road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2017
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

本当の争点

来る総選挙における最重要の争点は何か。
このような問いにあなたなら、どう答えるのだろう?

この問いに対し、非常に納得のいく答えをくれた方がいた。
元NHKのディレクターの戸崎賢二さん。彼はこう言っている。
(以下少し長い引用、ほぼ全文)


 総選挙関係のテレビ報道を見ていると、まず財源をめぐる自公と民主の論戦、応酬が取りあげられ、あとは自民大物議員が民主新人候補に苦戦中のルポ、といった具合に、一種パターン化した伝え方があるようだ。
 財源問題は重要な争点であり、政権交代はたしかに関心が高いが、「政権選択」を全面にした大量の報道の中で、政治的な少数意見にも目が向けられているだろうか。何か埋没している重要な争点はないだろうか。

例えば自民も民主も共に 衆議院の議員定数の削減を公約に掲げている。しかし、この問題をメディアは正面から取りあげていない。
 特に民主党は比例定数を80も削減すると公約した。この公約が実現すれば、2007年の参院選の結果で試算した場合、自民・民主で95%の議席を占め、2党以外の政党は33%の得票率でも4.7%の議席数しか得られないという。少数政党の議席数は激減し、国会における少数意見の事実上の排除が実現する。

 
自民、民主は憲法9条の改変では方向が一致しており、自衛隊の海外派兵のための恒久法も同じく必要としてきた。

国会での少数意見はいうまでもなく憲法9条をまもり、自衛隊の海外派兵を許さないというものだ。定数削減はこうした国会内の抵抗を著しく弱めることになる。
 生活重視とか景気回復とかいっても、選挙後は改憲勢力が動きを強めるかもしれない。そのとき、少数意見の排除につながる定数削減が日本の政治になにをもたらすのか。


どこも同じような総選挙報道の中に、民主主義の根本に関わる重要な争点に目を向けるセンスを求めたい。(「しんぶん赤旗」より)


巧妙に隠されている本当の争点が見えてこないだろうか?
イギリスには「選挙による独裁」という言葉があるという。
ナチス党もまた民主的なワイマール憲法下の選挙によって独裁をかち得、そしてその後憲法を破壊した。
この選挙、改憲勢力・消費税増税勢力の独裁を認めるのか?それとも否か?そのことが我々に問われているのだ。










12
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pMailAgency
雇用問題を重視する人は、情勢によっては社民 (または共産) に投票すべき

衆院選での投票先調査で、特に社民党が伸び悩んでいるようです。
自民・公明に愛想をつかした人が民主に流れるのは、結構なことです。
しかし、元々社民 (または共産) 支持の人が民主に流れるのは、場合によっては良いことではありません。

雇用問題を重視する人は、投票時に最新の情勢を判断し、比例区では
(1) 自民・公明に対し民主が確実に優勢でない場合は民主に投票し
(2) 自民・公明に対し民主が確実に優勢である場合は社民 (または共産) に投票した方がよいでしょう。

現実問題として、民主党の中には保守的な議員も多くいます。
連立を組む社民党議員が減少し、民主党が単独過半数を超えると、
民主党が保守化する懸念があります。

この点は要注意です。たとえば、
民主・社民・共産各党の本部・各都道府県支部・各衆議員候補・各参議員に対し、
技術者等の非正規雇用禁止を希望するメールを送ったところ、
社民党の都道府県支部の一つからは、次のような回答がありました。

> メール有り難うございました。
> 民主党のマニフェスト内容で「原則として製造現場・・・・派遣を禁止」についても、押し上げるのに大変でした。
> 民間大企業の労働組合は、多くは旧同盟系が主流なので、「製造現場への派遣の禁止」には、かなりの抵抗がありました。
> 社民党の踏ん張り抜きには出来なかった事項ですが、指摘された「技術者等の非正規雇用禁止」はかなりの協議が必要かと思います。
> 派遣労働そのものを禁止する状況に引き戻すには、専門業務以外はしっかりと派遣を禁止することをガードすることが、まず重要と思います。
> 政権交代は確実です。社民党は、雇用、平和で民主党のブレを引き戻し、闘いながら政権内でガンバルことが役割です。
> 今後とも、意見をメールして下さい。

これによれば、社民党の発言力が弱くなると、非正規雇用対策が後退する恐れがあると考えられます。
したがって、雇用問題を重視する人は、情勢によっては社民 (または共産) に投票すべきでしょう。
賢い有権者なら、戦略的に投票しましょう。

この件は特に強調していただきたいと思います。

以上、自民・公明に対し民主が圧倒的に優勢である場合に考慮すべき話です。
投稿者:eudaimonia
ちろさんから、拍手コメント頂きました。
ありがとうございます!(^o^)
せっかくなので掲載させて頂きます。

9条護憲バカ、ちろ、この記事読んで、ハッとしました。
けど、前橋市眠(誤字、ぢゃ無いんデス)、こみゅ、に投じられない(爆)。
1票を生かすために、眠主に希望を託すけど・・・その後が心配デス。
比例区はこみゅとオムライス党、投票直前まで悩みそう・・・。
投稿者:eudaimonia
文字化けしてしまっていますが、
大脇道場さんからトラックバック頂いています。

大脇道場 NO.1272 国会議員定数削減・比例削減反対への共同を呼びかけます。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1306.html#trackback
AutoPage最新お知らせ