2010/9/19 | 投稿者: kama

生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0.5%以下である。30〜40代に好発する。

子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。

子宮筋腫はエストロゲン依存性良性疾患であるため、閉経後は縮小するので、外科的な処置をしないことが多い。エストロゲン依存性の疾患として、ほかに乳腺症、乳癌、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、子宮体癌などが知られている。特に子宮内膜症と子宮腺筋症の合併例は多く、月経困難症の合併をみることがある。子宮内膜症の合併は約20%である。


子宮筋腫の改善には

福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル 福田 シゲ子 口コミ 

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の治療法
0




AutoPage最新お知らせ