road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

イラク戦争、われわれの罪

ロイターのニュースより



 [ワシントン 22日 ロイター] 民間の内部告発サイトのウィキリークスは22日、イラク戦争に関する米軍の機密文書約40万点をインターネット上で公開した。米軍がイラク当局による虐待などの事実を知りながら、調査を行わなかったことなどが含まれている。

 ウィキリークスは7月、アフガニスタン駐留米軍などの機密文書7万点以上を公開して議論を巻き起こしたが、今回の情報公開はそれを大幅に上回る規模。米当局者は、こうした機密文書の公開により、米軍兵士やイラク側の協力者が危険にさらされると非難している。

 米国防総省のモレル報道官は「ウィキリークスが法律に背いて情報を流出させるように個人に働きかけ、傲慢に機密情報を世界と共有することを遺憾に思う」と語った。

 ウィキリークスは今回、イラク戦争に関する2003年から2009年にかけての機密文書を公開。その中には、民間人の死者数が6万6081人だったとの記録も含まれている。

 同サイトの創設者ジュリアン・アサンジ氏 は、公開された文書は戦争犯罪の証拠だと主張。同サイトは声明で「民間人が検問で無差別に殺されたとの報告や、連合軍部隊によるイラク人拘置者への拷問のほか、屋根に反政府勢力と疑わしい人物が1人いるという理由で、米軍兵士が民間施設を丸ごと爆破した報告がある」としている。

 公開された文書によると、2007年には、米軍のアパッチヘリコプターが、投降の意志を示したイラク人2人を殺したケースもあった。また、イラク軍兵士が捕虜を処刑する場面を映したビデオの存在も明らかになったという。


大義も何もなかったこの卑劣で残虐な侵略戦争に、真先に賛同し支持を表明し、協力したこの国の政府。
日本国憲法前文を都合よく引用し、破廉恥な演説をしたコイズミの顔が、いまもはっきりとおもい浮かぶ。
だが、彼に圧倒的な支持を与えたのは我々日本国民だ。
だとすれば、我々は自らの罪を問わなければならない。
われわれの罪を問い続けなければなるまい。

某隣国へのドギツイ批判が電車の中吊りの週刊誌の見出しに踊っているが、とても気になっている。
理性を失うなかれ。他を見つめるように自己を見つめよ。
自らの罪を見つめることだけは怠らないようにしたい。


0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:eudaimonia
コメント頂きありがとうございます。
最近記事書いてなかったけど、ローズママさんのように読んで頂ける方がいるのでしたら、またちょくちょく書こうかなって思っています。
ブログものぞかせていただきました。
いきなり綺麗な娘さんの写真がでてきてびっくりしました(^_^)
投稿者:ローズママ
生き方探ししているうちにこちらのブログ辿り着きました、無宗教的な生き方をしてきた私は今頃になって迷っています。舅姑が亡くなり娘を育ていざ自分の老いを感じる様になった今この先何が待っているのでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/smilelife57911
AutoPage最新お知らせ