シビックEG6を中心とした管理人の活動記録

2017年ブログ開設12年目

ディレチャレ2016 1Bクラス優勝!

ブログTopへ

2017/2/27

第23回HAOC走行会 in鈴鹿ツインサーキットフルコース  CIVIC EG6 2台目 サーキット

予定通り第23回HAOC走行会in鈴鹿ツインサーキットフルコースに参加させて頂きました。
今回も楽しい走行会をありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
タイムアタックシーズンもほぼ終盤。
第22回の時はディレチャレ決勝直前のため1Bレギュレーションに縛られた状態での参戦でしたが、今回はオフシーズンにつきディレチャレ縛りを解放!

リアシートを外し、カナードと張り出したリップスポイラーを装着。
さらに今回はファイナルギヤを純正4.4から4.9に交換しました。

それ以外はタイヤも含めて第22回と全く同じ仕様です。
新品のZVをストックで残し、今回は中途半端に6分山も残すZ2☆を使い切ります。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもながらレベルの高いAクラス
コース上では楽しく?激しく?笑
クリックすると元のサイズで表示します
ピットに戻ると先程の激しい走りとは裏腹に走りに役立つ情報を色々と教えてもらえました。
今回はとてもたくさんの方とお話する事ができました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
普通なら2本目か3本目あたりが良いタイムが出やすいのですが、コース上のオイル処理による石灰や単純に上手く1ラップをまとめられずに迎えた4本目
前回までの鈴鹿ツインフルコースのベストタイムは第22回走行会で記録している1'08.840。
クリックすると元のサイズで表示します
3本目終了地点でも既に1分7秒前半をコンスタントに刻み続けておりベストは大幅更新済み。
しかし、納得のいく1ラップが未だ記録できず…不満。笑
クリックすると元のサイズで表示します
先頭でコースインし、速い人達が後ろに来ると緊張するので先に行ってもらって自分用のスペースを確保!
この日学んだ事を全てつぎ込んで自己ベストを一気にほぼ2秒短縮の1'06.924を記録

個人的にはこれを渾身のスーパラップと評します。笑
年末に計画した7秒台の目標も大達成です。
クリックすると元のサイズで表示します
ファイナルギヤ変更による疑似クロス化、そして何より空力パーツの投入で1ヘア立ち上がり後の左コーナーを今まではハーフスロットルでFF特有の『待ち』が必要だったところを全開で抜けられるようになった事が大きいです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
こんなに空力パーツ効くんじゃ、外せないじゃないですか。笑

クリックすると元のサイズで表示します
総合順位も初の1桁台4/96位をゲットできました。大満足です。


激しく走った後は愛車を洗車
白いボディに黒々と残るタイヤカスは目立つので頑張って落とします。笑
クリックすると元のサイズで表示します
次回第24回走行会は11月と結構開きますが、また参加させて頂きたいと思います。



おまけ動画は同日のS660試乗と


チームのビートです。S660は借り物なので抑えていますが、速い!
0

2017/2/25

EG6 カナード&リップスポイラー装着  CIVIC EG6 2台目 改造

2017年、いよいよ我がメインマシンEG6も始動します。
クリックすると元のサイズで表示します
今年最初のEG6サーキット走行はいきなり超ハイレベル走行会(タイムアタック大会?)第23回HAOC走行会です。
腕に自信がある方、一度は挑戦してみるべし…


なぜ、いつも走っているはずの『走行会』なのにHAOCの前だけは緊張するのだろうか。
この緊張感はディレチャレ決勝前と何ら変わりありません。笑


今回、そんな超ハイレベル走行会のためだけにEGをアップデートしました。
昨年はディレチャレの1Bレギュレーションに縛られていましたが、オフシーズンの今なら…

クリックすると元のサイズで表示します
最近ヤフオクに出ているEG用のリップスポイラー
純正リップの置き換えでありながら前面に60oも張りだした所謂チンスポイラータイプ
見た目じゃなくて、これならダウンフォースがね。笑

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
裏面は良く分からないところに穴が開いていましたが、全て純正リップの取り付けボルトをそのまま使えるように穴開けし直しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
輸入品なんて精度はめちゃくちゃと覚悟していましたが…、ヒートガンで軽く修正してあげたら結構ピッタリに装着完了。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに、TRDの車検対応型のゴム製カナードも購入…笑

リップの素材色が汚かったので、とりあえずカナード共々ボディ同色のプレミアムホワイトパールに塗ってみたところ…

クリックすると元のサイズで表示します
うーん、カッコ悪い!!!笑

あと、カナード小さい、ポイッ…



クリックすると元のサイズで表示します
急遽リップスポイラーにマスキングをし直して、リップの張りだしたところだけクリスタルブラックパールに再塗装。イメージはFK2シビックです。
クリックすると元のサイズで表示します
これで自分的にはなかなか良くなりました。
あと、気が付いたらカナードがゴム製の小型タイプからカーボン製の大型タイプに化けました。笑

クリックすると元のサイズで表示します
HAOC走行会のためにアップデートしたEG
リップもカナードもバンパーに沿って60oの張りだしのためディレチャレには使えない空力パーツです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
車検戻しとか面倒なタイプだし、そもそもEGのスマートな顔面が好みなので普段は純正リップにカナードなし。
でもここぞという時にこのリップとカナードを簡単に装着できるよう今後バンパーに加工をして行きたいと思います。


さぁ無事完走。うまくまとめて全体10位以内目標。
F1で言うとなんとか10位入賞1ポイント狙いです。笑

1

2017/2/12

ビート サーキットデビュー  HF Racing

今年最初のサーキット走行は予定通りビートのサーキットデビューとなりました。
コースは美浜。手軽に行けて走行料金が安くリスクも少ないので最近のお気に入りです。
クリックすると元のサイズで表示します
このビートは最初からある程度改造が施されているので今回は基本的なメンテナンスと唯一オイルクーラーのみを新設してサーキット走行に挑みました。
クリックすると元のサイズで表示します
ビートで単独サーキット走行だと収納スペースがないので工具やらジャッキは助手席スペースに満載。
助手席はどっかに落としてきました。笑
クリックすると元のサイズで表示します
肝心の走りと言えば…とにかく楽しい!
これに尽きますね。笑
評価★★★★★

いつものEG6よりさらに200s軽量なボディにハイグリップタイヤのMR車
MTRECに純正クロスギヤの組み合わせもあって実に気持ち良く走ります。


もちろん楽しいからとラフに運転しているとバランスが崩れて失速。

参戦するレースのレギュレーション上、ノーマルデフで空転しやすいため、気持ちを抑えて出来るだけ縁石は使わずに弱アンダー気味に走らせるのが速く走らせるコツなようです。笑


クリックすると元のサイズで表示します
この日のベストは52秒245

機関チェックのため1本走って帰ろうと思っていましたが、1本目の20分で1ラップをまとめる事ができず悔しくて2本目ご購入。笑

ついでに空気圧と減衰いじって、乗り方も大きく変えてようやくご納得しました。

興味がある方は動画の前半(1本目)と後半(2本目)の違いをご覧ください。笑

1

2017/2/1

EG6 ファイナルギヤ交換 4.928  CIVIC EG6 2台目

昨年はディレチャレ予選で奮闘した甲斐もあってようやくフロント225幅に合わせた足もまとまって来ました。

足も決まって車に慣れてきたので最近…

クリックすると元のサイズで表示します
コーナーは勝ってるのに!2速の加速まではこっちが速いのに!ブレーキも負けてないのに!あぁ直線の伸びだけが…なんて事を思うようになりました。笑

今回はコストパフォーマンスに優れたファイナルギヤをついに交換する事にしました。

純正のギヤ比は街乗りが考慮されているので若干もっさり、とりあえずファイナルを交換して疑似クロス化で加速アップを狙います!

このブログをいつも飽きずに見てくれている方は相当な方だと思いますので、EG6のファイナルギヤと言えば、まず『DC2の98スペック4.7ファイナル流用』が思い浮かんだと思います。笑

有名な流用技ですね。

しかし、DC2とEG6のリングギヤとデフのボルトピッチ、PCDが両車で異なります

なのでEG6に定番DC2の98スペック4.7ファイナルを流用する場合は
DC2かEK9用のLSD
・DC2 98のリングギヤ
・DC2 98のカウンターシャフト
・DC2 98の1速ギヤ
・その他ベアリングやスペーサー類

が最低でも必要となります。

しかし、EGにだってLSDは付いてるし、まだ使えるし、LSD交換すると走りのフィーリングは変わるし、サイドベアリングの再調整が必要だしと結構な費用と時間が掛かるんですよね。

走ってるコースと225/45のタイヤ扁平ではファイナルを4.7にするとむしろ2で引っ張るか3にするかも迷う予感。
やっぱり5速フルクロス…とも思ったけど予算がないので却下。笑


そして色々と調べていたらあるんですよ!都合のいいアイテム。
クリックすると元のサイズで表示します
トップフューエルからEG6デフのまま専用リングギヤとカウンターシャフトで構成されたファイナルギヤセット。
迷わず4.928を選択。
この作業のために休みも取った!完璧です。
クリックすると元のサイズで表示します
いつものように1時間程でミッションを降ろし、ディレチャレ前の点検以来3か月ぶりにミッションを開けました。
※精密部品を屋外で作業するのは自己責任で。笑
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
デフとカウンターシャフトを取り出します。
昨年の2月にオーバーホールしているので全体的に綺麗な状態です。
クリックすると元のサイズで表示します
カウンターシャフト側は32oのナットを緩めてベアリングリムーバーでベアリングを外したらギヤはプレスがないのでハンマー等を使って分解します。
クリックすると元のサイズで表示します
ミッションを分解する機会なんて普段はないのでベアリング類は再び新品を投入します。
クリックすると元のサイズで表示します
また、前回のオーバーホール時に手違いで手配を忘れていた1速ギヤも新品へ。
これで全てのギヤとベアリングが新品に交換された事になります。

カウンターシャフト側は純正から4.9カウンターに元通り組むだけなのでマニュアルを見てればプラモデル感覚なのですが、問題はデフのリングギヤでした。

クリックすると元のサイズで表示します
DIY用の折り畳み作業机に万力だって小さいのしかないのが原因なのですが、ネジロック剤が塗ってあるのでこれがもう緩まない。笑
トルク的には10キロちょっとなのに、ドラシャのセンターナット、スピンドルナットよりも硬いです。笑

クリックすると元のサイズで表示します
結局こんな危険な技で外しました。
ちゃんとした机と万力を準備しましょう。笑
ちなみにデフのリングギヤのボルトは逆ネジです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
純正4.4と4.9のリングギヤの大きさ比較です。
外径は3o程4.9が大きいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ボルト緩まないと騒いだけど、緩んでほしくないので自分もしっかりとロックタイトを塗りたくって締め込みました。笑
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
これでリングギヤの装着が完了です。
まずはデフ側をミッションケースに装着。


リングギヤ径が大きくなっているので指でクルクル回してどこにも干渉しない事を確認します。
クリックすると元のサイズで表示します
次に全てのギヤを元に戻してニュートラルで軽く回る事、カウンターシャフトを組み換えているのでギヤの位置関係、全てのギヤにシフトできる事を念入りに念入りに念入りに確認します。
クリックすると元のサイズで表示します
ここで手を抜いて全部組んで走って不具合に気付いてからでは遅過ぎます。笑

気が済んだら脱脂して液体ガスケットを塗ってミッションケースを結合。
この日は液体ガスケットと内部のリングギヤのネジロック剤を乾かすためにミッションオイルは入れません。

翌日、サクッとミッション装着。
オイルを入れてタイヤを付けずに念入りに空転させてテストします。
リングギヤとカウンターの位置関係が悪いと回転数に合わせてギヤが唸りますが非常に静かで良い感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来たらついにタイヤを装着して実走行。
全てのギヤにシフトしながらとりあえず作動確認。

問題なさそうなので高速の合流で加速テスト!


速い!!思ってたよりもずっと速い。
シフト操作も忙しい。笑

さ、今のエンジンは春頃には降ろす予定なので温かくなる前に美浜46秒、鈴鹿ツインフルコース1分7秒台へ…
2

2017/1/31

EG6 オイルクーラー ホース交換  CIVIC EG6 2台目 改造

今の2号機EG6に装着しているオイルクーラーは1号機のブルメタ号からの引継ぎ品。
クリックすると元のサイズで表示します
さすがに5年以上使いっぱなしでステンメッシュホースが汚れてきたので実は昨年末に今流行りの『ナイロンメッシュホース』に交換したのです。
クリックすると元のサイズで表示します
普通思い浮かべる『ステンメッシュホース』は銀色ですが、ナイロンメッシュは黒色。
その名の通りナイロンが巻いてあるので若干軽量で取り回しにも自由度がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、自分が購入した某輸入メーカーのナイロンメッシュホースに限った話かもしれませんが…
取付の際に一度でも強めにホースを曲げてしまうと簡単に折れてクセになってしまい、以降はほんのわずかでもホースを曲げるとその部分がすぐに折れてしまうのです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
これではオイルの通り道としては不安過ぎです。

取付時は良くてもサーキットで縁石を踏んだ衝撃なんかでホースが折れてしまうとオイルが送れずにエンジンブローの危機です。

ナイロンメッシュホースは軽量で取り回しもしやすい反面ステンメッシュに比べると強度不足かもです。


そこでナイロンメッシュホース代は勉強代と割り切って新品のステンメッシュホースに交換です。
本当はナイロンメッシュホースも記事にする気で途中までブログ書いてたんだけどな。笑


まず新品のステンメッシュホースを用意して車両に必要な長さを測定します。
クリックすると元のサイズで表示します
切りたいところにガムテープをしっかりと巻き付けてグラインダーでカットします。
クリックすると元のサイズで表示します
この時ガムテープを巻かないでカットしてしまうとフィッティングが装着できないくらいステンメッシュがケバケバになってしまうのです。
クリックすると元のサイズで表示します
フィッティングは海外無名品ではなく、アールズの定番赤/青のフィッティングを購入です。
定番色ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
先程カットしたホースにフィッティングから赤色のナット部分だけを取り外してホースにセットします。
ガムテープ巻かずに切ってるとここでナットが入らず苦戦しますよ。笑

次に残ったフィッティングのネジ側を先程のナット側に締め込むだけで完成なのですが、油圧で外れたらダメなので当然結構な力で締め込まなければなりません。

フィッティングの締め付け部はインチ規格なのでモンキー2本で締め込む方が多いと思うのですが、1回締めたらモンキー緩めてまた締め込んでと面倒ですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
そんな事を最近行ってる鈴鹿の工具屋さんに話したら便利な工具を教えてもらえました。
モンキーとウォーターポンププライヤーの良いとこ取り!
クニペックスのなんとかプライヤー?笑
クリックすると元のサイズで表示します
もう、いちいちモンキーのネジを回す必要から解放されました。
オイルクーラーには最高の工具です。

鈴鹿サーキットの近くの工具屋さんで購入です。他にも思わず欲しくなる良い工具がたくさん!興味ある方にはこっそり教えますよ。笑

クリックすると元のサイズで表示します
ステンメッシュホースはナイロンメッシュホースと同じ取り回しでも当然ホースは折れません!
重量もナイロンメッシュホースがステンメッシュホースの2/3ってとこでしょうか。
物凄く軽いって感じではないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
色だけで行くと目立たない黒の方が好みではあるんだけど。笑

自分のEG6はパワステラックのまま配管だけ外してのノンパワステ仕様です。笑
パワステ配管がないのでオイルクーラーのホース取り回しにはそこまで困りません。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にエンジンを掛けてオイル漏れがないか必ず確認しましょう。
フィッティングを取り付ける時にホースにフィッティングのネジ部がちゃんと刺さってなくてオイル漏れする事が多いようです。
1

2017/1/22

リベンジ  HF Racing

2014年12月、苦い思い出となったチームとしてのレースデビュー戦。
運も味方し一時表彰台圏内を走行するも、絶対的なペース不足により終わってみれば結果は惨敗。
クリックすると元のサイズで表示します
来年こそは!とトゥデイ用にMTRECエンジンを購入するもその頃にはメンバーそれぞれの仕事も忙しくなり計画は一旦白紙に。
クリックすると元のサイズで表示します

あれから早2年、再びレースをできる環境になり、2017年から再始動する事になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
お得意のヤフオクで3か月程ベース車両を物色。
今回は予算の都合もあり多少ボロくても最初からサーキット装備の揃ったお買い得車両狙い。

大阪で購入し、名古屋で整備、東京に運んで車検。
クリックすると元のサイズで表示します
たくさんの方の協力もあり、朽ちていたフレームに鉄板を貼ってもらったり、色褪せレッドは塗り替え。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
ひどい雨漏りに笑わせられながら再び名古屋に運んでアライメント、ブレーキOH、その他基本的な整備を一通り実施!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
PP1ビートをチーム車両として導入しました。
91年の初期型です。
車高調、ロールバー付き!
ホイルはダサいけどタイヤはZ2☆
クリックすると元のサイズで表示します
チームメンバーのお下がり部品も掻き集めてお手軽サーキット仕様を購入から1ヶ月程で仕立て上げました。

クリックすると元のサイズで表示します
整備中に念願のMTRECを確認。
ちゃんと3連スロットルですね。
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく車体が軽いので走りは軽快そのもの。
FFのトゥデイがサーキットで速いのは分かりますが、ビートのポテンシャルも高いはずです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回は追加で改造する必要がほとんどないので、消耗品だけで維持費も掛からないのも長く続ける為の重要なポイントです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
さて、今回こそは良い勝負を!
1

2017/1/2

EG6 オイルパンバッフルプレート修理  CIVIC EG6 2台目 修理

オイル交換は必ず3000qに1回行っているのですが、今回はその中でTC1000、TC2000、美浜、日光とかなりのサーキット走行をしてしまいました。

新年だしオイル交換してあげるかといつも通りポイパックへ廃オイルを…


その時…ん?なんだこの物体は?
クリックすると元のサイズで表示します

まさか…



オイル交換だけのつもりが、急遽エキマニ外してオイルパン外して。

ああ予想的中。笑

クリックすると元のサイズで表示します
オイルパンのバッフルプレートを固定していたリベット4個のうち、なんと3個が無くなっています。
クリックすると元のサイズで表示します
幸いにも外れていたリベットは3個とも回収。
クリックすると元のサイズで表示します
1号車は溶接固定でしたが、2号車は作業設備の関係でリベット固定。
やっぱリベットじゃダメですねぇ


実はこの前の日光サーキットを走行した際、高速右コーナーの終盤に突如VTECが外れてアレ?ってなったんですよね。

こんなのバッフルプレート入れてからは初めて。
ピットに戻ってオイル量確認しても十分入っていたけど、とりあえずオイル足したら直ったのでそこまで気にしてませんでした。

バッフルプレートってやっぱり効いてるんですね。笑

クリックすると元のサイズで表示します
とは言え今回も溶接設備がありません。
鉄板が厚いのと、場所が場所なのでいつものバッテリー溶接はできません。笑
クリックすると元のサイズで表示します
でもまたリベットはダメ。
クリックすると元のサイズで表示します
そこでファイナルギヤ交換用に買っておいたロックタイトの永久ロックタイプを使ってボルト固定。
オイルパンの中でボルトなんて共振して外れるんじゃとも思いますが、ネジロック剤の中でもロックタイトは別格ですのでリベットよりは安心です。
クリックすると元のサイズで表示します
ボルトナットもフランジで、ロックナット使ってとできるだけ考慮。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず外れたリベットやプレートがクランクに巻き込まれなくてよかったよかった。
1

2016/12/31

日光サーキット走行会 2016年走り納め  CIVIC EG6 2台目 サーキット

2016年走り納めとして日光サーキットの走行会に参加してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
EGでは日光サーキット初走行だったのでどれくらいのタイムが出るか試してみようと思ったのですが年末と言う事で参加台数が非常に多く、まともなクリアラップは1回しか取れませんでした。

そしてその少ないチャンスを活かし切れず失敗する自分。笑 まだまだ修行が足りません。
ベスト41秒9でしたが、41秒前半は今の仕様で出せそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
後ろたくさん繋がってますよ〜。いつになったらバックミラー見てくれるんですか〜?
と言いたくなった走行会でした。笑
HAOCの走行会を見習いましょう。

今回の出来栄えは20点。笑
クリックすると元のサイズで表示します




さて、2016年。特に後半はサーキットばかりでブログの記事としては単調になってしまいました。
それでも安定して毎日100以上のアクセス数…
こんな変なブログをいつも見て頂きありがとうございます。

2016年
春にディレチャレ2016参戦を決めてEGをレギュレーション対応に仕様変更。
夏に予選でひたすらアタック。
秋は決勝進出を想定してEGのさらなる仕様変更。
そして冬は無事決勝進出。運も味方してクラス優勝。

ディレチャレメインの1年でしたね。笑
レギュレーションの中で車を速くする事の難しさを痛感すると同時に、色々な分野でかなり引き出しが増えたと感じた1年でした。


さて来年2017年は…
EGはファイナルギヤ変更とかあれとかこれとか…
そろそろエンジンもOH時期ですな。
今の仕様でもEG6は十分速いけど、さらなる高みへ!?

ディレチャレはレギュレーションで排除されなきゃ出たい。笑


そして2年ぶりに軽耐久シリーズに参戦します!
参戦マシンは…実はもう買ってあるんですよ。笑
もちろんホンダ車です。
新年一発目のサーキットはコイツの美浜テストから始まりそうな予感です。

来年もよろしくお願いします。
1

2016/12/24

EG6 美浜サーキット 目指せ46秒台…  CIVIC EG6 2台目 サーキット

ディレチャレ2016決勝大会終了から1週間。

クリックすると元のサイズで表示します
仕事がバタバタでEGの車内はディレチャレの荷物がそのまま放置状態でしたが、今日は会社の方々と美浜サーキットのフリー走行へ行って来ました。

美浜サーキットの密かな自己目標として今の仕様のまま46秒台に入れたいと思ってます。
筑波には合っていた純正ギヤ比も美浜になると2速が苦しい…

とくに最終コーナーはかったるいですね。



今までのベストは47秒628

一気にコンマ7秒アップを目指しました。


しかし、走り方変えて、空気圧いじって、色々やって毎回自己ベストを更新して良いところまでは行くんだけど、目標タイムだけはどうしても届かない。笑

寒いからお昼に2本くらい走ったら帰ろうと思ってたのに、気が付いたら3クール走行券は使い切り、日も落ちてきて…


LAP4:47.264
LAP5: 47.053
LAP6: 47.162
LAP10: 47.089
LAP11: 47.118



もうちょっとなのに。笑


あとちょっとなのに!





これが最後にしよう。

今度こそいけるいける、


あと数センチ前に!

もっとはやく!!!!

クリックすると元のサイズで表示します

LAP15:47.039


クリックすると元のサイズで表示します


さ、諦めて年末にファイルギヤ変更しよ。笑





1

2016/12/18

ディレッツァチャレンジ2016決勝大会in筑波サーキット  CIVIC EG6 2台目 サーキット

12月15日、16日とディレッツァチャレンジ2016 通称ディレチャレの決勝大会へ参加して来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

14日のエクストリーム早退から始まって年末の忙しい時期に会社にはたくさんお休みを頂きました。笑

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

憧れの筑波サーキットコース2000がフリー含めて合計4本が無料!
前日にはコース1000のフリー走行、そして2日間の昼飯。
こちらも全て無料で提供して頂けました。
ダンロップ様ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

いやー予選頑張って通過して良かった良かった。笑

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

肝心の内容ですが、平日開催である上に前日車検含めて2日間必ず参加する事が条件でしたので辞退される方が続出。
自分の参加した1Bクラスの決勝参加者は本来12台いるはずが僅か4台。笑 あらら

アタック1本目からフィットのスナっしーさんにビタビタに張り付かれてプレッシャー…

クリックすると元のサイズで表示します

あーまだタイヤ温まってない。笑
コースも覚えてないー。

クリックすると元のサイズで表示します

決勝日ではありますが、とにかくコースが分からないとお話にならないので最初から最後までひたすら全力で走るだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します

1Rクラスの人には申し訳ないなぁと思いつつも先頭で3回もコースイン。
頭で考えてもさっぱりなタイプなのでとりあえずクリアでたくさん走って早くコースを覚えて良いラップを出す事にしました。笑

クリックすると元のサイズで表示します

アタック3本目、最後の最後で全セクター自己ベスト更新の奇跡がやってきてベストタイムは1分7秒338

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

参加辞退の人が多かった事や、予選のミニサーキットでは苦しかった純正ギヤ比が速度の出る筑波サーキットには合っていた事が幸いして優勝する事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

賞典としてZ2☆の後継であるZ3を1セット頂いちゃいました!
これで来年はタイヤに困りません。笑
ディレチャレ初参加なので去年までのシステムは分かりませんが、ゲーム感覚でタイム登録して通過できたら無料で筑波が走れちゃった。
単純に考えるとお得感満点のイベントだったなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

走る人も超ハイレベル。
とても勉強になった2日間でした。
個人的には同じクラスで当日も少しだけ話す機会のあったロードスターの方の、この超縁石ギリギリな車両感覚に友人に撮影してもらった写真を見て驚かされました。

自分は跳ねるとテンションが上がるのでって理由でお構いなしに縁石乗りまくりですが、全て乗れば良いってわけじゃないですもんね。笑

クリックすると元のサイズで表示します
来年も是非出たいのでレギュレーションでEG6を排除しないでください。笑



クリックすると元のサイズで表示します
2

2016/11/21

第22回 HAOC 鈴鹿ツインサーキット走行会  CIVIC EG6 2台目 サーキット

昨年に引き続きHAOC関西本部さん主催の第22回HAOC鈴鹿ツインサーキット走行会に参加させて頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回で2度目の参加でしたが、前回は2速ギヤ抜けで某豆腐屋漫画の如く常時片手運転の苦い思い出がありましたのでOHしたミッションでリベンジです。笑

最近参加する走行会は年式の新しい86やスイフト等のエントリーが多い印象なのですが、この走行会に参加するとたくさんのホンダ車、そしてEGもたくさん見る事ができるのでギャラリーだけでも楽しめます。笑
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
車の改造度合も走りのレベルも自分が参加した全ての走行会の中ではダントツにハイレベルです。

クリックすると元のサイズで表示します
肝心の自分の走りの方は来月のディレチャレ決勝用の実験にと前回の美浜から大きく足のセッティングを変えてみたところこれが面白いくらいに大失敗。

アンダーオーバーで乗りこなせませんでした。笑

1本目を終えてまさかの昨年の2秒落ち。1分10秒125

クリックすると元のサイズで表示します

2本目は空気圧と車高微調整でベスト1分9秒765

3本目は新しいセットをあっさり諦めて、昼休みに元のセットに戻しベスト1分9秒104。笑
これで自己ベスト1000分の8秒更新。うむ、速ければOK。笑

4本目は美浜足に空気圧とプリロード微調整+超速い人達の背中を勝手に見させて頂きながら自己ベストをさらにコンマ3秒更新。

ベスト1分8秒840

現在のディレチャレ1B仕様でまず8秒台には入れたいと思っていたので達成できて大満足です。笑

最終リザルトは10/93位 
自分より前にEGよりローパワー車は居ないのでよし。

クリックすると元のサイズで表示します
ディレチャレ決勝前だから壊さないようにしよう。
とかなんとか言っときながら結局頑張ってしまいました。笑

無茶な運転はしないにしろ、やっぱハンドル握るとついつい頑張っちゃいますよね。笑


今回も素晴らしい走行会をありがとうございました。
また参加させて頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りはスタンドの洗車機を掛けてその後ボディに残った大量のタイヤカスを1つ1つ拭き取っていく。
綺麗に乗ろうと思うとこの辺りはとても手間です。笑


1

2016/11/13

紅葉×GE8  FIT GE8

フィット導入以降便利なので良く出掛けるようになりました。
時期も終わり際でしたが今日は紅葉の写真を撮りに。
クリックすると元のサイズで表示します
道中思った以上に枯れてて何度も失敗したかと思いましたが。笑
クリックすると元のサイズで表示します
レクサスのラディアンレッドに全塗装してもらったフィットと紅葉の組み合わせはなかなか良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉を撮るならフィットでと思いましたが正解でした。
それにしても相変わらずカメラは難しい。。

まだ撮れそうな紅葉を目指して結構山奥まで入ってしまったので帰りはずっとアクセルオフで下り坂。
試しにトリップをリセットしてみたらAVG60q/Lと表示されました。笑
もちろん反則ではありますが、遠出する分にはリッター20は切らず驚異的です。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、来週はHAOCの走行会です。
ディレチャレ前にEGを潰さないように気を付けます。
1
タグ: FIT 通勤快速 GE8

2016/11/8

美浜サーキットフリー走行  CIVIC EG6 2台目 サーキット

前回の走行会は1クラスの走行台数が多く良いラップもほとんど取れなかったので美浜サーキットにリベンジして来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
もちろんセッティングを少し変えてみたのでテストですが。笑
クリックすると元のサイズで表示します
前回は2.5°だったフロントキャンバーを今回は3.0°に変更。
結果的に2.5°より3.0°の方が圧倒的にコーナリングが楽でした。笑
クリックすると元のサイズで表示します
様子見で1本の後2本目でアタックの予定でしたが予報より早く降り出した雨により1本で終了。
クリックすると元のサイズで表示します
それでもコンスタントに前回の奇跡の1ラップ以上のタイムを出せるので明らかにこのキャンバーの方が合ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、あとこの前変えたばかりのフジツボRM-01Aも高回転まで回した時の吹き上がりは今までの物より力強いです。
鈍感で分かりませんがきっと少しくらいタイムに貢献したはず。笑
クリックすると元のサイズで表示します

ベスト 47'628 前回よりコンマ2秒ほど短縮できました。
雨が降ってしまい回数券が1回分余ってしまいました。
また行かないと。笑

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに初めてLSDのイニシャルトルクを簡易測定してみたのですが、ざっくり9sでした。
中古で買った1号車に付いてきて、以降OHせず酷使してきたLSDにしてはまだ9sあれば十分かな?
元のイニシャルがいくつだったのか知らないものの。笑

1

2016/11/6

EG6 フジツボ RM-01A装着  CIVIC EG6 2台目 改造

EGシビックの最終型は95年。
既に21年も前なのですが乗ってる本人は全然古いと思っていない。笑

古いとか部品が無いとか今時の車には勝てないとか無関係で愛着があるもんで手放す気にはなれません。
まだまだ何かと見つけては進化は続くのです。


今回人生初めて新品のマフラーへ交換する事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
今までは1号車から引き継いだ5次元のプロレーサーを使っていましたが、斜め出し砲弾タイプの出口は最低地上高が低くなってしまうのでディレチャレ予選に不適合。
クリックすると元のサイズで表示します
そこで予選を走る時は柿本の鉄製マフラーを使ってました。
しかし地上高は稼げるけど鉄だからオールステンレスのプロレーサーに比べると1.5倍程重い。


そこで

・オールステンレス
・車検対応
・出口は落ち着いたデザインで!


って条件で21年も前の車のマフラーを探してみたのですが、なんとフジツボ様がこんな古い車の、しかも自分のわがままな条件を満たすマフラーを新品で販売していたのです!


その名もRM-01A

オールステンでJASMAの車検対応タイプ
内部はストレート構造で出力重視
出口も派手ではない。笑


パァァァァァアアアアアアアアアアアアアン!と
VTECの炸裂音は今でも好きですが、パワーとかトルクとか街乗りとか車検の度に戻すの面倒だな…とか色々考えると結局この辺りが無難な選択なんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
普通は3ピース構造のマフラーですが、こちらは2ピースで少しでも抵抗を減らして軽量化しようと考慮されています!

クリックすると元のサイズで表示します
あまりにもピカピカだったのでビニールを下地に慎重に取り付けました。
付ける時ばっかりでサーキット行けば縁石乗りまくって車酷使するのにです。笑

重量は9.8s程でした。
同じオールステンレスの5次元プロレーサーは実測で12.2sでしたのでさらに軽量化です。
クリックすると元のサイズで表示します
受注生産で約2か月程待ちましたが、こんな古い車の新品マフラーを生産してくれるなんてフジツボ様には感謝です。
2

2016/10/24

スーパーオートバックス名古屋ベイ美浜サーキット走行会  CIVIC EG6 2台目 サーキット

筑波で謎のギヤ入りにくいトラブルから1週間。
超緊急でミッション降ろしました。はい。笑
クリックすると元のサイズで表示します
無理に走ってミッション壊してからじゃ手遅れなので気になる部品はひとまず全交換する事にしました。
クラッチとクラッチカバーは青EGに乗ってからずっと無交換だったのでDC2純正を流用で装着。
クリックすると元のサイズで表示します
シフトに重要な影響を与えるバルクヘッド側のマウントは室内騒音が悪化するの覚悟でジュラコン製を再装着。
クリックすると元のサイズで表示します
んでミッションケースは開けてみましたが特に問題見つけられず。
しかしミッションオイルを新品にして走行テストしてみるとこれが嘘のようにスコスコとギヤが入るようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
たぶんセカンドにフィットを導入して街乗りの頻度が減った影響で5000q/1回のミッションオイル交換サイクルの中でかなりサーキット走行を繰り返してミッションオイルがいつもよりだいぶ黒かったのが原因なのかもしれません。
次からは距離ではなく回数でミッションオイルは交換しようと思います。


そして翌週には会社の方々に誘われて美浜サーキットの走行会でした。
もう年末まで走行の予定がたくさんあるので車を壊すわけにはいきません。笑
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今回からプレス機で定番技の「ナックル曲げ」した自作スペシャルナックル装着でフロント足のアライメントを大幅に変更してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
今までのフロントキャンバーは15インチ装着を想定して3.5°でしたが、後からワッシャーを噛ましてキャンバーを増やす事ができるのでまずは2.5°スタートにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
美浜サーキットの走行は今回が初めてだったので事前にYouTubeでお勉強はしていたものの、いざ自分の目で見るとストレートが結構な上り坂じゃないですか。笑

回していくと後半からガーっと気持ちよくパワーの出るB16Aですが気持ち良さ重視でフライホイールもクランクプーリーも軽くしてしまいトルクはさっぱりなのです。笑
クリックすると元のサイズで表示します
そしてコース後半は下りながら曲がっていくコーナーもあるので結構難しいコースだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし足のセットは久々に大当たり。
こりゃ曲がる曲がる。
フロントトーアウトが効いているのかいつものタイヤなのに切り込んだ時のレスポンスも上々です。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてキャンバーが減った分ブレーキも安定するしトラクションも掛かるしでいい感じ。
久々にクラストップタイムとなり嬉しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
気になるギヤの入りも今回は全く問題ありませんでした。
ひとまずトラブルなくサーキット走行できたので一安心でした。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ