2018/5/12

ニュートラムという乗り物  短歌

大阪市営のニュートラムという乗り物に乗った。母校の野球部の試合の応援のために南港の野球場に行く際に利用したのである。この乗り物には以前にも何度か乗ったことはあるが、今回はこれが全面自動運転の乗り物であることを駅の表示で初めて知った。英語ではAGTというらしく、公営の乗り物としては最近まで唯一のものであったらしい。

AGTというのは、Automated Guideway Transiの略で、小型軽量車両が自動運転により専用軌道上の案内軌条に従ってゴムタイヤで走行する中量軌道輸送システムの一種である。4両編成の先頭車両に乗り込み、普通なら運転席がある場所を確認してみたが運転用の機械や器具類はなく、ただ単にスペースがあるだけである。無人運転車であることは間違いなかつた。走行速度は決して早くはないが、安定していて乗り心地は悪くはない。

最近は自動車の全自動運転が話題に上っているが、それに比べるとニュートラムのほうは敷かれたコースの上を走るのだからはるかに安全である。だからこそ5分おきにどんどんそうこうしているのだろう。ただこのニュートラムも初期のころは終着駅で停車せず脱輪してしまうという事故を起こしたそうだから、自動車の全自動運転はその何倍も何十倍もリスクは大きいだろう。

とはいえ人類は、夢のような構想を次々と実現してきているので、自動車のそれもついには課題を克服して実現する時が来るのかもしれない。そこに人類の「おごり」と「自己過信」がないことを祈るのみである。

 運転席のないニュートラムの先頭車両
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ