明石家さんまの育った環境  明石家さんまのデビュー前


明石家さんまは笑っていいともの夜のフィナーレに出ていましたが、笑っていいともをやめた経緯を話し、それはタモリンピックでウケ狙いの言動を注意され、真面目に真剣にやってほしいと言われ揉めたからとか。

明石家さんまは明るいとかよく話す印象がありますが、娘のいまるによると実際には家ではそれほど話さないらしいですね。

娘の名前の由来はいきているだけで、まるもうけの上の文字を取ったそうです。

最初に聞いたときに丸儲けというのは生きていれば働く機会があって丸儲けの可能性ができるというお金を意識した意味かと思っていました。


しかし明石家さんまのデビューするまでの人生を聞くと、そうではないことがわかってきます。


明石家さんまはさんまの缶詰工場を経営する家庭に生まれたのだそうです。


歳の離れた弟が生まれ、明石家さんまはとてもかわいがっていたとか。

しかしその弟がバイク事故に遭い、他界してしまったのだそうです。

週刊誌に書かれていました。

そういうところから生きるとか生きていくありがたさの意味もこめて生きているだけで丸儲けにしたのかなと思いました。

一方で大竹しのぶによると今を生きるという意味があるようです。


母親とは不仲とか父親とはあまり連絡を取っていない様子だったとか、家族とは疎遠になっていたみたいですね。

父親は私生活で伝えたいことが伝えられない状況にあったようで、雑誌やテレビなどで明石家さんまへの思いを語っていた場面を見かけたことがある気がします。




0

明石家さんまが笑っていいともをやめたことについて触れる  


明石家さんまは笑っていいともの夜のフィナーレに出ていましたが、笑っていいともをやめた経緯を話し、それはタモリンピックでウケ狙いの言動を注意され、真面目に真剣にやってほしいと言われ揉めたからとか。



昔からそういう噂もあったような、ダウンタウンもタモリンピックをやることが嫌で辞めたとか言われていました。


さんまによると芸人なんだからウケ狙いは仕方のないことと言っていました。

しかしほかのレギュラーからしてみれば、自分達が真面目にやっても意味がなくなるとか、がんばったのがばからしくなるという気持ちを持つのも当然なのかなと思いました。


世間はそれほど芸人、タレントに笑いを求めてないとも思いますし、真面目なことが求められる時には真面目にやってもらった方がありがたい時もありますからね。






小さなことにくよくよしない生き方は明石家さんまのプラス思考に学べ / 久留間寛吉




0

大竹しのぶの息子、にちかは今  

明石家さんまさんはほぼ芸能一家となりましたが、大竹しのぶさんの実子であるにちかさんは家族一人企業勤務なのかと思っていましたが、現在は大竹しのぶさんのマネージャーをしているのだとか。

企画や交渉などを担当しているそうです。

テレビ東京のソロモン流かカンブリア宮殿に出ていました。

やはり家族、親の姿を見て育つと同じようなところで働きたいという気持ちも強くなるのか。

明石家さんまさんとにちかさんとの関係もやや気になりますね。





IMALUさんはネタにはするもののにちかさんの話はそこまで深くはしませんしね。

にちかさんも実父、明石家さんまさん、野田秀樹さんと変化していきましたから、複雑な関係もあるのかもしれません。


2

テレビタレントイメージ調査で明石家さんまが1位復活  

ビデオリサーチがこのほど実施した「テレビタレントイメージ調査」の男性タレント人気度で、タレント、明石家さんまあかしやさんま(55)が4年ぶりに1位を獲得。

ここ数年何か大きな変化があったわけでもないですが、4年ぶりの1位なのですね。

イチロー選手や石川遼選手などのスポーツ選手が台頭したからでしょうかね。

明石家さんまさんは高収入でありながらも一般的庶民に近い生活は変えずに好感はずっと保っていました。




それも実家がさんまの缶詰工場を経営し、経済的に苦しい時期もあったからでしょうかね。

1

恋のから騒ぎが終了  

明石家さんまさんが出演していた恋のから騒ぎが終了するそうですね。

明石家さんまさんを見かける機会がなくなるものの、番組そのものはそんなにいい内容でもなかったので終わるのは仕方ないのかなとは思います。

もともと恋愛はそんなにテレビで語る必要もないでしょうし、人の恋愛は人それぞれでいいという意見も多かったです。



1994年スタートの番組ということだったのでバブルは崩壊していたもののまだ元気というか余韻がありましたし、若者や青年と言われる年齢層も多かったので成り立っていた番組だったということになるでしょうかね。

最近は金曜日に放送されていたので曜日が変わったんだな何か理由がある、視聴率低迷かとは予想していましたが。
0




AutoPage最新お知らせ