2016/4/17  21:00

FE if 追加DLまとめ2  マビ他ゲーム

さて、FE if 追加DLのまとめ2回目です。

今回は下記の赤字の部分のみまとめたいと思います。

・遺跡の財宝
・恐怖の霊山
・決闘の博物館
・楽園争奪戦
・王族最強戦
・覚醒との邂逅(無料DL)
・見えざる史実・前
・見えざる史実・後
・アンナの贈り物1・2(無料DL)
・絆の白夜祭
・絆の暗夜祭
子世代編
・空蝉描く夢
・記憶の双剣
・揺れる面影
・迫る亡失
・淡く光満ちて
・果てぬ黎明


では、今回もネタバレしない程度にまとめたいと思います。








・楽園争奪戦

●主人公が福引で1等を当て、1枚楽園招待券をもらったらしい。押し付け合いの結果、戦いで勝った将が楽園に行くこととなった。
 ステータス、装備、兵種は決められた状態。装備は相手を傷つけないためか、面白装備主流。

<勝利条件・報酬>敵全滅・水着スチル絵

<購入メリット>
・白夜・暗夜王族のスチル絵(水着姿)が見れる。
・敵と初遭遇した際、敵から「一言」がある。


<購入デメリット>
・難易度が選べない。攻略難易度は☆2だが、そこそこ難しい。
・仲間同士の会話がない。
・全員見るには時間がかかる。

<管理人感想・おすすめ度>
・ルーナがなぜかボウナイト…。戦闘で勝つと勝った組の将が楽園に行き余暇を満喫しているスチル絵が見れます。白夜きょうだい4枚、暗夜きょうだい4枚あるので、全員みるのには時間がかかります。また、自分の育てたメンバーではなく、装備も面白装備なので、戦うのは大変かもしれません。難易度☆2ですが、私的には☆3くらいな気がしました。絵は、好みもあると思うのでどうかと思いますが、私的には暗夜最高でした(笑)。マークス兄ちゃんにどっぷりはまりました。
ただ、そういうのをもとめていない人もいると思いますので、「興味ある人」は買ってみても後悔することはないと思います。おすすめ度☆3(スチル絵効果+1)


・王族最強戦


●異世界の道半ばで戦う主人公のために、王族の中で最強の者に力を借りたいと依頼を受ける。
主人公大好きなきょうだい達8人は、愛する主人公のために本気で戦いあうことを決意する。ステータス、装備、兵種は決められた状態。装備は神器など本気装備。

<勝利条件・報酬>敵全滅・初回能力アップアイテム、魔戦士の巻物、黒天馬の翼(何度でも)

<購入メリット>
・やりごたえのある面をプレイしたい人向け。難易度☆4

<購入デメリット>
・難易度☆4だが、最強の難易度。
・特別会話などはない。


<管理人感想・おすすめ度>
・ルーナ、なぜボウナイト(デジャヴ?w)今までの章やステージの中で、けた違いの難しさです。実は、最後まで戦いきれたことがないです。さすがにルナティックでは難しくプレイしたことないのですが、ハードくらいはクリアできる。と思っていたのに、難しすぎました。試しに、動画サイトでプレイ動画を確認したところ、「これは私には無理」となりました。これが難易度☆4だとしたら、☆5はどれくらいだ?と思いました。これ以上がないなら☆5でもよいのではと思います。報酬は黒天馬などは魅力ですが、ルートボーナスでももらえるので、無理にクリアしなければいけない物ではない気がします。自分の力試しにはよいと思いますが、自信がない人には向かないと思います。おすすめ度☆1(自分がクリアできないのもありますが、報酬的にも)。


・覚醒との邂逅(無料DL)

●たどり着いた先の異界で出会ったのは、覚醒のメンバーだった。彼らと共闘することとなる。メンバーは自分のメンバーを使うことが出来る。


<勝利条件>敵全滅・報酬(初回):聖痕の紋章と英雄王の紋章。小石(何度でも)

<購入メリット>
・無料でプルフをもらうことが出来る。
・覚醒のキャラ達と話しが出来る(会話が出来るキャラは決まっているが)

<購入デメリット>
・特になし。

<管理人感想・おすすめ度>
・こうつながるのか!!と、なるほど、うまく繋げたな。と思いました。無料ですし、プルフも貰えるし、覚醒をプレイした人には懐かしいだろうし、やって損はないと思います(覚醒未プレイで、覚醒が気になったら覚醒もプレイしてみるのもよし)ただ、強いメンバーで乗り込まないとNPCの覚醒キャラ達が倒れてしまう恐れがあるので注意。おすすめ度☆5。まあ、無料ですしね(大切なことなので3回言いましたw)


<まとめ>
前回まとめたDLも今回のDLも1個300円と高めです。まとめてあるパックもありますが、欲しいものだけ買うのもよいと思います。まとめて買ったとき、安くなるなど恩恵があればよいのですが…。無料の覚醒との邂逅は、個人的には懐かしく、オフェリアが会話あるのはなんで?と一瞬思いましたが、あ、そうか。となりました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ