2018/4/29

植物園もいいもんだ  短歌

交野市の私市(きさいち)にある植物園に行った。正確には「大阪市立大学理学部付属植物園」という。私がこの植物園に行ったのは5回めくらいだが、前回はというともう30年位前になるからずいぶんと久しぶりの訪問である。同行した人からは「大阪市立の施設がなぜ交野市にあるのか?」という質問を受けたが、それはよくわからない。

この施設は第二次大戦前に満蒙開拓団の訓練のための地として設立されたのが前身で、戦後間もない1950年に大阪市立大学の研究施設としてスタートし今日に至っている。現地スタッフによれば、広さは甲子園球場の6個分だそうである。それだけに園内には各種の樹木や花卉類が植えられ、どの季節に行っても何らかの花が見られるのは貴重な存在である。

今回はその後に、ひと駅枚方市寄りの河内森駅の近くの古い酒造会社の酒蔵を改造したレストランでの昼食を楽しむ予約をしていたので、植物園では所要1時間の「スタッフお勧めコース」を回ることにした。途中には背の高いメタセコイアの群生があったり、リュウゼツランやサボテンのゾーン、様々な竹が集められたゾーンがあったりしたが、どの木もみごとに大きくて歴史と手入れのよさを感じさせられた。

案内標識に従ってぐるりとひと回りしてもまだ時間が残っていたので、帰路にはまだ少し咲き残るサクラ山と、たくさんのハーブが集められたハーブ園にも立ち寄った。ひと口にハーブといっても名前さえ知らない種類が多いのには驚いた。3週間前に下見をした際には名札だけであったところに今回はすくすくと育ったハーブが葉を出していてそれぞれの違いがよく分かったのはよかった。

これも下見の際には2〜3輪咲いていた「白いタンポポ」もさすがにもう枯れていて同行者たちに見せられなかったのは残念であったが、みんなが「新緑が多くて気持ちがよい」「枯葉で敷かれた山道は足裏に優しくて歩きやすいし、何よりも心地よい」などの感想を述べてくれたのでお世話をしてよかったと感じた。その後の酒蔵跡でのランチ会が盛り上がったのは言うまでもない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ