが解決策に なるのか?

一方で、実態も掴めぬままの、国費の無駄 遣い。小出しの情報。税が有効に使われたという充実感、あなたにありますか? 無駄を省いた後に、新たな無駄が発生しない保証はどこにもない。

いまにして、「まずかったな」と言う鈍感。躓きを、「マスコミ報道のアンバランス」と言う的外れと傲慢さ。「わざわざ納付に出向かなくてもいいでしょ。」と、押し付けがましさ。いつも、こんな風だ。お花見は、さぞ楽しかったでせう。

これからは、10年先20年先を、よくよく考えて投票します。生存していれば。わが生命は、彼らの手中ですから。

将来のお年寄さん。すべてに目配りした、新しい「カタチ」を作るのは、あなた方、あとでは間に合いませんよ。黙っていると、取り返しのつかぬ事になりますよ! 




,omaennsaki
投稿者:eudaimonia
光輝高齢者さま

コメントありがとうございます。
気持ちのこもった川柳ですね。
投稿者:eudaimonia
Denjapanerさん

来訪&コメントありがとうございます。
さっそくブログ見せていただきました。
興味津々。後ほどゆっくりと読ませていただきますね。
「新自由主義とグローバルに戦っていきましょう」とデンマーク在住の方に言われると、本当に国際連帯っていう気持ちにさせられます。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者:Denjapaner
初めまして。Denjapanerと申します。後期高齢者医療制度に触れているブログの声が聞きたくて検索していて、貴ブログに出会い、関連記事を全部読ませていただきました。(また、「規制緩和」がもたらしたもの』の履物屋さんの写真にも、心打たれました。)

まさに心凍る制度だと怒りがふつふつ湧き上がります。国外にいることもあり、制度が実施されるまでその問題性を知りませんでした。田舎にいる祖母や、まもなく「前期高齢者」と呼ばれるようになる両親を思い、心が痛みます。

私のブログは、ぜんぜん主旨は違うのですが、新自由主義批判という視点は同じです。世界を蝕む新自由主義と連帯してグローバルに戦っていきましょう!

http://denjapaner.seesaa.net
投稿者:光輝高齢者
喜寿傘寿 後期囲いに飯(めし)もなく いまわのきわは 搾り粕もなし

我こそはと 正義面(づら)する諸先生 民の嘆きは カエルに ションベン(小便)

人信じ 清き一票入れたれど 出てきたものは 毒毛虫のみ

道徳や 愛国なぞと おぞましき 何たくらむや まがまがしきは

やんごとなき お上の母の老いたるは いずくの診たて(みたて=診察=医療) 受くるなるらん

扶養母に 保険払えと言うなれど 払うは嫁の ボロ財布なり

保険替え 何変わらずという口の 袖の下なる 苛斂(=苛斂誅求)の刃(やいば)



,
投稿者:eudaimonia
村野瀬玲奈さま
先日は見事に一杯食わせられてしまいました。あんなに真剣にコメント送ったのに!
ああなんて、お馬鹿な僕でしょう<(_ _)>

御手洗氏がこだわったのは、後期高齢者が「かかりつけの医師」を決め、保険から支払われる医療費を外来で月6000円の定額制(包括制)にするというシステムの導入です。

経団連とキャノンについての記事読ませていただきました。

>ちなみに、キヤノンのホームページに掲げられている「企業理念」は「共生」だそうです。

その中に「文化、習慣、言語、民族などの違いを問わずに、すべての人類が末永く共に生き、共に働いて、幸せに暮らしていける社会をめざします。」という一文があります・・・

その言葉の美しさと、経営者たちの現実の行いとのギャップの激しさに思わず笑ってしまいますね。
今後ともよろしくおねがいいたします。
もうかつがないでくださいね。

光輝高齢者さま

>若者たちのすさんだ心象風景、何とか   晴れやかなものに描きかえてやりたい。
 若者が、宝でなく手段になっています。

そのとおりですね。
この事についてはまた記事を書きたいとおもっています。
街の破壊と若者の犯罪の増加についてはとくに今思いを巡らせているテーマです。
 


1|2
AutoPage最新お知らせ