はじめまして  

はじめまして、ricepanda8(らいすぱんだ8)という者です。

このブログで占いについてうだうだと書き綴ろうと思ってます。

でも、別に独自の理論とか知識を披露したいわけじゃありません。

そういうのは私よりも詳しい人がたくさんいるし、競っても勝てるわけもなし。(^_^;

まあ、私にできるのは、占いにすがる人達をヘルプするくらいでしょうか。一般的な理論・知識はわきまえているつもりなので。

得意な占いは、数霊術、タロット、手相で、、、

普段はYahoo!知恵袋の占いカテで活動しています。

書き込みするのは深夜が多いかな、、

何か質問がある人は、このメールフォームから私にメッセージを送ってくださいね。

お気軽にどうぞ。(^-^)/~~~
0

2013/5/11

看護師って大変…  読書

占いについて、あれこれ書く予定だったんだけど、、

まだ考えがまとまっていないので、とりあえず、読書感想文の記事でも投稿しておきます。(-_-;

きょう紹介するのはこれ↓

『看護婦が見つめた人間が死ぬということ』 宮子あずさ/著 講談社文庫 '98.4.15



この本には心をゆさぶられたよ。(;_x)

特に、34ページの「苦痛が人格を変える」っていう、七十代女性の話、これがシンドかった。

肺がんで闘病中にもかかわらず、看護婦さんと明るく交流していたガンバリ屋の女性が、「絶え間ない吐き気」と苦痛によって人格が変わってしまう。

体を拭いても排泄の世話をしても硬い表情で「どうも」としか言わない…

七十代女性が亡くなった後、遺族の人が、明るかった時の(変わってしまう前の)彼女のことを覚えておいてくださいと、さびしそうに語るシーンでは、思わず目頭が熱くなってしまった。

感動の涙じゃないよ。

怒りの涙だ。

生病老死の苦しみから逃れることのできない、人間という存在に対する怒りだ。

神様に抗議したいよ、ホント。(#`Д´)

もっと長生きせろーって。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ