2013/7/18 | 投稿者: みーたん

毎日暑いですね。

各地で熱中症で搬送されているニュースを聞く毎日。


熱中症にかかった人は水分を取っているという。


でもそれは、ほとんど冷たいジュースやお水など
体を冷やす飲み物。


これが実は逆に逆効果であったりする。


特に消化器官は37度を下回るとうまく機能しなくなる。
冷えた水などを飲んで胃が冷えると、温度を戻そうと体内の血液や水分が急速に胃の周辺
に集まる。もともと猛暑で体は脱水症状ぎみ。それなのに水分や血液が一部の器官に集中
することで、さらに脱水症状が進むという。そのうえ脳や心臓、腎臓などで血液が足りな
くなるので、高齢者や、動脈硬化などの基礎疾患がある人の場合だと、最悪、死につなが
ることもあるという。
高齢者は15〜20度ぐらい、井戸水ぐらいが適正だとか。
しかも、この常温ドリンクが静かなブームになりつつある。
コンビニ業界でも真夏にお茶やお水を常温で販売し始めたら
売れいきがいいらしい。
お客はこの常温を好んでいるらしい。
といっても、この常温が体にいいことを知っている人は多いと思う。
なのでそれが購入できるとなれば、お客も購入するのは当然といえば当然だが。

体に入れるものは、常に体内と同じか、常温の温度のものが一番ということですね。


夏バテ気をつけようね。










ヨガマット
0

2013/7/15 | 投稿者: みーたん

加齢臭のもとはこれだ!
年齢と共に臭いを気にする人が増えている。

特にこんな言葉がある「加齢臭」いやなことばだ。

実は私も息子から、寝る前いベットでお話していると
急に鼻を摘んでいる。
なに、ママ、お口臭い!って。

これも加齢臭の一種なのか?

話はそれたが、その加齢臭の元の原因成分は「ノネナール」

ここ最近メディアでも注目だ。

このノネナールの厄介はところは、水に溶けにくいということ。

シャワーでさっと洗っても綺麗に落ちないという難点がある。

取り組みは、毎日のお手入れ、お風呂などで例えば毛穴に詰まっている汚れをしっかる
とるような感じ。
特に、首の後ろ、肩、背中が特に出やすいと言われている。
なのでこのあたりを特に念入りにお手入れ、洗うことをおすすめする。

最近、ロート製薬が発売した「デ・オウ」はこのノネナールを除去する全身用
クレンジングウォッシュとなっている。
イオンポリマー(粘度調整剤)と薬用炭(吸着剤)を配合されていて水から溶けやすいように
開発された。


さあ、加齢臭が気になる方は早速今日から、お手入れ開始ですね。
0




AutoPage最新お知らせ