明石家さんまが笑っていいともをやめたことについて触れる  


明石家さんまは笑っていいともの夜のフィナーレに出ていましたが、笑っていいともをやめた経緯を話し、それはタモリンピックでウケ狙いの言動を注意され、真面目に真剣にやってほしいと言われ揉めたからとか。



昔からそういう噂もあったような、ダウンタウンもタモリンピックをやることが嫌で辞めたとか言われていました。


さんまによると芸人なんだからウケ狙いは仕方のないことと言っていました。

しかしほかのレギュラーからしてみれば、自分達が真面目にやっても意味がなくなるとか、がんばったのがばからしくなるという気持ちを持つのも当然なのかなと思いました。


世間はそれほど芸人、タレントに笑いを求めてないとも思いますし、真面目なことが求められる時には真面目にやってもらった方がありがたい時もありますからね。






小さなことにくよくよしない生き方は明石家さんまのプラス思考に学べ / 久留間寛吉




0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ