2018/1/28

嬉しい副次効果  短歌

1月4日の腰椎圧迫骨折による治療はおかげさまで順調に回復しつつある。何せ初めての体験だけに、慎重の上にも慎重に対処しているからであろうか。治療の上では、前回書いた「枇杷の葉温熱シップ療法」のほか、整形外科では骨を強化する注射を毎週肩に打つと共に、痛み止めの飲み薬も飲んでいる。行動の上では、ほとんどの仕事はキャンセルや延期をさせてもらい新年会もいくつかは辞退した。

その甲斐あって、想定外というか嬉しい副次効果も生まれている。それは、これまで中々下がらなかった体重が見る見る内に減り始め、この4週間で2.9キロも落ちて、数年ぶりに70キロを切ったのである。それもそのはず、昨年までは年に2日もなかった休肝日が今年は1月だけで既に5日もある。体重は毎日測定してグラフに記録しているが、その変化は一目瞭然である。

もっとも、いいことづくめとはいかないのが現実であり、医師の指示どおり安静にしている結果、運動不足になっていることは否めない。脚力は間違いなく落ちているし、歩くときも腰をかばった歩き方となり、どうしてもよちよち歩きになってしまう。駅でも階段は使わずエスカレーターかエレベーターを使うから、足が弱ってきていることはひしひしと感じる。

しかしながら今はやむを得ない。先ずは骨折を完治させることに注力し、併せて体重を落とすことに専念して、その後に運動を再開して脚力を取り戻すしかない。今年の夏には北アルプスの槍ヶ岳に5回目の挑戦をするし、9月には昨年に続いて東北の山に登る計画もあるから、何としてもそれに耐え得る脚力と体力を取り戻さなければならない。

それにしても体重の激減は嬉しいことである。親友達との四人会で昨年から取り組んでいるSRS(Shusshu Revival Strategy、シュッシュ復活戦略)作戦での毎月末の報告で、体重のグラフを親友達に見てもらうことが待ち遠しくてならない。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ