road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「規制緩和」がもたらしたもの

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この店は、わが町の江戸時代から栄えた街道の沿道にある。いや、あった。
その歴史は100年をゆうに越えるであろう。
一昨日、ひっそりとその長い歴史の幕を閉じた。

それは、その日偶然そこを通りかかった時のことだった。
おそらく近所の人なのだろう。一足の靴を買い求めにきたその人に、かなりの高齢に見える店の主がなんどもなんどもお礼を言い頭を下げていた。
「よういらっしゃったなぁ。ありがとう。ありがとう。」
その声はかすかに震えていた。客は、押さえきれない何かの感情をふりきるかのように足早にその店に背を向け歩き出した。
買ったばかりの靴の袋をしっかりと握りしめ、それを前後に大きくゆすりながら・・
その婦人が、靴を求めてというよりも、その店の主人の労をねぎらい、その店に最後の別れの言葉を告げるためにそこにやってきたということは明らかだった。

子どもの頃からよく通った道。
よく買い物をした記憶のある店を含め、その道の沿道が今急速に姿を変えつつある。
少なくともこの40年間、見つめ続けてきた街並み。僕もまた街に見守られ育ってきた。
変わらないことに安心し、それを当たり前のように考えてきた自分にとって、
街の急変はにわかには受け入れられない、やりきれない現実である。

家族経営の零細商店が、大きな資本を持ったコンビニなどに駆逐され、廃業に追い込まれていくことは、資本主義経済の発展法則からみれば、いわば当たり前のことなのかも知れない。
しかし、すくなくとも次の事実は記憶されねばならないだろう。
中小小売業の営業を守るための規制はまがりなりにもかつて、この国にはあった。
それらの規制は守られ発展させられる必要があった。

たとえば、1973年制定の大店法。
それが、93年の規制緩和、98年の廃止へと追い込まれていく。
アメリカと財界の要求を受け入れ、零細経営を切り捨てる選択をこの国の政権党はしてきたという事実。
それを多くの国民が支持してきたのだから、それは仕方のないことなのかも知れない。
その結果、大きな駐車場があり、より安く、品揃えがよく、かつ小綺麗な店があっちこっちに出来ることになった。

だが、たとえば車をもたない老人たちは、それで便利になったのだろうか?
だが、たとえば、商店街があることによって街が持っていた人々の絆はどこに消えてしまうのだろうか?そしてそのことは、子ども達が育つ環境にも大きな負の影響を与えてはいないだろうか?

我々は目先の便利さや目先の損得ばかりを追い求めすぎたのではないか。
その結果、何か大切なものを失ってきたのではないか。
最近の心を凍りつかせるような事件、ニュースはそのことを我々に鋭く問いかけているような気がしてならない。
0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ