2013/6/15

アメコミ最強アーティストが描く魅惑的な美女が大集合『カバーラン』  

「アメコミの美女ってアレでしょ、なんか変にムキムキでバタ臭い顔のお姉さんがドヤ顔してるやつでしょ」と思ってる人に教えたい。それは日本のマンガに美少女しか出てこないと思っているような狭い了見なのだと。日本にはニンジャとゲイシャしかいなくて、何か失敗するとすぐ「ハラキリ!」と言って日本刀を取り出すような人しかいないと思っているような誤解なのだと。

・新婚夫婦に聞く、貯金はいくら?――人生設計の有無で違い

新婚夫婦で人生設計を立てている人はどのくらいいるのだろうか。首都圏に住む結婚3年未満の人に聞いたところ「はい」と答えたのは47.2%に対し、「いいえ」は29.7%。新婚夫婦の約半数は今後の2人の人生についてきちんと話し合っていることが、アットホームの調査で分かった。【表:将来住宅購入をするとしたらいくらくらいですか?、ほか】新婚の人に世帯貯金額を聞いたところ、平均は995万円。

・気になる「くせ」とどう向き合う?【前編】減らしたい「くせ」を直すには

爪をかむ、髪をいじる、貧乏ゆすりをするなどの、いわゆる「くせ」。また、散らかしっぱなしで片づけない、忘れ物や遅刻が多いといった、子どもの行動面のくせも気になるものです。これらを直すために、保護者ができることはなんでしょうか。『人は、なぜ約束の時間に遅れるのか』などの著書があり、行動分析学の立場から、人の行動の原因と本質について研究してこられた島宗理教授にアドバイスしていただきます。

・大臣の発言は都合が良すぎないか――マーケットを利用したツケ

相場英雄の時事日想:【拡大画像、ほか】ここ数週間、日本の株式市場の値動きが極端に荒くなっている。新聞やテレビニュースの見出しには「乱高下」の文字が躍る。黒田日銀による“異次元の金融緩和”で沸いたマーケットだが、黒田バズーカで上げた分を先週末までにほとんど吐き出す形になった(本稿執筆時点=6月8日)。こうした市場の乱調具合を受け、政府の主要閣僚らから「?」な発言が相次いでいる。乱高下のそもそもの原因は何かを考えてみる。

・アルドも涙。サントスがTUF伯02制す

<TUFブラジル02ウェルター級決勝/5分3R>レオ・サントス(ブラジル)Def.2R4分43秒by肩固めヴィリアム・パトリーノ(ブラジル)柔らかい構えからローを見せるパトリーノは、レオに組まれてもスッと距離を取り直す。左フックから右を打ち込んだパトリーノは、組みの展開になるとレオをケージに押し込んでいく。距離を取った両者、レオの右にパトリーノはパンチをスリーまで返す。そのまま組みつき、ボディロックでテイクダウンを奪ったパトリーノに対し、サントスはクローズドへ。

・BJ×漆谷、3度目の対戦は世界戦

11日(火・現地時間)、インドネシア・ジャカルタより9月13日にイストラ・スナヤンでOFC世界フライ級王座決定戦BJ×漆谷康宏戦が行われることが正式発表された。同大会の3週間前に大相撲ジャカルタ巡業の会場となるイストラ・スナヤンは、キャパシティが16000人という同国最大規模のインドアスタジアムで、バドミントンなど現地で最も人気の高いスポーツでも使用されている。

・そうさ、YOUたちSuper Boy!ジャニーズを徹底的に読み解く一冊

テレビやラジオはもちろん、デパートなどのBGMでも頻繁に耳にする歌声。いわゆる「ジャニーズ系」が音楽界を席巻している状況を否定できる人はいないだろう。男性アイドル全体に占めるジャニーズ系の割合を考えれば、あるいは「イケメン」といえばまずジャニーズ系のアイドルが思い浮かべられることを考えてみれば、ジャニーズ系のインパクトや重要性を「音楽」だけに限って考えることも正しくない。

・有権者に聞く、ネット選挙に何を期待しますか

公職選挙法が改正され、7月の参議院選挙よりインターネットを利用した選挙運動の規制が緩和されることとなったが、有権者はこれらの動きについてどのように感じているのだろうか。【グラフ:政党や候補者を紹介するメディアのイメージ、ほか】政党や立候補者について、今後のネット上の情報にどのくらい関心がありますかと聞いたところ「関心がある(非常に+やや)」と答えたのは48.1%。

・生主が好感度解析装置で公開生実験

6月23日(日)10時より、AXE脳科学研究所公開生実験番組『香りで印象が変わるか試してみた』を生放送いたします。「香りで好感度はUPするのか!?」番組では、最新メカ好感度解析装置【EMOTIONCAPTURESYSTEM】(通称:ECS)での実験を生公開。男性被験者が「好感度キング」を目指しムチャ振りお題10番勝負に挑戦します。公式放送とは別に、各自コミュニティ放送を同時に行いユーザーと相談しながら一緒に作戦会議を行います。

・濱野のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!

「濱野智史さんが書いた

・都内スラム街“山谷”住人の悲痛な叫び! 「テレビが見えねぇ」「人魂がいる」 “幽霊騒動”の実態に迫った30日

――時にスラムと呼ばれ、かつて肉体労働者の街であった東京・山谷。今そこで、奇怪な事件が起きている。それが、“平賀源内”幽霊騒動だ。今回は、山谷住民を脅かすこの問題について、写真家が30日間取材した。【取材した写真家が捉えた山谷の現状写真14枚はコチラ】→http://happism.cyzowoman.com/2013/06/post_2552.html■“世紀のキワモノ”平賀源内とは?平賀源内(1728〜1780)といえば、本草学者、蘭学者、画家、作家、発明家、コピーライター……、あらゆる分野で偉業を

・芝浦工業大学、自然界に存在する微生物を利用したレアメタル回収技術の開発に成功

2013年6月7日、芝浦工業大学応用化学科の山下光雄教授が特殊な金属代謝機能をもつ微生物を用いて工業廃水に含まれるレアメタルを回収する技術を開発し、レアメタル汚染という環境問題に対応すると同時に、回収したレアメタルを市場価値のある資源としてリサイクルすることを可能にしたと発表があった。(参照:東北大学中国大陸から毒性のあるレアメタルが飛来−生態系、人体への影響研究が課題に)Imagefrom芝浦工業大学レアメタルはパソコンや携帯電話、自動車などの製造に不可

・「格差」乗り越え安心して進学を 文科省も大学生の経済支援に本腰‐渡辺敦司‐

お子さんを大学まで進学させることを考える多くのご家庭にとって、教育費をねん出することが悩みの種であることは言うまでもないでしょう。日本は教育費の家計負担が最も高い国の一つであることも、当コーナーでたびたび紹介してきました。長期化した不況の影響で経済格差が深刻な「進学格差」を引き起こすのではないかとの心配が高まるなか、文部科学省もようやく抜本的な対策の検討に乗り出しました。

・今いちばん読みやすい源氏物語はこれだ『はやげん!』

「源氏物語」って有名だけれど、実際のところ、あれって本当におもしろいの?という疑惑を持った人はけっこう多いのではないでしょうか。ほかでもない、僕自身もそのひとりです。「まんが源氏物語」みたいなものには、何度か挑戦してきたのですが、「源氏物語を読破した」と言うことはできません。登場人物が多すぎて物語の全体像が掴めないし、なにしろ長いんですよね……。そんな僕が、さほど期待せずに手にとったのが今回紹介する『はやげん!はやよみ源氏物語』。

・『Webライティング実践講座』で機械的に原稿作成してみた

いきなりですが、困っています。今日取り上げるニュースがありません。紹介したい本はたくさんあるのですが、どれも読む時間がなくて、まだ紹介できる状態じゃありません。かといって、記事を書かないで一日を過ごしてしまうと、当然ながら翌日のニュースに穴が開いてしまいます。これはマズいです。いや、1冊ありました、読みながら紹介できる本が!いやむしろ、読みながら記事を書ける本が。

・NYのスリは財布よりもガジェットが好み

日本はようやく春の訪れを感じる陽気になってきた。歓送迎会やお花見の季節、通勤・通学の電車の中で眠ってしまうことも多くなるだろう。しかし、もしニューヨークの深夜の地下鉄で居眠りをしてしまったなら、財布はおろか買ったばかりのスマートフォンやiPadなどのガジェットまで盗られてしまうだろう。以前よりも劇的に治安が改善したニューヨークであるが、このところiPhoneやiPad、Kindleなどの最新ガジェットが、地下鉄の中で盗まれるというケースが後を絶たない。


α900 安心保証 ボディ 奇跡の極美品 Sony


0

2013/5/5

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ