飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

 

美容成分を理解することも大事ですが、野菜をとることも大事です。  野菜コーディネーター

もうすぐ梅雨に入ります。雨が降って外出するのもいやな季節になります。

そこで、この梅雨の間に資格の勉強などいいかがですか?

美容成分を理解することも大事ですが、野菜をとることも大事です。

野菜の中には、お肌に良い野菜もあります。そんな野菜の特徴を勉強して、

【野菜コーディネーター】の資格をとってみませんか?


【野菜コーディネーター】の資格を取るには?費用はいくら?受講資格はいるの?


そんな疑問を持っていたら是非記事を読んでみてください。
0

 

3つの役立つ成分とは?コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドについて調べてみました。  



今回は3つの役立つ成分の付いて書いてみました。

「コラーゲン」

「ヒアルロン酸」

「セラミド」


の3種類です。

あなたも名前は聞いたことがあると思います。

でもどんなものなのか?ここで少し解説しておきます。

わからないことがあればネットで検索すると

すぐに出てきますのでほんとにありがたいことです。


コラーゲン

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを

構成するタンパク質のひとつです。

コラーゲンが不足すると様々な老化の原因となります。



ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。

ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、

特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、

非常にたくさんの水を蓄えると言われています。



セラミド

セラミドはスフィンゴ脂質の一種です。

セラミドは肌の角質層で、

細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を

抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。

肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。

肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、

その一つ一つを接着しているような状況です。

もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。



以上です。

中には難しい言葉がありましたが、

どれも美容には欠かせない成分だということはわかりましたか?
0

 

プロテオグリカンの主な働きとは?  

プロテオグリカンの主な働きを見てみることにしましょう。

アンチエイジング

「上皮細胞増殖(成長)因子」と呼ばれる

「EGF(Epidermal Growth Factor)」は、

細胞の成長と増殖の調整に重要な役割を担っています。

このEGFは年齢とともに減少することがわかっており、

このため新陳代謝や細胞の再生能力が衰えると考えられます。

プロテオグリカンはこのEGF様作用を示すことが確認されています。



コラーゲン・ヒアルロン酸生産

プロテオグリカンには、

「コラーゲン生産促進作用」と「ヒアルロン酸生産促進作用」

という機能があり、

皮膚の構造を維持するのに重要な役割を果たす「コラーゲン」、

皮膚のみずみずしさに重要な働きをする「ヒアルロン酸」が

作り出されるのを助ける力があります。


保湿力

プロテオグリカンは、

コアタンパク質にグリコサミノグリカンが結合してできており、

芯となるコアタンパク質にたくさんくっついたふさふさの毛の

イメージのグリコサミノグリカンが

スポンジのように水分を吸収します。

保湿力があるものとしてよく知られているヒアルロン酸と

プロテオグリカンは同等の保湿力を持っています。


これらの働きをあなたの肌で実感してください。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ