road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

3・11をわすれない追悼コンサートで語ったこと

(この一文を今は亡き、僕の大好きだった忌野清志郎に捧げます)

昨晩、「3・11をわすれない追悼コンサートinいわくら」に出演させていただきました。
コンサートでしたが、うたうよりもむしろ語りたかった。
話したい内容を原稿にしましたが、実際にはこの通りには語れませんでした。
理由は、ひとつには時間を気にしたから。もう一つは、途中で頭の中が真っ白になってしまったから(^^;)
以下、語る予定だったシナリオをのせておきますね。
 

こんばんは、はりけえんです。

まず、少しお話させて下さい。今日は歌いたいというよりもむしろ、話がしたいと思って参加させていただきました。

2年前のあの原発事故について政治家達がいけしゃーしゃーと「想定外だった」などと言っていますが、大嘘ですね。事故の5年前に、国会でこんな質問をした議員がいました。共産党の吉井英勝さんです。

「大地震・大津波により全電源停止になる危険がある。そうなれば原子炉が冷やせなくなってメルトダウンがおこる。どれくらいの重大事故になると考えているのか」

政府側の答えは、簡単に言えば

「そんな事故はおこりっこない。だから起こったときの事を考える必要もない。」

想定せよと迫られても、 想定することをさぼっていた。
重大事態にそなえて、非常用電源の系列を増やせという吉井さんの提言も完全に無視した。

その国会質問に答えた当時の首相、だれだか知ってますか?

安部さんです。その安部さんが、この件について何の責任をとることもなく、またぞろ総理大臣になった。しかも高い支持を受けているといいます。
僕にはどうしても理解できない。
地震・津波は天災でも、原発事故は明らかに人災です。
人が引き起こした災害。「人がひきおこした」という時に多くの人は、その中に自分を入れていないのかな?と思ってしまいます。


10年ほど前、僕はある高校で講師をしていました。

生徒達に、チェルノブイリ事故の話・その被害のすさまじさ、日本の現実・狭い国土に50基以上も原発があること・小さな事故は繰り返しおきていること、1999年東海村の燃料加工工場で臨界事故が起こり600人以上が被爆・多量の放射線を浴びた作業員も命が失われるという大事故も起きていること、放射能は一度放出されると長く環境の中にとどまり命を破壊し続けること・事故によるガンや白血病などは、事故のことをみんなが忘れた頃に、後になってからじわじわ増えてくるということ・影響は大人よりも細胞分裂のさかんな子どもの方がうけやすいこと、日本は地震大国であること、そこに原発がひしめいていること、チェルノブイリ級の大事故はいつおこってもおかしくないことetc.etc...
ずいぶん時間をつかって伝えました。

そうするとある生徒がいうのですね。

「先生、こんなところでのんきに勉強している場合じゃない。
 原発の近くの人にこのことを知らせにいかないと・・」

彼らには、曇らされていない感受性がありました。
決していわゆる偏差値の高い学校の生徒たちではないけれど、
彼らは体で感じたことに正直でした。
 
我々大人も、事故当時は体で感じたことに正直だったと思います。
「おきてはならないことがおきてしまった」と心の底から思ったに違いない。
だが、時間が経つにつれ、体で感じたことが薄らいでいく。
理屈がこねられ、仕方がないと思いこまされる。
このひどい現実が正当化され、自分が何もしないことが正当化される。

そして再び原発が動き出す。
「今の生活レベルを守るためには仕方がない」などと理屈がこねられる。
だが、その理屈は体をなっとくさせることはできない。
 なぜなら
「一部の人たちの犠牲の上にのった幸せなどありえない」
と、体は知っているから。そう感じる体を失っていないから。
ぼくはそう信じたい。

忌野清志郎という人は体の感じることに正直に生きた人、子どものように曇らされていない感受性をもった人だったと思います。
彼のバンドはチェルノブイリの事故後、カバーズというアルバムを出しました。
原発に反対する曲が2曲入っていました。
レコード会社は清志郎をよび、言いました。
このアルバムは発売できない。反原発はタブーだったんですね。
レコード会社はこうもいいました。反原発の曲を削除すれば発売してやる。
それに対する清志郎の答えわかりますか?
彼はもちろんNO!といった。
しびれますね。自分を貫くところがしびれるほどにかっこいい。

そのうちの一曲「ラブミーテンダー」を歌います。



youtubeのこの曲にこんなコメントをみつけました。
「清志郎好きだったけど政治的発言が多すぎるのがいやだった。
でも今、自分がそう思っていたことを後悔している。」
3・11後、もしかしたら世界が清志郎に一歩ちかづいたのかな?って思います。


今年、今いる小学校のこどもたちに、
「詩をかいてください。ぼくが気に入ったら曲をつけるからね。」
と呼びかけました。
ある6年生が紙にぎっしりと書いた詩をもってきました。
内容は、ビッグバーンから始まって、地球の誕生・生命の誕生・いのちの進化と人間の誕生・文明の歴史・日本の歴史から現在にいたるまでの実に長い詩でした。残念ながら、 とても曲にはならないと思いました。
でも、何度も読み返していたら、その子の思いがなんだか伝わってきたんです。
こんな風にです。

この星は、
何億とある星の中で生命が生まれた奇跡の星。
長い長い時間の流れの中で生命はバトンを受け継ぎ、
そのいのちのつながりの中で人間がうまれた。
ところが今、
その人間の行いによってかけがえのないこの星が危機にさらされている。
自分たちがこの地球を守らなければいけないのだ。

僕は、12才のこの少年の言葉にこれからの未来への希望のようなものを感じました。
その詩に手を加えてできた曲を歌います。
「奇跡の星」
0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ