明石家さんまの育った環境  明石家さんまのデビュー前


明石家さんまは笑っていいともの夜のフィナーレに出ていましたが、笑っていいともをやめた経緯を話し、それはタモリンピックでウケ狙いの言動を注意され、真面目に真剣にやってほしいと言われ揉めたからとか。

明石家さんまは明るいとかよく話す印象がありますが、娘のいまるによると実際には家ではそれほど話さないらしいですね。

娘の名前の由来はいきているだけで、まるもうけの上の文字を取ったそうです。

最初に聞いたときに丸儲けというのは生きていれば働く機会があって丸儲けの可能性ができるというお金を意識した意味かと思っていました。


しかし明石家さんまのデビューするまでの人生を聞くと、そうではないことがわかってきます。


明石家さんまはさんまの缶詰工場を経営する家庭に生まれたのだそうです。


歳の離れた弟が生まれ、明石家さんまはとてもかわいがっていたとか。

しかしその弟がバイク事故に遭い、他界してしまったのだそうです。

週刊誌に書かれていました。

そういうところから生きるとか生きていくありがたさの意味もこめて生きているだけで丸儲けにしたのかなと思いました。

一方で大竹しのぶによると今を生きるという意味があるようです。


母親とは不仲とか父親とはあまり連絡を取っていない様子だったとか、家族とは疎遠になっていたみたいですね。

父親は私生活で伝えたいことが伝えられない状況にあったようで、雑誌やテレビなどで明石家さんまへの思いを語っていた場面を見かけたことがある気がします。




0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ